最新の投稿


「かかと体重」で変形性膝関節症の痛みが消失し手術を回避!外反母趾も改善

「かかと体重」で変形性膝関節症の痛みが消失し手術を回避!外反母趾も改善

私は、登山中、ぬかるみに足を取られて、左ひざをひねってしまい変形性ひざ関節症と診断されました。「手術しないと治らない」といわれた私が手術を回避できたのは、歩き方を変える「かかと体重」を実行したからなのです。【体験談】菊池明子(仮名・京都府・88歳主婦)


【お悩み】音痴を治してカラオケに行きたい! 2大原因と克服法を専門家が回答

【お悩み】音痴を治してカラオケに行きたい! 2大原因と克服法を専門家が回答

「ひどい音痴」がお悩みとのことですが、音や音程を聴き分ける音感に問題のある人は、実は、さほど多くはありません。大半の人は、周囲から「音痴だね」「歌が下手だ」などと言われた経験がきっかけで、自分は音痴だと思い込んでいる「ニセ音痴」なのです。【解説】高牧康(BCA教育研究所主宰 ヴォイスティーチャー)


血糖値とコレステロール値が下がって無理なく痩せた!「かかと落とし」で健康意識も高まった!

血糖値とコレステロール値が下がって無理なく痩せた!「かかと落とし」で健康意識も高まった!

年を重ねるにつれ、血糖値が徐々に上がってきていることには、気がついていました。健康診断でこでまでで最も高い135mg/dlを記録し、ショックを受けました。LDL、いわゆる悪玉コレステロールの値も159mg/dlと高めでした。テレビの健康番組で知ったのが「かかと落とし」です。【体験談】田中睦夫(仮名・愛知県・67歳無職)


【お酢の健康パワー】酢納豆が血圧を下げる 納豆嫌いでも酢をかけると食べやすい

【お酢の健康パワー】酢納豆が血圧を下げる 納豆嫌いでも酢をかけると食べやすい

酢には多くの健康効果がありますが、その代表的なものが血圧の降下作用でしょ う。酢の主成分である酢酸は、血圧上昇にかかわる「レニン・アンジオテンシン 系」というホルモンの調節機構を、緩やかに抑制するのです。ぜひ、酢納豆にして、健康効果を高めてください。【解説者】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「バナナ酢、酢ピーナッツ、酢牛乳」

【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「バナナ酢、酢ピーナッツ、酢牛乳」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【酢納豆】糖質制限ダイエット中の私が お酢と納豆にハマる理由(福澤朗アナ)

【酢納豆】糖質制限ダイエット中の私が お酢と納豆にハマる理由(福澤朗アナ)

我が家は、全員納豆好きの「納豆家族」です。冷蔵庫には常に納豆が10パックは入っていて、食事にはたいてい納豆が登場します。利き酒師の資格を持っている妻が「納豆を酢で食べるとおいしいよ」というのですから、躊躇することなく食べました。これがほんとうにおいしい!以来、我が家の定番です。【体験談】福澤朗(アナウンサー) 


【お酢は体に良い】医師の体験談「酢玉ねぎ」のおかげで便秘が治りダイエットに成功

【お酢は体に良い】医師の体験談「酢玉ねぎ」のおかげで便秘が治りダイエットに成功

以前の私は、健康とはとてもいえない状態でした。多忙な仕事とストレスに苛まれる毎日で、便秘がち。疲れがたまると、左耳に「キーン」という高音の耳鳴りが起こります。こうした体調不良を、一気に、しかも大きく改善させたものが酢タマネギでした。便秘も解消し、6kg痩せることもできました【解説】周東寛(南越谷健身会クリニック院長)


【免疫アップ】ガンを予防するファイトケミカルたっぷりの「ハーバード式野菜スープ」の作り方

【免疫アップ】ガンを予防するファイトケミカルたっぷりの「ハーバード式野菜スープ」の作り方

白血球は、体内で免疫の中心として働いています。白血球の数や活性が低下すれば、免疫が正常に機能せず、ガン細胞が増殖し、抗ガン剤治療を続けることが難しくなってしまいます。その点、この野菜スープを飲めば、白血球がふえて免疫力が高まり、ガンに対する抵抗力を向上させることができるのです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長)


【下腹ぽっこり】を解消 お腹を引き締めガス腹に効果「手もみ美容」マッサージ

【下腹ぽっこり】を解消 お腹を引き締めガス腹に効果「手もみ美容」マッサージ

私のサロンにいらっしゃるかたは美容や健康面でさまざまな悩みをお持ちです。そこで自宅でも簡単にできて、即効性がある施術として、高麗手指鍼をベースとした「手もみ美容療法」をお勧めしています。ガス腹を解消し、下腹を引っ込める手もみ美容をご紹介しましょう。【解説】森田真理(Mari鍼灸Salon代表)


【女性の悩み】お尻にサラシを巻くと夜間頻尿が改善!私は腰痛が解消!

【女性の悩み】お尻にサラシを巻くと夜間頻尿が改善!私は腰痛が解消!

腎を元気にするには、とにかく温めることが重要なのです。おしりを温めて腎機能が高まれば、体内の水の巡りがよくなるので、むくみや冷えも改善します。もともと、高血圧の治療薬は利尿剤なので、水分代謝がよくなれば血圧の降下にもつながるでしょう。【解説】北濱みどり(グリーン健康会代表・漢方家(国際中医師A級))


【デブ菌を減らし痩せ菌を増やす】腸内フローラを増やし腸漏れを予防する食事方法とは

【デブ菌を減らし痩せ菌を増やす】腸内フローラを増やし腸漏れを予防する食事方法とは

「腸もれ」は、欧米では、「リーキーガットシンドローム」と呼ばれて、大きな注目を集めています。腸もれがアレルギー疾患だけではなく、さまざまな体の不調を誘発すると考えられるようになってきました。腸もれを予防・改善するために、どのようなことをすればよいのでしょうか。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


作り置き【酢キャベツダイエット】超簡単な美味レシピはこれ!

作り置き【酢キャベツダイエット】超簡単な美味レシピはこれ!

キャベツがダイエットにピッタリの食材というのは、皆さんご存じでしょう。食前にとれば、満腹中枢が刺激され、食べすぎを防げます。ご飯代わりにキャベツを食べれば、摂取する糖質量を減らすことができます。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【変形性股関節症】痛くて歩けない!が改善 腰痛も治った「かかと落とし」の効果

【変形性股関節症】痛くて歩けない!が改善 腰痛も治った「かかと落とし」の効果

足が痛み、整形外科を受診したところ、先天性の「臼蓋形成不全」による変形性股関節症と診断されました。臼蓋形成不全とは、大腿骨の骨頭が、骨盤側のくぼみに、うまくはまっていない状態だそうです。そんな時、教えていただいたのが、かかとに体重をかけることを重視した歩き方でした。【体験談】塩原まゆみ(仮名・東京都・46歳会社員)


【医師が警告】冷たい牛乳の一気飲みは控えよ!乳ガンや腸の病気を招く可能性?

【医師が警告】冷たい牛乳の一気飲みは控えよ!乳ガンや腸の病気を招く可能性?

牛乳を飲むと、乳糖が小腸できちんと消化されないまま、大腸に運ばれて、腹痛や下痢などを引き起こしてしまいます。こうしたことからも、冷蔵庫から牛乳を取り出し、冷たいまま、一気に飲むことは控えてください。【解説者】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所所長)


【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング