最新の投稿


バナナ酢でひざの痛みが改善!歯周病、歯茎の出血もほぼ治った

バナナ酢でひざの痛みが改善!歯周病、歯茎の出血もほぼ治った

私は、この10ヵ月ほどの間に、13kgのダイエットに成功しました。以前は82kgあった体重を、69kgまで落とすことができたのです(身長は165cm)。そのダイエットの秘訣は、実は、バナナ酢にあるのです。【体験談】高野文夫(新潟県●62歳●自営業)


医師監修【干しブドウ酢の作り方と効能】ダイエットや血圧、骨粗鬆症の改善に効果

医師監修【干しブドウ酢の作り方と効能】ダイエットや血圧、骨粗鬆症の改善に効果

「干しブドウを酢に漬ける」。誰もが考え付きそうで、誰もやっていなかったこのアイデアを形にしたところ、「とってもおいしい」「軟らかくて食べやすい」と大評判に――。【取材】松崎千佐登(医学ジャーナリスト)


【医師実践】干しブドウ酢にはダイエット効果!血圧や尿酸値を下げる効能も

【医師実践】干しブドウ酢にはダイエット効果!血圧や尿酸値を下げる効能も

これまで私は、鉄欠乏性貧血の患者さんにはもちろん、鉄分が不足しがちな女性の患者さんにも、干しブドウをお勧めしてきました。私自身も干しブドウが大好きで、普段からよく食べています。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【美人還暦医師が実践】バナナ酢でダイエットに成功!その方法と効果を解説

【美人還暦医師が実践】バナナ酢でダイエットに成功!その方法と効果を解説

私は、若いころから、さまざまなダイエット法を試してきました。それは、一つには医師として、患者さんの前で不健康に太ったところを見せるわけにはいかないという思いから。もう一つには、女性として、いつまでもキレイでいたいという思いからです。それは、還暦を過ぎた今でも変わりません。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


医師監修【バナナ酢の効果】血糖値や血圧が下がる!便秘、シミ、加齢臭も消える!

医師監修【バナナ酢の効果】血糖値や血圧が下がる!便秘、シミ、加齢臭も消える!

私はこれまで、果物を酢に漬け込んださまざまなフルーツ酢を提案してきました。なかでも、最もお勧めなのが、「バナナ酢」です。作り方も紹介しましょう。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【黒豆の煮汁】利用法とその効能を医師が解説!高血圧やめまいに効く!

【黒豆の煮汁】利用法とその効能を医師が解説!高血圧やめまいに効く!

黒豆の煮汁が血圧に効くのは、コレステロールや中性脂肪を減らす成分や、抗酸化作用の強い成分が多く、血液をサラサラにするからです。また、尿の出をよくする作用、血管の筋肉をゆるめる成分、血管を拡張する成分も含まれており、それらの総合的な作用で、血圧が下がるのです。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【医師解説】めまいの原因と予防法「食事の三原則」は魚菜食・減塩・低糖質

【医師解説】めまいの原因と予防法「食事の三原則」は魚菜食・減塩・低糖質

めまいを起こさないようにするには、日々の食事に気をつけることも大切です。具体的には、動脈硬化を防ぐ食事を心がけるとよいでしょう。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


医師解説【メニエール病とは】初期症状「めまい」は治療薬不要で、この呼吸法が効く

医師解説【メニエール病とは】初期症状「めまい」は治療薬不要で、この呼吸法が効く

メニエール病をはじめとする、めまいの患者さんと長年接するうちに、私は興味深い点に気付きました。患者さんの多くが、肩と胸を上下させる浅い胸式呼吸をしていたのです。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【名医が解説】急増中のストレートネックが「めまい」の原因になることも

【名医が解説】急増中のストレートネックが「めまい」の原因になることも

めまいが起こったとき、それが危険なめまいなのか、危険でないのか。それは、めまいの現れ方で、ある程度は推し量ることができます。そこでまず、めまいのタイプからお話ししましょう。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【医師実践】キャベツダイエットで楽にやせ、お腹の脂肪も取れた! 不眠症、不整脈も治った

【医師実践】キャベツダイエットで楽にやせ、お腹の脂肪も取れた! 不眠症、不整脈も治った

私は、最初に雑誌の『壮快』の特集記事でキャベツダイエットを知りました。キャベツという食物繊維が豊富な野菜をよくかむことによって、脳が感じる満腹感を利用し、食事の量をコントロールするという方法に共感しました。【解説】蘆原紀昭(元恒進會病院院長・加圧治療院院長) 


【医師】キャベツダイエットで医師が20kg、 新聞記者も10kgやせた方法を紹介

【医師】キャベツダイエットで医師が20kg、 新聞記者も10kgやせた方法を紹介

私がキャベツダイエットを始めたのは、数年前のことでした。減量開始時点で、身長169cmの私の体重は88〜89kgほどでしょうか。最も太ったときで92kgを記録したこともあり、明らかに太りすぎだったのです。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【管理栄養士】ダイエットに最適な「酢キャベツ」応用レシピ

【管理栄養士】ダイエットに最適な「酢キャベツ」応用レシピ

酢キャベツは、そのまま食べてもいいのですが、たまには変化が欲しいもの。そんなとき、材料として料理に使ってみてはいかがでしょうか。キャベツの食感と酢の酸味が、ほどよいアクセントになってくれます。スープや和え物、煮込み料理、麺類など、どんな料理にでも意外に相性が合います。【料理】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家) 


【自分で治す】グルグルめまい、フワフワめまいの原因と対策を専門医が教えます!

【自分で治す】グルグルめまい、フワフワめまいの原因と対策を専門医が教えます!

めまいリハビリとは、目を動かす、足踏みをするなどして体を動かし、小脳を鍛えるものです。めまいに悩む患者さんは、安静を心がけかちですが、めまいは寝ていては治りません。【解説】新井基洋(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長)


【平衡障害】加齢性のめまい、慢性ふらつき、ふわふわに良く効く対処法、リハビリについて

【平衡障害】加齢性のめまい、慢性ふらつき、ふわふわに良く効く対処法、リハビリについて

めまいリハビリは、目、耳、足の裏に有効な刺激を与え、小脳を鍛えてめまいをを改善していきます。実は、慢性ふらつきもめまいの一種なのです。その代表は「加齢性平衡障害」という現代病で、60代後半から70代にかけての高齢者に多く見られます。【解説】新井基洋(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長)


【看護師が実践】子宮筋腫が改善した「中指ねじり」―うつ、認知症にも効果あり!

【看護師が実践】子宮筋腫が改善した「中指ねじり」―うつ、認知症にも効果あり!

私は田園調布長田整形外科のウェルネスプログラムで指ヨガの講座を担当しています。血圧や脈拍数の低下、腰痛・めまい・うつ・子宮筋腫・不整脈など改善した症状も多岐にわたります。もう1つ驚いたのが、認知症への効果です。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 


ランキング


>>総合人気ランキング