ヘルスケア

ヘルスケア

ヘルスケアとは、健康の維持や増進のための健康管理のことを指します。 東洋では、養生、未病といった言葉で健康の増進が図られてきました。このカテゴリでは、できるだけ医療機関に頼らず、自分で健康を維持(セルフケア)したいという人のために、役立つ記事を紹介しています。

ヘルスケアに関連するキーワード

ヘルスケア
>>ヘルスケアに関連するキーワード一覧

ヘルスケアの健康情報一覧

【O脚の治し方】原因の「浮き指」を改善する簡単足指体操 ひどいO脚も改善

【O脚の治し方】原因の「浮き指」を改善する簡単足指体操 ひどいO脚も改善

本来、人間の体は、足の指がきちんと地面につき、指で踏ん張る力を使ってこそ、正常なバランスが保たれるようになっています。ところが、現代人の足指の力は、極度に衰えています。指の力で踏ん張るどころか、多くの人は足指が地面についていない「浮き指」と呼ばれる状態になっています。【解説】阿久根英昭(桜美林大学教授)


【看護師】10秒で自己チェック!「足の指」から読み解く体質・気質・問題点

【看護師】10秒で自己チェック!「足の指」から読み解く体質・気質・問題点

自分の足指が、なりたい自分のタイプと違っていても、指の形を意識して変えていくようにマッサージすると、徐々に変わっていきます。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


【元クリスタルキング】田中昌之さん 心筋梗塞後の順調な生活 秘密は「耳ひっぱり」

【元クリスタルキング】田中昌之さん 心筋梗塞後の順調な生活 秘密は「耳ひっぱり」

もう痛い目にあうのはごめんだったので、タバコはもちろん、医者が「アカン!」と言ったことは全部やめました。そんな僕が体調管理の1つとして始めたのが、耳ツボの「神門」を刺激する耳ひっぱりです。【体験談】田中昌之(元クリスタルキング・ロック歌手)


【医師解説】私は耳のツボ「神門」で10kgダイエットに成功し、血圧も下がった

【医師解説】私は耳のツボ「神門」で10kgダイエットに成功し、血圧も下がった

私が「神門」という耳のツボを知ったのは、飯島敬一先生(NPO法人生活習慣病予防学術委員会理事)が主催する「神門メソッド」の体験会です。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)


【ハハハ!】負の感情を吹き飛ばす!心も体も超健康になる「笑いヨガ」

【ハハハ!】負の感情を吹き飛ばす!心も体も超健康になる「笑いヨガ」

好きなことをしているときは、だれでも楽しい気分になります。笑顔になるし、笑う回数もふえます。笑うことが健康によいということは、すでに科学的に実証され、一般向けの書籍でも多数紹介されています。【解説】高田佳子(日本笑いヨガ協会代表)


【医師解説】禁煙するなら「笑いヨガ」

【医師解説】禁煙するなら「笑いヨガ」

健康のためには、禁煙することはもちろん、食事や運動などの生活習慣が重要です。体に悪影響を与えるような習慣をお持ちなら、その行動を変えること、いわゆる「行動変容」が必要になります。【解説】中瀬勝則(中瀬医院院長)


【やり方】今すぐ一人でできる「笑いヨガ」写真図解

【やり方】今すぐ一人でできる「笑いヨガ」写真図解

笑いヨガするときは、準備体操から始めて、笑いの体操(エクササイズA)を行いましょう。最後には、できるだけリラクゼーションを行ってください。一部ですが、動作のポイントや注意点を簡単にご説明します。【解説】高田佳子(日本笑いヨガ協会代表)【出演】中村経子(臨床心理士)


【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

「おなかがパンパンに張ってつらい」と来院された患者さんに、漢方薬を処方するとともにあるものをお勧めしました。すると、予想どおり腸の動きが改善し、おなかの張りが、ほどなく解消したのです。このとき私がお勧めしたものが、「腹巻き一体型パンツ」です。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


疲れの真犯人「脳疲労」を撃退する特効薬はなんと【ほぐしチキン】

疲れの真犯人「脳疲労」を撃退する特効薬はなんと【ほぐしチキン】

これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)


ウコンとみそで作る「ウコンみそ」は万人にお勧めの調味料―その効果と作り方

ウコンとみそで作る「ウコンみそ」は万人にお勧めの調味料―その効果と作り方

アーユルヴェーダは、インドに古くから伝わる伝承医学です。でも日本人にはあまりなじみがなく「難しそう」と思っている方も多いでしょう。そこで私は、少しでもみなさんに身近に感じていただけるように、日本人でも取り入れやすいアーユルヴェーダの活用法をご紹介してきました。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)


【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

これから紹介する一覧表は、口呼吸をしていることで起こる可能性のある主な病気です。私は、病気の約7割は口呼吸がもたらすものと考えています。口呼吸によって起こる弊害は、病気だけではありません。口の中での舌の位置が下がると、歯並びや姿勢、顔つきが悪くなります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【超簡単】万病を防ぐ口の体操「あいうべ」のやり方

【超簡単】万病を防ぐ口の体操「あいうべ」のやり方

口の体操「あいうべ」は、どうして「あいうえ」ではないのでしょう。「あ」「い」「う」という口の動きは、口の周囲の筋肉を鍛える動きです。そして、「べー」と舌を出すことで、舌の筋肉が鍛えられます。舌の筋肉を鍛えることは、舌を正しい位置に引き上げるために重要です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【医師考案】寝たままできる究極のズボラヨガ

【医師考案】寝たままできる究極のズボラヨガ

健康のためには体を動かすこと――わかってはいるけど「めんどうくさい」「運動が苦手」「何をやっても長続きしなかった」という人はおおぜいいることでしょう。そんななか、究極のズボラ健康法を発見しました。なんと、ふとんの中で寝たままできるヨガが人気急上昇中なのです。【解説】橋本和哉(はしもと内科外科クリニック院長)


【医師考案】イビキには「鼻ばさみ」より「口テープ」

【医師考案】イビキには「鼻ばさみ」より「口テープ」

高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。なぜなら、口の体操「あいうべ」や「口テープ」を始めてから、血圧が下がって安定したという人が少なくないからです。いびきや睡眠時無呼吸症にも効果的です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【ため息は鼻で】鼻の機能って本当にスゴイ!まさに天然マスク!

【ため息は鼻で】鼻の機能って本当にスゴイ!まさに天然マスク!

私たち人間は、本来、口と鼻を、その機能によって使い分けるようにできています。口は、しゃべったり、味わって食事をしたりするところ。鼻は、においをかぐだけでなく、息を吸ったり吐いたりと、呼吸をするところだったはずです。しかし、最近は、このルールが守られていません。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【図解】風邪予防にはこれが一番!睡眠時には「口テープ」を

【図解】風邪予防にはこれが一番!睡眠時には「口テープ」を

朝起きたとき、口の中が乾燥していたり、のどがヒリヒリしたりする人は、間違いなく口呼吸になっています。就寝時は、ただでさえ唾液の分泌量が少なくなるので、体への害を考えたら、一刻も早く口テープを行い、鼻呼吸にするべきです。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【医師監修】口を閉じると「あごに梅干しみたいなシワ」できる人は…

【医師監修】口を閉じると「あごに梅干しみたいなシワ」できる人は…

自分が鼻呼吸なのか口呼吸なのか、よくわからないという人もいらっしゃるでしょう。そういう人は、まず上の「口呼吸チェックリスト」で確認してみてください。いかがでしたか。いくつか該当する項目がありましたか。実は、一つでも該当するようでしたら、口呼吸の可能性があります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【きっかけは患者さんのニオイ】口呼吸の害を伝えることに、医師人生をかける!

【きっかけは患者さんのニオイ】口呼吸の害を伝えることに、医師人生をかける!

――呼吸と病気が関係しているかもしれない。私がそう思うようになったのは、患者さんの「におい」がきっかけでした。毎日多くの患者さんと接しているうちに、鼻のきく私は、患者さんたちに特有の口臭があることに気づいたのです。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング