最新の投稿


【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

【体質別】血圧を下げる「降圧食」 ― 体力のある人は椎茸スープ、ない人は小豆昆布

私のクリニックでは、現代医学や漢方などのほか、食事療法をベースとした、薬に頼りすぎない治療を提案しています。具体的には、日本の伝統食にのっとった食事法の一つ、マクロビオティックをもとに、食事の指導をしているのです。ここでは高血圧を食事で改善する「血圧を下げる降圧食」をご紹介します【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【いきむな危険!】循環器医師が「スムーズに排便する方法」を紹介する理由

【いきむな危険!】循環器医師が「スムーズに排便する方法」を紹介する理由

循環器の医師である私が「スムーズに排便する方法」を紹介するには理由があるのです。高齢者だけでなく若い人でもトイレで倒れることがあり、トイレでの事故は 非常に多いのです。便が出ずにいきむと、血圧が上がります。ここではトイレで行う快便のツボをご紹介します。【解説】小谷嘉一(小谷クリニック院長・医学博士)


【風船つぶし】で内転筋を鍛えると ― 骨盤が締まって痩せる!ネコ背、ひざ痛も改善する!

【風船つぶし】で内転筋を鍛えると ― 骨盤が締まって痩せる!ネコ背、ひざ痛も改善する!

関節の曲げ伸ばしは、骨についている筋肉の動きによって行われます。この筋力が衰えてしまうと、関節の動きが思うようにいかなくなります。硬くなり、動かしにくくなった体に柔軟性を取り戻すには、衰えていた筋肉を無理なく鍛えることが大切なのです。股関節の衰えを予防する運動をご紹介します。【解説】花谷貴之(花谷接骨院院長)


【トマトの栄養リコピン】ガン予防に、ダイエットに!8つの健康効果すべておさらい

【トマトの栄養リコピン】ガン予防に、ダイエットに!8つの健康効果すべておさらい

真っ赤なトマト。赤さのもとは、いくつもの健康効果で注目されている色素成分リコピンです。イタリアのガン研究所が行った調査では、トマトを1週間に7個以上食べている人は、2個以下の人に比べて、消化器系のガンの危険率が約6割までへったというデータがあります。【解説】稲熊隆博(帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科教授)


【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

美容院でシャンプー後、蒸しタオルを後ろ首に当てるサービスがあるでしょう。後ろ首の内部にあるのは「脳幹」という脳の一部です。脳幹は自律神経や免疫、ホルモン分泌など生命を維持する機能の中枢を担っています。私は体調不良の原因は脳幹の機能低下にあると考えています【解説】沼田光生(日本自律神経免疫治療研究会会員・海風診療所院長)


股関節痛の「今ここにある痛み」を解消する 即効性のツボ・刺激点はココだ!

股関節痛の「今ここにある痛み」を解消する 即効性のツボ・刺激点はココだ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


【腰痛改善に効果を実感!】3ヵ月でコルセットが不要になった「ほのまき体操」

【腰痛改善に効果を実感!】3ヵ月でコルセットが不要になった「ほのまき体操」

私は40歳から農業を始めました。それまで力仕事の経験があまりなく、体には負担がかかっていたのでしょう。しだいに痛みが出始め、深刻な腰痛に悩まされるようになったのです。朝は目が覚めても、腰が痛くてなかなかベッドから起き上がることができませんでしたが、「ほのまき体操」で改善しました。【体験談】宮澤杉郎(自営業・65歳) 


【高齢化社会を救う“笑い”の効果】認知症の問題行動が改善!うつ緩和にも

【高齢化社会を救う“笑い”の効果】認知症の問題行動が改善!うつ緩和にも

私は、「笑いヨガ」と出会ってから、もう6年がたちます。きっかけは、毎年参加していた「日本笑い学会」の研究発表会でした。その中で、「日本笑いヨガ協会」の代表である高田佳子さんの講演があり、初めて笑いヨガの存在を知ったのです。【解説】枝廣篤昌(豊岡台病院院長)


【婦人科専門医推奨】女性ホルモンが増える!ED改善!ショウガ紅茶は性生活を豊かにする

【婦人科専門医推奨】女性ホルモンが増える!ED改善!ショウガ紅茶は性生活を豊かにする

私は婦人科専門のクリニックを開業しています。不妊やPMS(月経前症候群)、ダイエットによる無月経、更年期障害、重い月経痛など、女性の体全般の相談を受けています。そのすべての症状の大きな原因に、冷えがあります。【解説】松村圭子(成城松村クリニック院長)


【新しい腰痛の治し方】本当の原因「奥の奥の筋肉」を刺激するカニ体操のやり方

【新しい腰痛の治し方】本当の原因「奥の奥の筋肉」を刺激するカニ体操のやり方

皆さんは、なかなか治らない腰痛の原因は「骨のゆがみや変形にある」と思っていないでしょうか。私の治療院を訪れる患者さんを見る限り、腰痛の原因は骨ではなく、そのほとんどは「筋肉」にあります。そして、それは確実に完治します。【解説】高林孝光(アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長)


【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

いきなり、右の耳が聴こえなくなったのは62歳のときです。突発性難聴と診断され、すぐに入院して治療を受けところ、ほんの少しだけ音が聴こえるまでに回復しました。【体験談】橋本洋子●東京都●72歳●主婦


【名医】高位脛骨骨切り術とは - 変形性膝関節症の最新治療と手術法

【名医】高位脛骨骨切り術とは - 変形性膝関節症の最新治療と手術法

ひざ痛を引き起こす病気の中で最も多いのが、関節の軟骨がすり減り、関節炎や変形を生じて、痛みなどが起こる「変形性ひざ関節症」です。大半の患者さんは減量やリハビリなどの保存的・対症的な治療を受けています。これらで症状の改善が認められない場合手術を考えるケースが出てきます。【解説】齋藤知行(横浜市立大学医学部整形外科教授)


【耳鳴り・めまい・難聴】撃退レシピ ― 医師が治療に使う栄養成分「ビタミンB12」をおいしく

【耳鳴り・めまい・難聴】撃退レシピ ― 医師が治療に使う栄養成分「ビタミンB12」をおいしく

耳鳴り・めまい・難聴の症状がある人に意識してとってほしい栄養素は、ビタミンB群。なかでも、ビタミン B12は特にお勧めです。ビタミン B12は、赤血球の形成と再生を促す作用があり、神経細胞の合成・修復に働きます。中枢神経や末梢神経の機能を調整する役割もあります。【解説】坂田英明(川越耳科学クリニック院長)


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)