アレルギー・花粉症

アレルギー・花粉症

アレルギーとは、あるものに対して過敏に反応する状態をいいます。免疫のIgEは、細菌やウイルスに対する抗体と違い、ダニや花粉や食物タンパクに対してできてしまう抗体です。IgEが体内で増えると、アレルギーを引き起こします。食物アレルギーだけでなく、花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息もアレルギーによって引き起こされます。このページはアレルギーの症状の改善に役立つ一覧です。

関連するカテゴリー

アレルギーを改善する健康法

アレルギー・花粉症に関連するキーワード

アレルギー
>>アレルギー・花粉症に関連するキーワード一覧

アレルギー・花粉症の健康情報一覧

息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

現在30代の息子は、20代前半から顔に赤いブツブツが出始め、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断されました。ステロイドの塗り薬を処方されましたが、よくなったり悪くなったりをくり返していました。数年すると全身にアトピーが広がり、肌がジュクジュクしてかゆみもひどくなりました。【体験談】野村敦子(仮名・67歳・主婦)


【アレルギー性鼻炎】原因と症状 対策とコツ「布団の干し方・鼻うがい」のやり方

【アレルギー性鼻炎】原因と症状 対策とコツ「布団の干し方・鼻うがい」のやり方

アレルギー性鼻炎の患者数が増えている理由は、アレルギーの原因物質「アレルゲン」の増加です。アレルゲンにはスギ・ヒノキなどの花粉といった季節性のものと、ハウスダストのような通年性のものがあります。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【アトピーの改善】アレルギー症状を緩和!免疫力を高める「酢人参」の効果

【アトピーの改善】アレルギー症状を緩和!免疫力を高める「酢人参」の効果

現代病ともいえるアトピーの予防・改善に高い効果を期待できるのが、今回ご紹介する「酢ニンジン」です。酢とニンジンはいずれも、健康にいい食品として知られています。【解説者】中山貞男(昭和大学保健医療学部元客員教授)


【1円玉療法】喘息の発作を和らげ予防する「背中の特効ツボ」の探し方

【1円玉療法】喘息の発作を和らげ予防する「背中の特効ツボ」の探し方

ぜんそくの発作は、大変苦しいものです。重症になると、命にもかかわりますし、特に体力のない子どもや年配者には深刻な病気です。急に呼吸困難になり、吸い込んだ息を十分に吐き出せないため、患者さんは今にも窒息するかのような苦しみを味わいます。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

私が患者さんたちに勧めている家庭療法の1つが、手のひらをもむことです。難治性のアトピー性皮膚炎が劇的に改善した例もあります。手もみ気功は、不登校や多動など、心の不調や問題行動を抱える子どもにも試してみてください。自律神経が整い、気持ちや症状が落ち着いてくるでしょう。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)


【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

欧米では、小麦粉を使った食品をとらない食事法(グルテンフリー)が広く取り入れられています。小麦が健康を害する可能性があるからです。グルテンが、グルテン不耐症やアレルギー、小腸に炎症を招くセリアック病などを引き起こす物質として問題になっているのです。【解説】稲島司(東京大学医学部附属病院地域医療連携部助教・循環器内科) 


赤ちゃんのアトピーの症状が改善した!「爪もみ」で毒出しセルフケア

赤ちゃんのアトピーの症状が改善した!「爪もみ」で毒出しセルフケア

指先には、神経とともに毛細血管が集中しています。爪もみをすると、この毛細血管が刺激されて、指先、そして全身の血流がよくなります。それによって、頭のほうにのぼっていた熱気や血液が下がり、頭寒足熱という理想的な状態になるのです。【解説】鳴海理恵(気血免疫療法会・VE&BI治療院院長)


"デブ菌"を減らし"痩せ菌"を増やす食事【酢・キャベツ・納豆】で腸内フローラを改善

"デブ菌"を減らし"痩せ菌"を増やす食事【酢・キャベツ・納豆】で腸内フローラを改善

「腸漏れ」はリーキーガット症候群と呼ばれ、今注目を集めています。腸漏れ症候群が様々な不定愁訴を誘発すると考えられているからです。これを防ぐには、デブ菌を減らしヤセ菌を増やす、腸内フローラを整える食事が必要です。何を食べれば良いか。それは、伝統的な和食とお酢の組み合わせです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【耳に輪ゴムをかけると】花粉症が改善!朝の肩こりがなくなって寝起きも楽々!

【耳に輪ゴムをかけると】花粉症が改善!朝の肩こりがなくなって寝起きも楽々!

私が「耳輪ゴム」のことを知ったのは、2017年の8月です。そのころに参加した、佐藤青児先生のセミナーがきっ試しに耳に輪ゴムをかけて寝てみたところ、その翌朝、まったく肩がこっていなかったのです。いつも感じていた寝起きの目のむくみも、その朝はありませんでした。【解説】古瀬卯乃(さとう式リンパケアインストラクター・47歳)


【喘息改善】解毒スープで肝臓の負担減を!毒素排出はたったの2時間後

【喘息改善】解毒スープで肝臓の負担減を!毒素排出はたったの2時間後

私の医院では、肝臓に直接関係する症状がなくても、解毒が必要と思われる人には、タマ皮スープを勧めています。試してもらうと、症状の改善に伴い、肝機能値も下がるケースがよくあります。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【アトピー性皮膚炎】首を温めて「顎下リンパ節」の痛みを取ると改善する!

【アトピー性皮膚炎】首を温めて「顎下リンパ節」の痛みを取ると改善する!

アトピー性皮膚炎は、皮膚だけの病気と思うのは大きな間違いです。全身の健康状態がよくないために、それが皮膚の症状となって現れているのです。患者さんの全身の健康状態を確かめる指標としているものがあります。それは下あごの骨の内側にある「顎下リンパ節」に痛みがあるかどうかということです【解説】庄司昭伸(池田回生病院皮膚科部長)


【発見】アレルギーの原因は「傷ついた腸」だった!対策は腸内フローラを変えること

【発見】アレルギーの原因は「傷ついた腸」だった!対策は腸内フローラを変えること

長年アレルギーと腸内細菌の関係に注目し、研究を続けてきました。アトピー性皮膚炎でステロイド薬を使い続けると、だんだんと効かなくなり、さらに強い薬を使わざるを得なくなるのです。アレルギーを引き起こす根本原因の大元は、腸にあると、私は考えています。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授) 


【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性の病気に悩む人は多いものです。私は、「抗アレルギー食品」について、長年研究を続けてきました。そのなかで、最も注目している一つがニンニクです。実は、私自身もかつて、ぜんそくと花粉症に悩んでいました。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


【医師解説】下痢・嘔吐を引き起こすグルテンアレルギー 改善の鍵はテニス王者も実践した「小麦断ち」

【医師解説】下痢・嘔吐を引き起こすグルテンアレルギー 改善の鍵はテニス王者も実践した「小麦断ち」

ジョコビッチ選手はプロテニスプレーヤーとなったあとに、「グルテン不耐症」であることが判明。小麦を含む食品を抜くことで動きが格段によくなり、体力・集中力・気力が増強されたそうです。私はこれを読んで、私は最近ふえている患者さんの症状は、小麦が原因ではないかと思ったのです。【解説者】堀田忠弘(堀田医院院長)


【医師解説】おなかのカビを一掃 糖尿病やアトピーが改善した人も「生甘酒」の効果

【医師解説】おなかのカビを一掃 糖尿病やアトピーが改善した人も「生甘酒」の効果

免疫力を高めるためには、腸内環境を整えることが、何よりも重要です。腸内環境をよくするには、暴飲暴食をしないことが大前提です。そのうえで、乳酸菌やビフィズス菌など、体に有益な働きをする善玉菌を、腸内に増やす必要があります。【解説】丸山修寛(丸山アレルギークリニック院長)


【花粉症撃退】原因も症状も抑える「ショウガ赤ワイン」が最強コンビと判明!

【花粉症撃退】原因も症状も抑える「ショウガ赤ワイン」が最強コンビと判明!

今や国民病ともいわれる花粉症。春先になると、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどで、家事や仕事が手につかないという人も多いようです。そこで、「花粉症に有効なものはないか」と、いろいろと調査・研究を重ね、ついに「これ以上の組み合わせはない」と確信したものがあります。【解説】平柳要(元日本大学医学部准教授・医学博士)


腸で増殖する【カンジダ対策】原因は抗生物質の乱用 糖質の過剰摂取 ピルも影響

腸で増殖する【カンジダ対策】原因は抗生物質の乱用 糖質の過剰摂取 ピルも影響

腸内には多くの細菌がいますが、実は、腸内には細菌の他にも、いわゆるカビと呼ばれる真菌類が1%程度存在します。その多くは、カンジダ類という種類のカビです。このカンジダが、何らかの原因で異常増殖してしまうと、体にさまざまな病気や症状が現れることが報告されています。【解説者】内山葉子(葉子クリニック院長)


玉ねぎヨーグルトは"ヒスタミンを抑える効果" でアレルギー、花粉症の症状を改善

玉ねぎヨーグルトは"ヒスタミンを抑える効果" でアレルギー、花粉症の症状を改善

花粉症の患者さんが日本で初めて確認されたのは、今から約50年前のことです。そして、わずか40年ほどの間に、国民病と言われるまでに花粉症の患者数は激増しました。乳酸菌だけでアレルギー体質や花粉症が消えるわけではありませんが、取らないより取るほうがいいのは確実です。【解説】大久保公裕(日本医科大学付属病院耳鼻咽喉科部長) 


【花粉症の症状がおさまる!】くしゃみ、鼻水に即効性!1年中マスクの私を救った「ミカンの皮ヨーグルト」

【花粉症の症状がおさまる!】くしゃみ、鼻水に即効性!1年中マスクの私を救った「ミカンの皮ヨーグルト」

約7年前から、花粉症の症状が出るようになりました。母に勧められて飲んだ「ミカンの皮入りヨーグルト飲料」の即効性に驚きました。特に効果を感じるのは、鼻水とくしゃみが軽減すること。去年の秋はマスクをほとんどせずに過ごせたのです。【体験談】藤田優佳(仮名・会社員・29歳)


【花粉症対策】鼻づまりが解消、目のかゆみが改善「ミカンの皮ヨーグルト」の効果

【花粉症対策】鼻づまりが解消、目のかゆみが改善「ミカンの皮ヨーグルト」の効果

花粉症が特にひどくなったのは、2年前のことです。日中は常に鼻水が出ている状態。人と接する仕事なので、鼻にティッシュを詰めて、それを隠すためのマスクが手放せませんでした。知人が「花粉症にいいらしいよ」と教えてくれたのが、「ミカンの皮入りヨーグルト飲料」です。【体験談】平田紀子(仮名・会社員・58歳)