ヘルスケア

ヘルスケア

ヘルスケアとは、健康の維持や増進のための健康管理のことを指します。 東洋では、養生、未病といった言葉で健康の増進が図られてきました。このカテゴリでは、できるだけ医療機関に頼らず、自分で健康を維持(セルフケア)したいという人のために、役立つ記事を紹介しています。

ヘルスケアに関連するキーワード

ヘルスケア
>>ヘルスケアに関連するキーワード一覧

ヘルスケアの健康情報一覧

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


【リラックス効果】禁煙が成功した!ツボ“丹田”と“ハワイ”を意識する呼吸法

【リラックス効果】禁煙が成功した!ツボ“丹田”と“ハワイ”を意識する呼吸法

ハワイの朝日呼吸を行うことで、血糖値や血圧が下がった人、子宮筋腫が消えた人、10㎏以上やせた人、肩こりや腰痛がなくなった人、不眠が改善した人、学習能力が上がって資格試験に合格できた人など、たくさんの声が集まっています。【解説】藤麻美子(日本丹田呼吸法セラピー協会代表 ミラクルレインボー・スクール代表)


【夏の水分補給】元オリンピック男子マラソン日本代表のおすすめは「水出し緑茶」 お酒を飲んだ後でもむくまない

【夏の水分補給】元オリンピック男子マラソン日本代表のおすすめは「水出し緑茶」 お酒を飲んだ後でもむくまない

陸上競技においては、水分補給が大切であり、特にマラソンでは走っている間に体内の水分が汗として体外に排出されるため、走りながらの水分補給が必須です。旭化成陸上部では、練習中や競技での水分補給ドリンクとして水出し緑茶 を採用しています。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


脳外科医が絶賛「ニンニク油」とは? 疲労で医師引退もよぎった体力が復活!手術の成績も向上

脳外科医が絶賛「ニンニク油」とは? 疲労で医師引退もよぎった体力が復活!手術の成績も向上

私がニンニク油を知ったのは10年ほど前、実は外来に通っていた患者さんが教えてくれたのです。ニンニク油を飲み出したとたん、気力・体力ともに充実し、疲れを感じなくなりました。自分で言うのもおかしなものですが、「人間、こんなに前向きになれるものか!」と驚いたくらいです。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【熱中症】自分でできる予防法と対策 水分補給やエアコンの使い方のコツはこれだ!

【熱中症】自分でできる予防法と対策 水分補給やエアコンの使い方のコツはこれだ!

熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【熱中症の応急処置】だるい・眠気は夏バテではなく熱中症かも 重症化を防ぐ方法とは

【熱中症の応急処置】だるい・眠気は夏バテではなく熱中症かも 重症化を防ぐ方法とは

気温が高い夏場等、汗をかいたり、体が熱くなるのは誰にでもある生理反応です。 夏バテかな?と思うような症状(だるさ、眠気、頭がボーっとする)ときは注意が必要です。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【熱中症を防ぐ対策】回復には1週間の安静を 食事・部屋作り・運動で再発防止

【熱中症を防ぐ対策】回復には1週間の安静を 食事・部屋作り・運動で再発防止

熱中症になったら、すぐに症状が回復してもしばらくは休養する必要があります。無理をすると、再発する可能性もあるので1週間は体力回復のため安静を心がけてください。体力が十分回復したら、熱中症を再発させないために、生活習慣を見直しましょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【ゴースト血管とは】老化が進み、お酒が弱くなる、がんリスクも高まる 毛細血管は再生するのか?

【ゴースト血管とは】老化が進み、お酒が弱くなる、がんリスクも高まる 毛細血管は再生するのか?

動脈や静脈は、簡単に消えたりしません。しかし、毛細血管は、老化現象の一つとして消えていく血管なのです。平均的に、毛細血管は40 代半ばから減り始め、80代になるまでに4割も減ってしまいます。ゴースト血管が多くなるとさまざまな老化現象や病気を進める一因となります。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物病研究所教授)


【ゴースト血管】爪が割れる、目の下のクマ 、白髪 当てはまったら要注意!再生法はあるの?

【ゴースト血管】爪が割れる、目の下のクマ 、白髪 当てはまったら要注意!再生法はあるの?

一般には40代から、しだいに毛細血管が弱くなっていきます。なぜかというと、ピタリとくっついていた壁細胞と内皮細胞が離れやすくなるからです。表地と裏地の間に、すき間ができてくるわけです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物病研究所教授)


【血圧を下げる効果】ツボ「合谷」位置は人によって違う?低血圧の人にお勧めの刺激方法

【血圧を下げる効果】ツボ「合谷」位置は人によって違う?低血圧の人にお勧めの刺激方法

私は、30年以上前に「合谷」に着眼して以来、延べ2万人以上の患者さんに合谷指圧を施し、また指導してきました。その経験を踏まえて、読者の皆さんが効果的に刺激するためのコツをご紹介しましょう。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学教授)


【熱中症の予防と対策】抗うつ剤・睡眠薬の服用者は要注意 室内でも発症

【熱中症の予防と対策】抗うつ剤・睡眠薬の服用者は要注意 室内でも発症

熱中症は7月8月の日中に最も多く見られますが、注意したいのが梅雨の時期です。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)


【熱中症の症状は4種類】熱失神・熱痙攣・熱疲労・熱射病 受診の目安は3段階

【熱中症の症状は4種類】熱失神・熱痙攣・熱疲労・熱射病 受診の目安は3段階

「熱中症」とは、高温多湿の環境下で、大量の汗をかくことによりによる体内の水分や塩分(ナトリウム)のバランスが崩れたり、体温の調節ができなくなることなどで起こってしまう健康障害の総称です。医療現場では、熱中症の重症度をⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度の3段階に分類しています。【解説】大澤直人(高知大学医学部附属病院老年病・循環器内科)


【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

ふくらはぎにはその人の体調が反映されます。健康だと、つきたてのお餅や二の腕のような温かさと軟らかさ、適度な弾力があります。一方、何らかの不調があると、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、しこりのように硬い部分があったり、フニャフニャだったりするのです。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法タオ・テクニカルアドバイザー)


【自分でできる】ふくらはぎマッサージのやり方と注意点 痛気持ちよくもむのがポイント

【自分でできる】ふくらはぎマッサージのやり方と注意点 痛気持ちよくもむのがポイント

ここでは、ふくらはぎの基本的なもみ方をご紹介します。痛みがひどい人は、さするだけでも効果があります。自分にとって痛気持ちいいと思うやり方で実践してください。【監修】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法タオテクニカルアドバイザー)


【相関図付き】原因不明の不調を整えて体調管理に役立つ「指ヨガ」 手のマッサージとの違いは?

【相関図付き】原因不明の不調を整えて体調管理に役立つ「指ヨガ」 手のマッサージとの違いは?

やり方のポイントは、痛みやこりのある体の部位を意識しながら、そこの気の滞りを溶かして流すようなイメージを思い浮かべながら、押したりもんだりしてほぐしていきます。「痛気持ちいい」と感じる程度の刺激が理想的です。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


【熱中症予防に】免疫力を上げる緑茶の飲み方は「水出し」がお勧め!

【熱中症予防に】免疫力を上げる緑茶の飲み方は「水出し」がお勧め!

昭和61年、私は日本で初めての水出し緑茶である、バイオ茶を商品化しました。マラソンのオリンピック選手やアスリートの人たちに飲んでもらったところ、「このお茶を飲むとバテない」「走る前に飲んでもおなかが痛くならない」「いくら飲んでもおなかがはらず、体の回復が早い」と好評でした。【解説】上水漸(宮崎上水園代表取締役)


【頭痛・疲労が改善】貼るだけこするだけで痛み、しびれ、不調が改善する「1円玉療法」

【頭痛・疲労が改善】貼るだけこするだけで痛み、しびれ、不調が改善する「1円玉療法」

1円玉療法とは、ツボや痛みのある場所に1円玉をはるだけで、鍼灸治療と同様の効果が得られる健康法です。東洋医学では、気(東洋医学でいう目に見えない生命エネルギー)の巡りが乱れると、さまざまな症状が生じるとされています。【解説】川村佳耀(佳耀弘漢鍼灸院院長鍼灸師・柔道整復師)


【ガブ飲み注意】「経口補水液」の正しい飲み方 スポーツ飲料とは違う?どんな時に飲む?

【ガブ飲み注意】「経口補水液」の正しい飲み方 スポーツ飲料とは違う?どんな時に飲む?

皆さんは、経口補水液という飲料をご存じでしょうか。経口補水液は、食塩とブドウ糖を水に溶かした飲料です。下痢、嘔吐、発熱などの症状が長期間に及んだり頻発したりして、脱水症状が起こった際、水分補給のために飲むものです。【解説】水谷暢秀(水谷脳神経外科クリニック院長)


【1円玉療法誕生ヒストリー】電気治療器の製作中のハプニングがきっかけ

【1円玉療法誕生ヒストリー】電気治療器の製作中のハプニングがきっかけ

「1円玉療法」を発案したのは、今から35年前のことです。当時の私は52歳。鍼灸師として働く一方で、鍼と同様の効果を再現できる、電気を使った治療器の製作を続けていました。1円玉療法は、その治療器の製作段階で起きた、ちょっとしたハプニングがきっかけで誕生したのです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)