【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


自律神経が整う!脳の血流がよくなる!

私は冬場、毛糸の帽子を目深にかぶり、耳を覆って通勤しています。
耳を冷やさないように配慮することこそが、冷えから全身を守るためのポイントだからです。

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。
なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。

耳には、脳神経である迷走神経が走っています。
迷走神経とは、運動神経や知覚神経、内臓を調整する自律神経のうち、心身をリラックスさせる副交感神経を含む、混合神経です。

迷走神経は、脳の下部に位置する延髄から出て、胸部や腹部へと分布していますが、その枝分かれした部分が、耳に達しているのです。
このため、耳を温めることは、迷走神経への刺激となります。

迷走神経は、内臓機能を調整しているので、耳を温めると、迷走神経を介して、気管支や心臓、胃腸など、内臓の働きが活性化するのです。
気管支の状態がよくなれば、カゼやぜんそくの予防・改善につながります。

心臓の機能が改善すれば、心筋梗塞や不整脈を防ぐことができるでしょう。
また、便秘や下痢、胃痛の改善にも効果を発揮します。

このように、内臓の働きがよくなることで、全身の血行も改善されます。
その結果、全身に活力がみなぎり、疲れにくい体になるのです。

不調を抱える人は、自律神経のバランスがくずれ、心身を活動的にする交感神経が過度に緊張した状態にあります。
耳を温めて、心地よい刺激を与えることで副交感神経が優位になり、自律神経が整って、体調が改善します。

特に、過度のストレスで交感神経が緊張し続けると、血圧や血糖値が上がりやすくなります。
耳を温めて副交感神経を優位にすると、自律神経が整い、高血圧や糖尿病の予防・改善につながるのです。

耳を温めることは、うつ病や不眠症などの精神的な症状にも有効です。
精神疾患は、脳の血流障害が大きな原因の一つと考えられています。

耳を温めると、脳全体の血液循環がよくなり、症状が改善するのです。
実際、うつ病や不眠症の患者さんの耳を温めると、驚くような効果が現れます。

精神科で処方された抗うつ剤よりも効きめがよく、しかも早く現れることが少なくありません。
「気分が落ち着く」「不安感が軽減する」「眠りやすくなる」といった声が多く聞かれます。

また、耳鳴りや難聴、三半規管(内耳にある平衡感覚をつかさどる器官)の障害によるめまいなど、耳にまつわる症状にも、効果が期待できます。
内耳から脳にかけての血流が、改善するためです。

さらに、脳の血流がよくなれば、脳卒中や認知症の予防にも役立ちます。

乾燥肌が改善しむくみも解消する!

では、実際に耳を温める方法をご紹介しましょう。

私が皆さんにお勧めしているのは、使い捨てカイロを使う方法です。
耳を温めるときは、表側だけではなく、耳を折り曲げて、裏側にもカイロを当ててください。

実際に、耳を温めてみると、実に気持ちのいいものです。
耳の表と裏が、それぞれ心地よく温まってくるまでカイロを当てましょう。両耳に行います。

時間としては、2~3分ですが、あくまでも目安です。耳が温まったと思ったら、やめてください。
耳は非常に皮膚が薄く、あまり長時間カイロを当てると、低温ヤケドを起こす恐れがあるからです。

特に、就寝前にカイロを当てて、そのまま寝入ってしまうと危険です。注意してください。
耳を温めると、首の血流が促進されるので、首や肩のコリ、頭痛も楽になるはずです。

また、顔もポカポカして、血行がよくなります。その場で顔色がよくなり、肌のツヤも増してくるでしょう。
毎日続けることで、乾燥肌の改善やむくみの解消など、美肌・小顔効果も期待できます。

体の冷えが特にひどい人は、入浴前に耳を温めておくと、冷え取り効果が高くなります。
冷えが強いと、入浴しても体が芯から温まらず、おふろから上がったとたん、湯冷めをしてしまいます。

冷えは、体の部位によってバラつきがあります。
耳は体の末端にあるため、血液が届きにくいうえ、入浴中もお湯につからないので、冷えが取れにくいのです。

たいていの人は、耳が温まる前にのぼせて、おふろから上がってしまいます。
すると、耳から冷えが下りてきて、湯冷めをするというわけです。

入浴前に、使い捨てカイロや蒸しタオルなどで耳を温めておけば、全身がまんべんなく温まります。
寒さの続くこの季節、耳を温める健康法を大いに活用してください。

外出時には、耳を覆える毛糸の帽子をかぶったり、耳当てを利用したりして、耳を冷やさない工夫をしましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)


最新の投稿


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)