最新の投稿


【レモン酢】は血管を強くしてダイエット食としてもおすすめ

【レモン酢】は血管を強くしてダイエット食としてもおすすめ

脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や高脂血症、糖尿病の合併症など、動脈硬化が引き金になって起こる病気を抱えている人に、レモン酢を推奨します。病気がちだったり、疲れやすかったりして抵抗力が落ちているときに取ると、早めの回復が期待できそうです。ダイエットの補助食としてもおすすめです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


成功? 失敗? 「豆乳グルグルヨーグルト」Q&A

成功? 失敗? 「豆乳グルグルヨーグルト」Q&A

誰でも、初めて作るときは、おっかな、びっくり。でも、種菌作りが成功すれば あとはノープロブレム。よーく見て! これが成功だよ。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家・「TGG豆乳ヨーグルト同好会」管理人)


【医師解説】黒豆の効能を100%引き出す「黒豆の煮汁」は飛蚊症に効くと評判

【医師解説】黒豆の効能を100%引き出す「黒豆の煮汁」は飛蚊症に効くと評判

私はのクリニックの患者さんには、漢方薬の処方と併用して「黒豆の煮汁」を勧めています。黒豆の煮汁には、LDL(悪玉)コレステロールを減らすグリニシン、リノール酸、レシチン、リグニンや、中性脂肪を減らすリノレン酸といった成分が豊富に含まれています。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【熱湯を注ぐだけ】目がしょぼしょぼ、まぶしい、痛い原因を解消する「クコ湯」の作り方

【熱湯を注ぐだけ】目がしょぼしょぼ、まぶしい、痛い原因を解消する「クコ湯」の作り方

目の不快症状を改善するには、第一に目をできるだけ休めることが大切です。加えて、肝の働きを助けるクコの実で作る「クコ湯」をお勧めします。【解説】井上正文(薬剤師)


【眼科医】白内障の原因と症状、改善方法 ― 予防にお勧めのサングラスはSWANS

【眼科医】白内障の原因と症状、改善方法 ― 予防にお勧めのサングラスはSWANS

白内障は老化現象の一つです。白髪やシワと同様、放置せずに眼科での治療とともに、日ごろの生活習慣や栄養療法のケアによって、進行をある程度遅らせたり、予防したりすることも大切です。【解説】村上茂樹(順天堂大学客員教授、むらかみ眼科クリニック院長)


【ツボで視力を回復】白内障と老眼が進行した視力が「爪もみ」で回復し目薬も不要に

【ツボで視力を回復】白内障と老眼が進行した視力が「爪もみ」で回復し目薬も不要に

スーパーで商品の値段がよく見えず、家に戻ってからレシートを見たら、「思っていたより高額だった」ということが何度かありました。【体験談】●主婦●66歳●桜井ようこ


【眼科医】ルテインが豊富な野菜は、加齢黄斑変性の予防や改善に効果

【眼科医】ルテインが豊富な野菜は、加齢黄斑変性の予防や改善に効果

加齢黄斑変性は日本人の失明原因の4位です。ルテインの摂取は、黄斑変性の予防や改善に有効です。ルテインを緑黄色野菜で取る場合、1日4mgを目指すとよいでしょう。ホウレンソウやコマツナなら、3分の1束が目安です。油で炒めたりドレッシングをかけると効率よく摂取できます。【解説】尾花明(聖隷浜松病院眼科部長)


【医師解説】朝の「人参ジュース」は老眼、かすみ目、飛蚊症、白内障、黄斑変性によく効く

【医師解説】朝の「人参ジュース」は老眼、かすみ目、飛蚊症、白内障、黄斑変性によく効く

人参のβ-カロテンは、体内に入るとビタミンAに変わります。ビタミンAは、疲れ目や夜盲症の予防に有効で、視力改善の効果も期待できます。皮膚や粘膜を強化する効果もあり、ドライアイにも有効です。加齢黄斑変性に対しても、ニンジンジュースはお勧めできます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【動脈硬化を改善】血管を柔らかくする「血管若返りストレッチ」で脳卒中を防ぐ

【動脈硬化を改善】血管を柔らかくする「血管若返りストレッチ」で脳卒中を防ぐ

私は体の問題点を見つけ、病気になる前に対策を立てる予防医療を提唱・普及しています。あなたの血管は大丈夫でしょうか? チェックテストで確かめてみてください。【解説】金城実(日本予防医療協会代表理事・医学博士)


【簡単なやり方】「耳もみ」で糖尿病の血糖値や痛風の尿酸値が下がる!

【簡単なやり方】「耳もみ」で糖尿病の血糖値や痛風の尿酸値が下がる!

糖尿病のような治りにくい慢性疾患に対して効果を発揮するのが、耳介療法です。私の治療室では、患者さんの耳に針を打つ「耳バリ治療」を行い、自宅では「耳もみ」を実行してもらい、多くの効果を上げています。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【下肢静脈瘤の初期症状と治療】ふくらはぎが痛い 熱い だるい 足のむくみは病気?

【下肢静脈瘤の初期症状と治療】ふくらはぎが痛い 熱い だるい 足のむくみは病気?

ご自分のふくらはぎや太ももの裏を見たことがありますか?もし、血管がコブのようにボコボコと膨らんでいたり、ヘビのようにうねっていたりしたら、それは下肢静脈瘤という病気です。この病気は文字どおり、足の静脈がコブのように膨らんでしまう病気です。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【医師が作り方・飲み方を解説】耳鳴りが止まらない!そんな人にも効果を発揮する「黒豆の煮汁」

【医師が作り方・飲み方を解説】耳鳴りが止まらない!そんな人にも効果を発揮する「黒豆の煮汁」

黒豆には、悪玉コレステロールをへらし、血圧を下げるリノール酸が多く含まれています。その結果、血流がよくなり耳鳴りの改善につながるのです。加えて、黒豆にはナイアシンというビタミンが含まれています。ナイアシンは脳神経の働きを助けるといわれ、耳鳴り改善に効果が期待できる機能性成分です。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【便が出ない】女性だけの頑固な便秘 "直腸性便秘" 排便姿勢と食事のコツはこれ

【便が出ない】女性だけの頑固な便秘 "直腸性便秘" 排便姿勢と食事のコツはこれ

一般的に便秘といえば、大腸の動きが低下して起こる弛緩性の便秘を指します。しかし、最近注目を集めているのが、腸の出口付近に便がたまる、便意はあるのに便が出ない、「直腸性便秘」です。その中でも、女性しかならない「直腸瘤」は、治りにくい、やっかいな便秘です。【解説】山名哲郎(東京山手メディカルセンター部長)


【死んだほうが…】脳梗塞の後遺症で言語障害(失語症)に リハビリと回復の記録

【死んだほうが…】脳梗塞の後遺症で言語障害(失語症)に リハビリと回復の記録

前兆はありました。脳梗塞を起こす少し前、私は突然、頭痛に襲われました。絶え間なくハンマーでガンガンと叩きつけられるような痛みと吐き気。疲労感と眠気。頭痛薬は効かず、1週間後、ついに病院に駆け込みました。詳しく調べるために検査入院をしました。その最中に、脳梗塞が起こったのです。【体験談】沼尾ひろ子(ナレーター)


【宿便の出し方】ドッと出す食べ物「解毒スープ」を免疫学の専門医が考案

【宿便の出し方】ドッと出す食べ物「解毒スープ」を免疫学の専門医が考案

私の医院には、いくつかの病院で診てもらっても原因がわからず、途方に暮れて来院される患者さんが大勢おられます。そして、そのような患者さんのほとんどが「便秘」と「冷え」を抱えています。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)