【薄毛対策】首の後ろを温めると全身の血流がよくなり髪が若返る

【薄毛対策】首の後ろを温めると全身の血流がよくなり髪が若返る

血液循環がじゅうぶんでない場合、頭皮にも血液が行き渡らず、髪に必要な酸素と栄養が供給されなくなります。それが、薄毛や毛の生育不良など、髪の悩みを引き起こす大きな要因となっているのです。そこで、皆さんにお勧めしたいのが、入浴時に「首を温めること」です。やり方はとても簡単です。【解説】山田佳弘(育毛相談WEBセラピスト)


髪に悩みがある人は体温が低く血流が悪い

私の相談室には、髪の悩みを抱えた人がたくさん訪れます。
薄毛や抜け毛などの悩みを聞いていると、共通するポイントが浮かび上がってきます。

それが、「体温が低い」「首や肩がひどくこっている」「呼吸が浅い」「運動不足」といった点です。
髪に悩みのある人は、体温が36度台前半であることが多いのです。なかには、35度台の人もいます。

体温が低ければ、体は当然冷えており、それは、全身の血液循環が滞っていることを意味します。
また、仕事でパソコンに1日じゅう向かっているかたは、どうしても姿勢が悪くなりがちで、呼吸も浅くなります。

呼吸が浅いせいで酸欠状態になった首や肩は、てきめんにこりやすくなります。
首や肩がガチガチにこり、石のようになっている人も少なくありません。

首や肩の筋肉がこわばれば、頭皮へ通じる血流も悪化することになります。
運動不足で、特に足を使う機会が少なければ、それも血行不全の原因となります。

このように血液循環がじゅうぶんでない場合、頭皮にも血液が行き渡らず、髪に必要な酸素と栄養が供給されなくなります。
それが、薄毛や毛の生育不良など、髪の悩みを引き起こす大きな要因となっているのです。

そこで、皆さんにお勧めしたいのが、入浴時に「首を温めること」です。やり方はとても簡単です。
浴槽に、多めにお湯をはります。浴槽のへりに後頭部を預けて、後頭部までお湯につけてください。

そのまま10分〜15分、リラックスして首と肩を温めるのです。
このとき、頭の中で、ゆっくりと数を15数えながら、息を口から吐いていきます。
5回くり返します。お湯の熱さは、つかったとき、「気持ちがよい」と感じる熱さに調節してください。

ぬるめがお好みなら、ぬるくてかまいませんし、熱めのお湯が好きなかたは熱くしていいのです。
なにより、お湯につかって心地よいと感じ、リラックスできることが重要です。

抜け毛がへって髪が太くなった!

首と肩の緊張が緩むと、全身の血流状態がよくなります。
同時に、こうしてリラックスすることが、自律神経の切り替えにもよい影響を及ぼします。

自律神経とは、私たちの意志とは無関係に内臓や血管の働きをコントロールしている神経です。
自律神経には、主に昼に優位になり、アクティブな活動を支える交感神経と、主に夜に優位となり、体を休息させる副交感神経の二つがあり、両者はバランスを取り合って働いています。

しかし、現代はストレス社会で、多大なストレスがかかるため、交感神経が過剰に緊張した状態が続き、自律神経のバランスが乱れがちです。
交感神経が優位となれば、血管が収縮し、血行は悪くなります。

交感神経が優位の状態で寝てしまえば、頭皮の血行も悪いままで、髪のコンディションの低下を招き寄せてしまうことになります。
入浴時に、こうして首を温めてリラックスすると、交感神経から副交感神経へとスムーズにスイッチが切り替わります。

それが髪のコンディションを整えるのにも役立つのです。

ここで、35歳の男性の体験例をご紹介しましょう。
2年ほど前、この男性は、薄毛の悩みで私の相談室を訪ねてきました。

体温は、36.1~36.2度と低めでした。
運動して血行をよくすることをアドバイスしましたが、仕事が多忙なため、思うように運動ができず、髪の状態もずっと上向かないままでした。

そこで、仕事がない土日にスポーツをすることと、入浴時に首を温めることを実践するよう指導しました。
すると、しだいに体温が上昇した結果、抜け毛がへり、髪が太くなったことを実感されたのです。

「髪が若返ったようだ」と大変喜んでおられました。

髪のコンディションを左右する要素は、ほかにも食習慣など、さまざまな要因が関連しています。
もちろん、食事に問題があれば、それも改善していく必要がありますが、まずは、変えられるところから変えていくとよいでしょう。

浴槽に入って首を温めるだけなら、今日からすぐにでも始められます。
それが頭皮の血行をよくして、髪を若返らせるスタートラインなのだとお考えください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


自律神経 薄毛対策

関連する投稿


手のツボ刺激で【抜け毛・薄毛】を予防する「手もみ美容」のやり方

手のツボ刺激で【抜け毛・薄毛】を予防する「手もみ美容」のやり方

私のサロンにいらっしゃるかたは美容や健康面でさまざまな悩みをお持ちです。そこで自宅でも簡単にできて、即効性がある施術として、高麗手指鍼をベースとした「手もみ美容療法」をお勧めしています。抜け毛、薄毛を防ぐ手もみ美容をご紹介しましょう。【解説】森田真理(Mari鍼灸Salon代表)


【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

私が患者さんたちに勧めている家庭療法の1つが、手のひらをもむことです。難治性のアトピー性皮膚炎が劇的に改善した例もあります。手もみ気功は、不登校や多動など、心の不調や問題行動を抱える子どもにも試してみてください。自律神経が整い、気持ちや症状が落ち着いてくるでしょう。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)


【自律神経の乱れを治す方法】不眠、難聴、耳鳴りに効果の「うつぶせユラユラ」とは

【自律神経の乱れを治す方法】不眠、難聴、耳鳴りに効果の「うつぶせユラユラ」とは

うつぶせユラユラは、自律神経のバランスを調節する働きがありますが、特に副交感神経を優位にさせる力が大きいのでしょう。うつぶせユラユラを行っているかたに話を聞くと、「心も体もリラックスする」「寝る前に実行すると、スーッと入眠できる」という声が多いそうです。【解説】小林理(長野赤十字病院呼吸器外科部長 )


【医師解説】慢性疲労症候群が改善!免疫力向上には「肛門」を温めるとよい!

【医師解説】慢性疲労症候群が改善!免疫力向上には「肛門」を温めるとよい!

体が冷えると、血管が収縮し、交感神経が優勢になります。この状態が続くと、血流が悪くなり、免疫細胞である白血球の中のリンパ球が減少。免疫機能が低下します。つまり、自律神経の乱れが血流の悪化、免疫機能の低下を招くのです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

自律神経とは、私たちの体の諸機能を調節している神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類からなります。交感神経は、主に昼間に働き、体を活動モードへと導きます。一方の副交感神経は、主に夜間に働き、体を休息モードへと導きます。【解説者】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング