【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性の病気に悩む人は多いものです。私は、「抗アレルギー食品」について、長年研究を続けてきました。そのなかで、最も注目している一つがニンニクです。実は、私自身もかつて、ぜんそくと花粉症に悩んでいました。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


クシャミ、鼻づまりが軽くなった!

ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性の病気に悩む人は多いものです。
私は、「抗アレルギー食品」について、長年研究を続けてきました。

そのなかで、最も注目している一つがニンニクです。
実は、私自身もかつて、ぜんそくと花粉症に悩んでいました。

私がぜんそくを発症したのは、36歳のときです。
講義中にチョークの粉に反応して、激しくセキ込んだり、突然、呼吸困難に陥ったりして、非常につらい思いをしました。

病院で診察を受け、気管支拡張剤を飲んでいましたが、なかなか改善しませんでした。
そんなぜんそくの症状が、当時、ニンニクの入ったスープを飲むようにしたところ、2ヵ月後には治まったのです。

ぜんそくが改善した5年後、今度は花粉症になりました。
再びニンニクスープを毎日飲んだところ、クシャミや鼻づまりの症状が軽くなったのです。

そんな体験もあったので、私はニンニクの効果について、実験で詳しく調べてみることにしました。
免疫力を高め、ガンの発生や増殖をおさえるニンニクの作用は、すでに解明されています。

そこで、アレルギー性の病気にも有効であることを、確かめたいと思ったのです。
最初に行ったのは、マウスの実験です。

スギ花粉を点鼻して作製した花粉症のマウスに、ニンニクスープを一定量、毎日与えました。
2〜3週間後に、ニンニクスープを与えなかった花粉症マウスと比較しました。

すると、ニンニクスープを与えたマウスだけ、体内物質の「IgE抗体」と「インターロイキン4」が減少したのです。

抗アレルギーの薬より早くよく効いた!

IgE抗体は、アレルギーの発生に関与する物質です。
アレルギー体質の人は、体内に抗原(アレルギーを起こす原因物質)が侵入すると、IgE抗体を大量に作り、多い人では正常の100倍以上にもなります。

インターロイキン4は、花粉症でいえば、IgE抗体の合成を促し、かゆみや鼻づまりなどの炎症を広げる物質です。
花粉症マウスのIgE抗体とインターロイキン4が減少したということは、ニンニクに抗アレルギー作用があることの証あかしになるわけです。

この結果を受けて、今度は人間でニンニクスープの効果を確かめる実験を行いました。
被験者は、スギ花粉症である私自身と学生4人です。

鍋に水100mlと、ニンニクのみじん切り40gを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして10分ほど煮込みます。
これを適度に薄め、好みで味つけをして飲むのです。

約1ヵ月後に血液検査をすると、学生も私も、血液中のIgE抗体が、ニンニクスープを始める前に比べて、平均で30%も減少していました。
インターロイキン4の産生も、抑制されていることがわかったのです。

IgE抗体が30%もへるのは、すごいことです。
花粉症やアトピー性皮膚炎の治療に使う抗アレルギー剤でも、これほどの結果はすぐには出ません。

自覚症状においても、顕著な改善が見られました。
スギ花粉症の学生からは、ニンニクスープを飲むようになって、「目のかゆみ、クシャミ、鼻づまりなどの回数がへり、症状も軽くなった」という報告を受けています。

ニンニクスープの効果が明らかになって以来、私は、スギ花粉が飛ぶ1月から2〜3月にかけて集中的に飲み、つらい症状が出るのを回避しています。

ニンニクにはアリシンなどの抗菌成分が含まれているので、冷蔵庫で1週間程度はもつでしょう。
まとめて作っておけば、さまざまな料理の味つけに役立ちます。

雑菌の混入を防ぐため、小さな瓶に小分けにして保存するのがお勧めです。
スギ花粉症の人は、花粉が飛散する直前の時期に集中して飲み、通年性のアレルギー性鼻炎の人は、季節を問わず継続して飲むことをお勧めします。

ぜんそくの人は、季節の変わりめや、台風が接近しているときなど、発作が出そうな時期に毎日飲み、アトピー性皮膚炎の人は、長期間じっくり飲むといいでしょう。

においが気になるときは、ニンニクを食べるときに、緑茶やウーロン茶、牛乳をいっしょに飲むといいでしょう。
ポリフェノールが豊富な生のリンゴやブルーベリー、プルーン、チョコレートを食後に食べると、においの軽減が期待できます。

ミントのガムやあめも、お勧めです。お試しください。
ただし、ニンニクによって、胃腸に負担がかかる人もいます。

胃痛や下痢などの症状が出ない程度に、飲む量や回数を加減してください。無理は禁物です。

→「にんにくスープ」レシピBEST6はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

現在30代の息子は、20代前半から顔に赤いブツブツが出始め、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断されました。ステロイドの塗り薬を処方されましたが、よくなったり悪くなったりをくり返していました。数年すると全身にアトピーが広がり、肌がジュクジュクしてかゆみもひどくなりました。【体験談】野村敦子(仮名・67歳・主婦)


【体験談】交通事故で心身の調子が悪くなったが「首腰枕」で気持ちが前向きに!

【体験談】交通事故で心身の調子が悪くなったが「首腰枕」で気持ちが前向きに!

青信号で横断歩道を一歩踏み出した瞬間、前方不注意の車と衝突する事故に遭いました。左足を複雑骨折する大ケガを負い、プレートやボルトを何本も入れる大手術を受け、40日間も入院し、術後のリハビリにも80日間を費やしました。【体験談】天野ふく(主婦・60歳)


【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

「“やせ酸”効果で、即やせる!」「血圧・血糖値・コレステロール値が改善!」「花粉症などのアレルギー症状に有効!」など幅広い健康効果が魅力の、玉ねぎヨーグルト。管理栄養士考案のおいしい食べ方をご紹介します。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【ストレス対策】幸せホルモン「オキシトシン」 分泌を高める「お祈り」の効果

【ストレス対策】幸せホルモン「オキシトシン」 分泌を高める「お祈り」の効果

オキシトシンは以前から幸福感や愛情と深い関わりがあること、母乳の分泌を促す作用があることがわかっていました。近年の研究からストレスを抑えたり自律神経を調整したり、免疫力が高まったり、体の痛みを抑えたりといった効果があることが次々と証明されてきたのです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック院長)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)