最新の投稿


【医師が実践する食事療法】アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎が改善する「玄米昆布スープ」

【医師が実践する食事療法】アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎が改善する「玄米昆布スープ」

私は中学生時代ひどいアレルギー性鼻炎になり、大人になってもアレルギー体質をひきずっていました。皮膚科医になり、腸内環境を改善する食事を取り取り入れ改善。クリニックを開業以来、体調が悪くて休んだことは一度もありません。その食事療法を紹介します。【解説】関 太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)


【眼科医が解説】網膜血管閉塞症の人は「納豆」を積極的に食べることをお勧め

【眼科医が解説】網膜血管閉塞症の人は「納豆」を積極的に食べることをお勧め

血栓症といえば、心筋梗塞や脳梗塞が知られていますが、目の網膜(眼球の内壁を覆う膜)の血管が詰まる病気もよく見られます。原はさまざまですが、特に中高年の場合は、動脈硬化によるものが多いようです。納豆は、このような血栓症の改善に効果が期待できるのです。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授、日野病院名誉病院長)


【ハハハ!】負の感情を吹き飛ばす!心も体も超健康になる「笑いヨガ」

【ハハハ!】負の感情を吹き飛ばす!心も体も超健康になる「笑いヨガ」

好きなことをしているときは、だれでも楽しい気分になります。笑顔になるし、笑う回数もふえます。笑うことが健康によいということは、すでに科学的に実証され、一般向けの書籍でも多数紹介されています。【解説】高田佳子(日本笑いヨガ協会代表)


【医師解説】禁煙するなら「笑いヨガ」

【医師解説】禁煙するなら「笑いヨガ」

健康のためには、禁煙することはもちろん、食事や運動などの生活習慣が重要です。体に悪影響を与えるような習慣をお持ちなら、その行動を変えること、いわゆる「行動変容」が必要になります。【解説】中瀬勝則(中瀬医院院長)


【やり方】今すぐ一人でできる「笑いヨガ」写真図解

【やり方】今すぐ一人でできる「笑いヨガ」写真図解

笑いヨガするときは、準備体操から始めて、笑いの体操(エクササイズA)を行いましょう。最後には、できるだけリラクゼーションを行ってください。一部ですが、動作のポイントや注意点を簡単にご説明します。【解説】高田佳子(日本笑いヨガ協会代表)【出演】中村経子(臨床心理士)


【自分で治せる】「テニス肘」実はひじの腱鞘炎のこと ― 痛み、しびれの原因と治療法

【自分で治せる】「テニス肘」実はひじの腱鞘炎のこと ― 痛み、しびれの原因と治療法

腱鞘炎は、大きく分けて3つに分けられます。手首の腱鞘炎、ひじの腱鞘炎、指の腱鞘炎です。今回解説するのは、ひじの内側や外側に痛みやしびれが起こる、肘の腱鞘炎です。通称「テニスひじ」とも呼ばれています。チェック方法や自分で治すための方法を紹介します。【解説】高林孝光(鍼灸師・柔道整復師・アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長)


【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。家庭療法として行う方法としては、「耳つまみ」が最適です【解説】長谷川亮(長谷川亮・鍼灸院院長)


【まるで別人】肥満医師が45kgのダイエットに成功!高血圧が正常値になった秘密は「一口チョコレート」

【まるで別人】肥満医師が45kgのダイエットに成功!高血圧が正常値になった秘密は「一口チョコレート」

私のダイエット前後の写真を比べてもらえればわかりますが、まるで別人です。人からは15歳若返ったといわれます。減量中の食欲をおさえるために、利用したのが「一口チョコ」でした。【解説】牧 聡(医療法人牧和会牧病院院長・理事長)


【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

「おなかがパンパンに張ってつらい」と来院された患者さんに、漢方薬を処方するとともにあるものをお勧めしました。すると、予想どおり腸の動きが改善し、おなかの張りが、ほどなく解消したのです。このとき私がお勧めしたものが、「腹巻き一体型パンツ」です。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【上も下も降圧効果】意外「キウイフルーツが血圧を下げる食べ物」と最新研究で判明

【上も下も降圧効果】意外「キウイフルーツが血圧を下げる食べ物」と最新研究で判明

日本でもすっかりおなじみになった、キウイフルーツ。実は、このキウイフルーツに優れた血圧降下効果があることが、最近の研究でわかってきました。最大血圧だけでなく、最小血圧の改善にも有効です。「下が高い」という人は、ぜひ積極的にとってみてはいかがでしょうか。【解説】本橋 登(元明治薬科大学理事・教授・薬学博士)


【大学教授】ひざ痛、 腰痛の原因は「浮き指」――足指じゃんけんで治る!

【大学教授】ひざ痛、 腰痛の原因は「浮き指」――足指じゃんけんで治る!

歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。病院や治療院に行ってもなかなか治らない。痛みや症状のせいで気力までも失うことになり、せっかくのシニア生活が満喫できないなんて、本当にもったいないと思います。もし私なら、まず「浮き指」を疑います。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)


【手術を回避】歩くのもつらかった股関節痛が消えて腰痛まで改善

【手術を回避】歩くのもつらかった股関節痛が消えて腰痛まで改善

アキレス腱を切った右足をかばうせいか、持病の腰痛が悪化していきました。50歳のときに、急に腰の力が抜けて立てなくなり、病院に運ばれました。検査を受けると、椎間板ヘルニアとのこと。手術はしませんでしたが、1ヵ月入院しました【体験談】長崎県◎65歳◎無職 竹本 鈴


【自分で治せる】医師が解説 脊柱管狭窄症の腰痛には「ひざの○○」を押せばよい

【自分で治せる】医師が解説 脊柱管狭窄症の腰痛には「ひざの○○」を押せばよい

近年、腰痛の原因として注目されているのが、脊柱管狭窄症ですが、ひざの裏を刺激することで、この腰痛が改善する可能性が高いのです。そこで、腰痛改善に効果的な「ひざの裏押し」のやり方をご紹介します。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


「自分はどう死にたいか」を考えると「今後どう生きるべきか」が自ずと見えてくる

「自分はどう死にたいか」を考えると「今後どう生きるべきか」が自ずと見えてくる

「今をどう生きるべきか」それは、私がいちばん大切にしているテーマです。1996年4月に、私は「自分の死を考える集い」を発足させました。「死を考える」とありますが、集いの目的は、「生き方」を考えることです。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


ランキング


>>総合人気ランキング