【医師解説】牛乳の飲みすぎに注意!カルシウム摂取は和食でよい

【医師解説】牛乳の飲みすぎに注意!カルシウム摂取は和食でよい

牛乳を飲めば骨が丈夫になるなどといわれますが、それはウソです。なぜなら、世界的に、牛乳や乳製品を多くとる北欧では、骨粗鬆症の発生率が、日本の何倍にもなっているからです。【解説者】真弓定夫(真弓小児科医院院長)


牛乳の脂肪分は人体では溶け残る

私が医師になったのは、1955年。
この年の総医療費は、年間約2388億円でした。
それから、50年以上経過した2014年度の総医療費は、約40兆円。

この間に人口は、3260万人ほどふえただけですが、医療費は、168倍近く、爆発的にふえています。
また、1950年代の死因のトップ3は結核、脳血管障害、気管支炎でした。

ところが、1980年代に入ると、ガン、脳血管障害、心疾患がトップ3になります。
このほかに、アレルギー性疾患や糖尿病も激増しています。

日本人に、いったい何が起こったのでしょうか。
1945年以降、たくさんの人が「牛乳」を飲み始めました。

そのことが日本人に大きな変化を、しかも、悪い影響をもたらしたと、私は考えています。
それは、こういう考えからです。

4500種類ともいわれる哺乳動物は皆、自分のお母さんの乳を飲みます。
4500種類の哺乳動物がいれば4500種類の乳があり、それぞれの乳の成分はすべて異なります。
そして、同種の動物にとってのみ、完全栄養食品なのです。

つまり、それぞれの哺乳動物は、お母さんのおっぱい以外、飲んではいけないのです。
人間以外の動物は、すべて、この原則を守っています。
しかし、人間は、この原則を破ったため、さまざまな病気が発生しました。

乳というのは、最初は赤い血液です。
本来赤い血が、お母さんの乳房を通ると、白く変わるのです。

ですから、私は乳は「白い血液」といっています。
A型の血液を、A型の人に輸血しても問題ありませんが、A型の血液を、A型以外の人に輸血すると、死んでしまいます。

人間どうしの血液でも問題があるのに、ウシの血液を、人間の子供の血管に入れたら、すぐに死んでしまうでしょう。
輸血ではなく、経口投与であろうとも、その影響は甚大。

また、人間も含めて、哺乳動物は恒温動物です。
それぞれの動物の体温は異なり、しかも一定しています。

人間の平均体温は、36度台です。ウシの平均体温は38・5度。
つまり、ウシの乳は、平均体温が38・5度のウシに適したものなのです。
ところが、38度台のウシの乳が、36度台の体温の人間の体に入ったとしたら、どうなるでしょう。

その答えは、人間のほうが体温が低いので、牛乳に含まれる脂肪分は完全には溶けず、溶け残った脂肪は、人間の皮下脂肪に留まるということです。
さらに、血液中の余った脂肪は動脈硬化を進行させ、血管を詰まらせて、脳梗塞などの脳血管障害や心筋梗塞などの心疾患を引き起こします。

また、ガンのいちばんの原因は、牛乳に含まれるたんぱく質の一つ「カゼイン」と、考えられています。

1990年、アメリカ、コーネル大学のコリン・キャンベル博士が、アメリカと中国のガン患者の調査「チャイナプロジェクト」を行いました。

牛乳を飲まない中国人は、アメリカ人より、動物性たんぱく質の摂取量が大幅に少なく、しかも、ガン患者が圧倒的に少ないことがわかりました。
そのうえ、ガン患者の割合は、アメリカ人が12〜13%に対し、中国人はわずか0・8%。

牛乳などの動物性たんぱく質の摂取量が、ガンと密接な関係があることは明らかです。

このように見てくると、牛乳などの動物性たんぱく質のとりすぎが、脳血管障害や心疾患、ガンといった、現代日本の3大疾患をふやす原因となっていることがおわかりになるでしょう。

牛乳を飲んでも骨は丈夫にならない!

では、私たちはどうしたらいいでしょうか。
私の提案は、きわめてシンプルです。

それは、できる限り、1945年以前の、日本本来の食生活に戻すということです。
牛乳や乳製品、肉食をやめ、昔の日本人が食べていた魚や穀類、そして、野菜中心の食生活に切り替えてください。

牛乳を飲めば骨が丈夫になるなどといわれますが、それはウソです。
なぜなら、世界的に、牛乳や乳製品を多くとる北欧では、骨粗鬆症(骨がスカスカになる病気)の発生率が、日本の何倍にもなっているからです。

確かに牛乳には、カルシウムが含まれていますが、一方、たんぱく質も豊富です。
私たちの体は、たんぱく質を過剰摂取すると、体内のカルシウムが排泄されるという働きがあります。

このため、牛乳を飲めば飲むほど、骨からカルシウムが脱落してしまうのです。
昔の日本人は、海や畑(干しエビや小魚、コマツナなど)でとれる食品から、カルシウムを摂取していました。
それでいいのです。

次のような例があります。
洋風中心の食事から、和食に切り替えると、精神面での変化が現れるといいます。

私が、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎のお子さんたちの保護者に、食事指導をしたところ、「このごろ、親のいうことをよく聞くようになった」とか「友達と協調性をもって遊べるようになった」という声を聞くようになりました。

これは、ぜんそくやアトピーがよくなってくると、子供の心の偏かたよりも改善してきたということでしょう。

今からでも遅くありません。
本来の日本人にあった食や文化を取り戻しましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


骨粗鬆症 心筋梗塞 牛乳

関連する投稿


【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【医師解説】骨粗鬆症の予防対策は「牛乳」に頼らないこと 効果的なカルシウム摂取法とは?

【医師解説】骨粗鬆症の予防対策は「牛乳」に頼らないこと 効果的なカルシウム摂取法とは?

骨粗鬆症の予防対策としてカルシウムをとるために牛乳を飲むことは妥当ではないと判断します。牛乳を飲みたい人は、嗜好品としてたまにとる程度にしたほうが賢明でしょう。カルシウムの吸収率を高めて骨を丈夫に保つには、食事のほかに運動と、日光を浴びることも必要です。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)


【大学教授が解説】美肌効果でイボやニキビを解消!はと麦の栄養・摂取方法・注意点

【大学教授が解説】美肌効果でイボやニキビを解消!はと麦の栄養・摂取方法・注意点

ハトムギは健康効果もさることながら、肌への美容効果があることも古くから知られています。実際、ハトムギで顔や背中のニキビが消えた人や、ニキビ跡がキレイになったという人は少なくありません。【解説】鈴木信孝(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科・臨床研究開発補完代替医療学講座・特任教授)


「耳たぶのシワ」に注意!動脈硬化のサインで脳梗塞や心筋梗塞のリスク大

「耳たぶのシワ」に注意!動脈硬化のサインで脳梗塞や心筋梗塞のリスク大

ぜひ耳たぶも見てください。耳たぶには、体の貴重な健康情報が隠されているからです。その情報を示すのは、耳たぶの大きさや形ではなく「耳たぶのシワ」です。チェックして、シワがあったら要注意。それは、「動脈硬化」の進行を示す兆候と考えられるからです。【解説】重松宏(山王メディカルセンター・血管外科統括部長)


【医師推奨】むくみ解消に即効!がん手術後のむくみも改善した「小豆昆布スープ」の作り方

【医師推奨】むくみ解消に即効!がん手術後のむくみも改善した「小豆昆布スープ」の作り方

あずきは、むくみや高血圧だけでなく、白髪や脱毛といった髪の悩み、めまい、難聴、耳鳴りなどの耳の病気、骨粗鬆症や歯の問題に悩むかたにも、お勧めです。さらに、あずきに含まれるサポニンという成分は、血管をキレイにする作用があります。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング