耳鳴り・めまいの原因は「顎のゆがみ」 ― 蒸しタオルで改善!頭痛も楽になった

耳鳴り・めまいの原因は「顎のゆがみ」 ― 蒸しタオルで改善!頭痛も楽になった

あごの骨格がゆがんでいると、耳の内部に流れるリンパ液が滞り、耳たぶの後ろにあるリンパ節が詰まってきます。そのうえ、血流も悪くなり、耳の各器官に血液がじゅうぶんに行き渡らなくなります。これらが原因で、耳鳴りやめまいが引き起こされるといえます。【解説】板坂浩志(ひろ整骨院院長)


板坂 浩志
三重県出身。行岡整復専門学校を卒業。柔道整復師。平成22年に、大阪市大正区にひろ整骨院を開業。妊娠中や出産後の女性を対象にした、マタニティー整体も行っている。

温熱と蒸気の効果で血液とリンパ液の流れが促進

四六時中、耳障りな音が頭のなかで鳴り響く耳鳴りは、とてもやっかいな症状です。
本人にしか音が聴こえないため、周りの人からは、そのつらさがあまり理解されません。

精神的にも追い詰められ、不眠やうつといった新たな症状につながることも少なくないのです。
私の治療院にも、耳鳴りでお悩みのかたが、連日いらっしゃいます。

その多くが、病院などで診てもらったにもかかわらず、症状が改善しなかったり、原因がわからないといわれたりしたかたがたです。
私は、耳鳴りに悩む多くの患者さんの体を見ているうちに、ある共通点を発見しました。

それが、「あごのゆがみ」です。

耳鳴りを訴える人は、ストレスや、悪い姿勢の習慣化によって、顎がく関かん節せつが正しい位置からずれていることが多いのです。
このことは、めまいの症状がある人にも当てはまります。

あごの骨格がゆがんでいると、耳の内部に流れるリンパ液が滞り、耳たぶの後ろにあるリンパ節が詰まってきます。
そのうえ、血流も悪くなり、耳の各器官に血液がじゅうぶんに行き渡らなくなります。

これらが原因で、耳鳴りやめまいが引き起こされるといえます。
よって、症状の回復には、まず、滞ったリンパ液と血液の流れを促してやることが重要なのです。

そこで効果的なのが、耳を温めること。

手のひらやカイロを耳に当てたり、耳当てをつけたりしてもいいのですが、最も効果的な方法は、蒸しタオルで温めることです。
その理由は、蒸しタオルから発生する蒸気にあります。

温熱効果と蒸気によって、高いリラックス効果が得られ、リンパ液や血液の流れがよりいっそう促されるのです。

左耳の耳鳴りが軽減し頭痛も和らいだ!

やり方は、簡単です。タオルを水でぬらし、電子レンジに入れて、1分ほど温めます。

それを、耳鳴りのするほうの耳に、5~10分当てて温めるだけです。
両方の耳に耳鳴りがある場合は、片方ずつ行います。

これを、1日につき1回行いましょう。
いつ行ってもかまいませんが、より高い効果を期待するなら、血行がよくなっている就寝前がお勧めです。

では、実際に、この蒸しタオル療法によって耳鳴りが改善した例をご紹介しましょう。
40代の女性Aさんは、両耳に耳鳴りを感じていました。複数の病院で診察を受けたものの、いっこうによくならず、私の治療院に来られました。

見てみると、やはり顎関節がゆがんでいたため、施術に加えて、毎日自宅で蒸しタオルで耳を温めてもらいました。
すると1週間後には、耳鳴りがなくなるまで改善し、聴力を回復。その後も再発がないようです。

80代の女性Bさんは、左耳の耳鳴りに加え、頭痛にも悩まされていました。
蒸しタオル療法を勧めたところ、「とても気持ちがいい」と気に入り、それからは毎日、朝と晩に耳を温めるようにしたそうです。
そして1ヵ月ほど続けるうちに、頭痛はだんだんと和らいでいき、頭が軽くなっていきました。

耳鳴りは完全には消えていないものの、気にならない程度まで軽減したそうです。
このお2人のように、症状が改善したケースでは、自分で治そうという気持ちが強いかたが多いものです。
なので、すぐに効果が現れなくても、まずは1週間ほど続けてみてください。

なお、耳鳴りに加え、耳に痛みを感じている場合は、耳の内部に炎症が生じている可能性があります。
蒸しタオル療法を行う前に、一度、医師に相談するようにしましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは  高血圧、耳鳴りに著効

【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは 高血圧、耳鳴りに著効

レモンは、数あるかんきつ類のなかでも、有効成分や機能性成分を豊富に含むフルーツです。果肉や果汁はもちろんのこと、厚みのある皮にも健康に役立つ成分がぎっしり含まれています。そうしたレモンの果肉と皮の成分をあますところなく取れるのが、「レモン酢」です。【解説】本橋登(薬学博士・インド国立大学博士論文審査官)


【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

頭痛やめまい、不安症といった症状とともに生じる不眠は、睡眠薬などの効果が不十分であることも多く、対処が難しいのが特徴です。このような不眠に対して、私が5年前から治療に導入して、効果を感じているのが「オルゴール療法」です。【解説】星野茂(ほしの脳神経クリニック院長)


【頭痛を改善する食事】お勧めの食品と控えたい食品 チョコやワインをやめたら劇的改善

【頭痛を改善する食事】お勧めの食品と控えたい食品 チョコやワインをやめたら劇的改善

あなたが頭痛持ちでなかなか改善しない場合、頭痛の誘因となる成分が多い食品を、知らず知らずのうちに頻繁に摂取しているかもしれません。頭痛の誘因として代表的な成分は、チラミンです。チーズやヨーグルト、納豆、赤ワインやビール、チョコレートなど発酵食品や熟成した食品に多く含まれています。【解説】山田洋司(梅ノ辻クリニック)


【頭痛の種類と改善方法】痛みを自分でコントロールする“頭痛日記”のつけ方

【頭痛の種類と改善方法】痛みを自分でコントロールする“頭痛日記”のつけ方

頭痛が起こると、なかなか我慢できずに鎮痛剤に頼ってしまいがちです。しかし、薬で病気は根治できません。どうして自分の頭痛が起こっているのか、原因を把握し、起こらないように対処することが大事です。【解説】山田洋司(梅ノ辻クリニック院長)


【頭痛を改善する食事】症状が重い時、控えたい食品はコレ!

【頭痛を改善する食事】症状が重い時、控えたい食品はコレ!

頭痛症状を予防・緩和するのに役立つ栄養素が、ビタミンB2とマグネシウムです。これらを多く含む食品を積極的に摂取することで、頭痛の改善が期待できます。一方、控えたほうがよい成分もあります。それは、チラミンです。特に発酵食品や熟成した食品、アルコール類などに、多く含まれます。【解説】山田洋司(梅ノ辻クリニック院長)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)