アレルギー・花粉症

アレルギー・花粉症

アレルギーとは、あるものに対して過敏に反応する状態をいいます。免疫のIgEは、細菌やウイルスに対する抗体と違い、ダニや花粉や食物タンパクに対してできてしまう抗体です。IgEが体内で増えると、アレルギーを引き起こします。食物アレルギーだけでなく、花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息もアレルギーによって引き起こされます。このページはアレルギーの症状の改善に役立つ一覧です。

関連するカテゴリー

アレルギーを改善する健康法

アレルギー・花粉症に関連するキーワード

アレルギー
>>アレルギー・花粉症に関連するキーワード一覧

アレルギー・花粉症の健康情報一覧

【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

欧米では、小麦粉を使った食品をとらない食事法(グルテンフリー)が広く取り入れられています。小麦が健康を害する可能性があるからです。グルテンが、グルテン不耐症やアレルギー、小腸に炎症を招くセリアック病などを引き起こす物質として問題になっているのです。【解説】稲島司(東京大学医学部附属病院地域医療連携部助教・循環器内科) 


赤ちゃんのアトピーの症状が改善した!「爪もみ」で毒出しセルフケア

赤ちゃんのアトピーの症状が改善した!「爪もみ」で毒出しセルフケア

指先には、神経とともに毛細血管が集中しています。爪もみをすると、この毛細血管が刺激されて、指先、そして全身の血流がよくなります。それによって、頭のほうにのぼっていた熱気や血液が下がり、頭寒足熱という理想的な状態になるのです。【解説】鳴海理恵(気血免疫療法会・VE&BI治療院院長)


【デブ菌を減らし痩せ菌を増やす】腸内フローラを増やし腸漏れを予防する食事方法とは

【デブ菌を減らし痩せ菌を増やす】腸内フローラを増やし腸漏れを予防する食事方法とは

「腸もれ」は、欧米では、「リーキーガットシンドローム」と呼ばれて、大きな注目を集めています。腸もれがアレルギー疾患だけではなく、さまざまな体の不調を誘発すると考えられるようになってきました。腸もれを予防・改善するために、どのようなことをすればよいのでしょうか。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【耳に輪ゴムをかけると】花粉症が改善!朝の肩こりがなくなって寝起きも楽々!

【耳に輪ゴムをかけると】花粉症が改善!朝の肩こりがなくなって寝起きも楽々!

私が「耳輪ゴム」のことを知ったのは、2017年の8月です。そのころに参加した、佐藤青児先生のセミナーがきっ試しに耳に輪ゴムをかけて寝てみたところ、その翌朝、まったく肩がこっていなかったのです。いつも感じていた寝起きの目のむくみも、その朝はありませんでした。【解説】古瀬卯乃(さとう式リンパケアインストラクター・47歳)


【喘息改善】解毒スープで肝臓の負担減を!毒素排出はたったの2時間後

【喘息改善】解毒スープで肝臓の負担減を!毒素排出はたったの2時間後

私の医院では、肝臓に直接関係する症状がなくても、解毒が必要と思われる人には、タマ皮スープを勧めています。試してもらうと、症状の改善に伴い、肝機能値も下がるケースがよくあります。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【アトピー性皮膚炎】首を温めて「顎下リンパ節」の痛みを取ると改善する!

【アトピー性皮膚炎】首を温めて「顎下リンパ節」の痛みを取ると改善する!

アトピー性皮膚炎は、皮膚だけの病気と思うのは大きな間違いです。全身の健康状態がよくないために、それが皮膚の症状となって現れているのです。患者さんの全身の健康状態を確かめる指標としているものがあります。それは下あごの骨の内側にある「顎下リンパ節」に痛みがあるかどうかということです【解説】庄司昭伸(池田回生病院皮膚科部長)


【発見】アレルギーの原因は「傷ついた腸」だった!対策は腸内フローラを変えること

【発見】アレルギーの原因は「傷ついた腸」だった!対策は腸内フローラを変えること

長年アレルギーと腸内細菌の関係に注目し、研究を続けてきました。アトピー性皮膚炎でステロイド薬を使い続けると、だんだんと効かなくなり、さらに強い薬を使わざるを得なくなるのです。アレルギーを引き起こす根本原因の大元は、腸にあると、私は考えています。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授) 


【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性の病気に悩む人は多いものです。私は、「抗アレルギー食品」について、長年研究を続けてきました。そのなかで、最も注目している一つがニンニクです。実は、私自身もかつて、ぜんそくと花粉症に悩んでいました。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


【医師解説】下痢・嘔吐を引き起こすグルテンアレルギー 改善の鍵はテニス王者も実践した「小麦断ち」

【医師解説】下痢・嘔吐を引き起こすグルテンアレルギー 改善の鍵はテニス王者も実践した「小麦断ち」

ジョコビッチ選手はプロテニスプレーヤーとなったあとに、「グルテン不耐症」であることが判明。小麦を含む食品を抜くことで動きが格段によくなり、体力・集中力・気力が増強されたそうです。私はこれを読んで、私は最近ふえている患者さんの症状は、小麦が原因ではないかと思ったのです。【解説者】堀田忠弘(堀田医院院長)


【医師解説】おなかのカビを一掃 糖尿病やアトピーが改善した人も「生甘酒」の効果

【医師解説】おなかのカビを一掃 糖尿病やアトピーが改善した人も「生甘酒」の効果

免疫力を高めるためには、腸内環境を整えることが、何よりも重要です。腸内環境をよくするには、暴飲暴食をしないことが大前提です。そのうえで、乳酸菌やビフィズス菌など、体に有益な働きをする善玉菌を、腸内に増やす必要があります。【解説】丸山修寛(丸山アレルギークリニック院長)


【花粉症撃退】原因も症状も抑える「ショウガ赤ワイン」が最強コンビと判明!

【花粉症撃退】原因も症状も抑える「ショウガ赤ワイン」が最強コンビと判明!

今や国民病ともいわれる花粉症。春先になると、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどで、家事や仕事が手につかないという人も多いようです。そこで、「花粉症に有効なものはないか」と、いろいろと調査・研究を重ね、ついに「これ以上の組み合わせはない」と確信したものがあります。【解説】平柳要(元日本大学医学部准教授・医学博士)


【お腹のカビにご注意】その頭痛、めまい、うつは真菌「カンジダ」の仕業かも

【お腹のカビにご注意】その頭痛、めまい、うつは真菌「カンジダ」の仕業かも

腸内には多くの細菌がいることは、皆さんよくご存じでしょう。実は、腸内には細菌のほかにも、いわゆる「カビ」と呼ばれる真菌類が1%程度存在します。【解説者】内山葉子(葉子クリニック院長)


【医師解説】ヒスタミンを抑える効果 花粉症の症状を和らげる「タマネギヨーグルト」

【医師解説】ヒスタミンを抑える効果 花粉症の症状を和らげる「タマネギヨーグルト」

花粉症の患者さんが日本で初めて確認されたのは、今から約50年前のことです。そして、わずか40年ほどの間に、国民病と言われるまでに花粉症の患者数は激増しました。乳酸菌だけでアレルギー体質や花粉症が消えるわけではありませんが、取らないより取るほうがいいのは確実です。【解説】大久保公裕(日本医科大学付属病院耳鼻咽喉科部長) 


【花粉症の症状がおさまる!】くしゃみ、鼻水に即効性!1年中マスクの私を救った「ミカンの皮ヨーグルト」

【花粉症の症状がおさまる!】くしゃみ、鼻水に即効性!1年中マスクの私を救った「ミカンの皮ヨーグルト」

約7年前から、花粉症の症状が出るようになりました。母に勧められて飲んだ「ミカンの皮入りヨーグルト飲料」の即効性に驚きました。特に効果を感じるのは、鼻水とくしゃみが軽減すること。去年の秋はマスクをほとんどせずに過ごせたのです。【体験談】藤田優佳(仮名・会社員・29歳)


【花粉症対策】鼻づまりが解消、目のかゆみが改善「ミカンの皮ヨーグルト」の効果

【花粉症対策】鼻づまりが解消、目のかゆみが改善「ミカンの皮ヨーグルト」の効果

花粉症が特にひどくなったのは、2年前のことです。日中は常に鼻水が出ている状態。人と接する仕事なので、鼻にティッシュを詰めて、それを隠すためのマスクが手放せませんでした。知人が「花粉症にいいらしいよ」と教えてくれたのが、「ミカンの皮入りヨーグルト飲料」です。【体験談】平田紀子(仮名・会社員・58歳) 


【やはり最強】花粉症の症状の8割が改善 「粘膜力」がアップする食品はレンコン

【やはり最強】花粉症の症状の8割が改善 「粘膜力」がアップする食品はレンコン

「鼻水やくしゃみがひどい」「目や肌がかゆい」「まぶたが腫れる」といったアレルギー症状にお困りのかたはいませんか。粘膜に原因があるかもしれません。現代人の多くは、粘液が十分に産生されず、粘膜が乾いてしまっています。ストレスや不規則な生活で、アレルギーを症状を招きかねません【解説】和合治久(埼玉医科大学短期大学名誉教授) 


【アレルギーを改善】体内に溜まった毒素を排出するデトックススープの作り方

【アレルギーを改善】体内に溜まった毒素を排出するデトックススープの作り方

食品添加物や農薬など、私たちが日ごろ口にする食品の多くは有害物質がたっぷり。それらがアレルギーの一因となっています。私が考案したのが、タマネギの皮などの解毒作用に優れた5つの野菜を使った「タマ皮スープ」。花粉症やアトピー性皮膚炎、ぜんそくなどの患者さんの症状が次々と改善しています。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


作り方【医師実践の食事】アトピー性皮膚炎を改善させる「玄米昆布スープ」

作り方【医師実践の食事】アトピー性皮膚炎を改善させる「玄米昆布スープ」

私は中学生時代ひどいアレルギー性鼻炎になり、大人になってもアレルギー体質をひきずっていました。皮膚科医になり、腸内環境を改善する食事を取り取り入れ改善。クリニックを開業以来、体調が悪くて休んだことは一度もありません。その食事療法を紹介します。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)


【花粉症対策の新定番】みかんの皮とヨーグルトの組み合わせが「最強」の理由

【花粉症対策の新定番】みかんの皮とヨーグルトの組み合わせが「最強」の理由

ミカンの皮とヨーグルトを組み合わせたら、花粉症の治療や、症状の緩和に効果が期待できるのではないか。私の研究室ではミカンの皮に含まれる成分と、牛乳に含まれる成分、それぞれに抗アレルギー作用があることを確認していたからです。「みかんの皮ヨーグルト」の作り方も紹介します。【解説】菅原卓也(愛媛大学大学院 農学研究科教授)


朝食は「詰まった下水道」に水を流すのと同じ ― 私が人参ジュースを勧める理由

朝食は「詰まった下水道」に水を流すのと同じ ― 私が人参ジュースを勧める理由

生活習慣病は「食べすぎ」によるものだと、私は考えています。私たちは口から物を食べ、小腸で栄養素を取り入れ、大腸で老廃物を運びます。必要以上に食べ物を入れると、腸を痛める原因となります。特に、腸を傷つける原因となるのは、動物性のたんぱく質です。【解説】高木智司(心神診療室院長)


ランキング


>>総合人気ランキング