アレルギー・花粉症

アレルギー・花粉症

アレルギーとは、あるものに対して過敏に反応する状態をいいます。免疫のIgEは、細菌やウイルスに対する抗体と違い、ダニや花粉や食物タンパクに対してできてしまう抗体です。IgEが体内で増えると、アレルギーを引き起こします。食物アレルギーだけでなく、花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息もアレルギーによって引き起こされます。このページはアレルギーの症状の改善に役立つ一覧です。

関連するカテゴリー

アレルギーを改善する健康法

アレルギー・花粉症に関連するキーワード

アレルギー
>>アレルギー・花粉症に関連するキーワード一覧

アレルギー・花粉症の健康情報一覧

【やはり最強】花粉症の症状の8割が改善 「粘膜力」がアップする食品はレンコン

【やはり最強】花粉症の症状の8割が改善 「粘膜力」がアップする食品はレンコン

「鼻水やくしゃみがひどい」「目や肌がかゆい」「まぶたが腫れる」といったアレルギー症状にお困りのかたはいませんか。粘膜に原因があるかもしれません。現代人の多くは、粘液が十分に産生されず、粘膜が乾いてしまっています。ストレスや不規則な生活で、アレルギーを症状を招きかねません【解説】和合治久(埼玉医科大学短期大学名誉教授) 


【アレルギーを改善】体内に溜まった毒素を排出するデトックススープの作り方

【アレルギーを改善】体内に溜まった毒素を排出するデトックススープの作り方

食品添加物や農薬など、私たちが日ごろ口にする食品の多くは有害物質がたっぷり。それらがアレルギーの一因となっています。私が考案したのが、タマネギの皮などの解毒作用に優れた5つの野菜を使った「タマ皮スープ」。花粉症やアトピー性皮膚炎、ぜんそくなどの患者さんの症状が次々と改善しています。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


作り方【医師実践の食事】アトピー性皮膚炎を改善させる「玄米昆布スープ」

作り方【医師実践の食事】アトピー性皮膚炎を改善させる「玄米昆布スープ」

私は中学生時代ひどいアレルギー性鼻炎になり、大人になってもアレルギー体質をひきずっていました。皮膚科医になり、腸内環境を改善する食事を取り取り入れ改善。クリニックを開業以来、体調が悪くて休んだことは一度もありません。その食事療法を紹介します。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)


【花粉症対策の新定番】みかんの皮とヨーグルトの組み合わせが「最強」の理由

【花粉症対策の新定番】みかんの皮とヨーグルトの組み合わせが「最強」の理由

ミカンの皮とヨーグルトを組み合わせたら、花粉症の治療や、症状の緩和に効果が期待できるのではないか。私の研究室ではミカンの皮に含まれる成分と、牛乳に含まれる成分、それぞれに抗アレルギー作用があることを確認していたからです。「みかんの皮ヨーグルト」の作り方も紹介します。【解説】菅原卓也(愛媛大学大学院 農学研究科教授)


朝食は「詰まった下水道」に水を流すのと同じ ― 私が人参ジュースを勧める理由

朝食は「詰まった下水道」に水を流すのと同じ ― 私が人参ジュースを勧める理由

生活習慣病は「食べすぎ」によるものだと、私は考えています。私たちは口から物を食べ、小腸で栄養素を取り入れ、大腸で老廃物を運びます。必要以上に食べ物を入れると、腸を痛める原因となります。特に、腸を傷つける原因となるのは、動物性のたんぱく質です。【解説】高木智司(心神診療室院長)


【リーキーガット症候群とは】検査方法は今の所ナシ 改善する食事は納豆がお勧め

【リーキーガット症候群とは】検査方法は今の所ナシ 改善する食事は納豆がお勧め

腸に炎症が起こり、栄養を吸収する「腸粘膜の穴」が大きくなり過ぎてしまうことがあります。すると、通常は吸収されないはずの物質も腸から取り込まれてしまい、アレルゲンと認識され、アレルギー反応を起こしてしまう。これをリーキーガット症候群と呼びます。腸漏れ症候群という意味です。【解説】澤登雅一(三番町ごきげんクリニック院長) 


【口テープ体験談】「30年以上苦しんだアトピーが改善!肌は人生でもっとも良い状態」

【口テープ体験談】「30年以上苦しんだアトピーが改善!肌は人生でもっとも良い状態」

私は、小学5年生から30年以上、アトピー性皮膚炎に苦しんできました。顔、首、ひざやひじの内側に、ジュクジュクした湿疹ができ、かゆみで眠れないこともありました。紹介していただいた先生から、口呼吸の弊害を聞いたときは、唖然としました。思い当たることがいくつもあったからです。【体験談】刈部真紀(東京都●46歳●会社員)


実はあなたにもある?知られざるアレルギー【遅発型食物アレルギー】

実はあなたにもある?知られざるアレルギー【遅発型食物アレルギー】

特に思い当たる原因もなく、体調が優れない……。食べて数時間後〜数週間後と、アレルギー症状が遅れて出てくる「遅発型食物アレルギー」をご存知でしょうか。じんましんなどが出る「即時型食物アレルギー」とは違いあまり知られていません。【解説】澤登雅一(三番町ごきげんクリニック院長) 


【アトピー】首や顔のかゆみが治まる「蒸しタオル療法」星状神経節に当てるだけ

【アトピー】首や顔のかゆみが治まる「蒸しタオル療法」星状神経節に当てるだけ

アトピーの人は、交感神経が優位になりがちです。その証拠に、下あごにあるリンパ節を指で押すと多くの人が強い痛みを感じます。これは、健康状態を確かめる指標として診察時に行っている検査法です。そこで私は、交感神経の過緊張が緩和されれば、アトピーの症状は改善するだろうと考えました。【解説】庄司昭伸(池田回生病院皮膚科部長)