「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

4年前のことです。妻に連れられて病院へ行き、カテーテルを用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れ」とのこと。さらに糖尿病も見つかったのです。知人にすすめられ、私が行ったのは「オクラ水」でした。【体験談】名引文葊(兵庫県・76歳・住職) 


2本の冠動脈が詰まり修復不可能と宣告された

 これまで病気知らずのまま過ごしてきた私が、入院を余儀なくされたのは、4年前のことです。

 寺の住職である私の朝は、3時半から始まります。ところが、その日は目覚めた瞬間、吐き気、発汗、震えが起こりました。「横になっていたら、そのうちよくなるだろう」と思ったのですが、いっこうに治まる気配がありません。

 見かねた妻に連れられて病院へ行き、カテーテル(医療用の管)を用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れで、修復はできない」とのことでした。

 こうして、心臓の薬を飲み続けながら、残された1本の血管だけで生きていく私の生活が始まったのです。

 退院後、起床時間を1時間遅らせて4時半にしたものの、1時間の朝勤(早朝に行うおつとめ)を終えたあとに朝食をとると、体がだるくてしかたありません。10〜20分は横にならないと、まともに動けませんでした。13歳のときから毎朝行っている水浴も、医師に止められました。

 また、病院に運ばれたときの検査で、糖尿病であることもわかりました。なんと、血糖値が170mg/dlを超えていたのです(基準値は110mg/dl未満)。ヘモグロビンA1cも、7・8%ありました(過去1~2ヵ月の血糖状態がわかる指標。基準値は4・6~6・2%)。
 こうして、心臓の薬とともに、糖尿病の薬も飲むことになりました。しかし、薬を飲んでも、血糖値はあまり下がりませんでした。
 知人から「オクラ水を飲んでみたら?」と勧められたのは、おととしの9月です。なんでも、血流をよくする作用があるとのこと。「体にいいことは、なんでもやってみよう」と思った私は、早速、家族5人でオクラ水を飲んでみることにしました。

冠動脈の詰まりが解消した名引さん

「まだ10年は大丈夫」不思議顔の医師が太鼓判

 我が家のオクラ水の作り方は、次のとおりです。

 1袋分のオクラ(8〜10本)のヘタを切り、切り口を下にして500mlの空のペットボトル2本に分けて入れ、水を注いで冷蔵庫に入れています。前日の夜に作って、翌日にコップ3分の1杯ずつ飲んでいます。家族5人で飲むので、1日でなくなります。
 漬けたあとのオクラは、翌朝のみそ汁に入れて食べます。寺では、一汁一菜でみそ汁が欠かせないので、ちょうどオクラがムダなく使えるのです。

 私がオクラ水を飲むのは、食前です。特に朝は、起きてすぐに水がわりに飲むと、口の中がスッキリするので、そのあとの読経が、楽に行えます。とろみや味も、特に気になりません。

 オクラ水を飲むようになって8ヵ月ほど経った昨年の5月ごろには、なんとなく体の調子がよくなってきたと感じました。朝勤を終え、朝食を食べたあと、体がだるくなることがなくなったのです。

 そこで、6月に再びカテーテル検査を受けたところ、驚くことに、詰まっていた2本の冠動脈が、元どおりに流れていました。医師は、「あんたの体は不思議だ」といいながら、「まだ10年は大丈夫だろう」と太鼓判を押してくれました。

 その少し前から徐々に下がってきていた血糖値も、6月の検査で、ついに正常値になりました。ヘモグロビンA1cも、6・2%まで低下しています。

 そして、心臓と糖尿病、併せて9種類も飲んでいた薬は、一つ減り、二つ減り、現在は6種類にまで減っているのです。
 今は、朝4時に起きたら、一度も横になることなく、1日を通して仕事ができます。医師の許可がおり、朝の水浴も再開しました。これまでの日常を取り戻すことができて、ほんとうにありがたいです。

 いっしょにオクラ水を飲んでいる妻は、飲み始める少し前から、下肢静脈瘤(足の血管がふくれてコブができる病気)に悩まされていました。ふくらはぎがミミズ腫れになり、あまりの足の痛さに、手術の予約までしていたほどです。

 ところが、オクラ水を飲み始めて3日もすると、ふくらはぎの腫れがスーッと引いていきました。痛みが治まり、手術を回避できたと喜んでいます。

 体にいいことは間違いないと感じているので、1年以上経つ今も、家族全員でオクラ水を飲み続けています。

細い血管の汚れが取れて糖尿病や静脈瘤に効いた(市橋クリニック院長 市橋研一)

 心筋梗塞を起こした血管が、ここまでよくなったとはすばらしい!オクラ水の実力に、あらためて驚いています。

 私はこれまで、オクラ水を飲み、足の静脈の老廃物が取れてきれいになった数多くの症例を、画像でも確認してきました。頸動脈の血栓(血の塊)がなくなったという報告も受けています。オクラ水には、血管の詰まりを取る効果が、確かにあるのです。

 名引さんの糖尿病が改善し、奥様の静脈瘤が消えたことも、恐らく、オクラ水によって毛細血管、細動脈、細静脈の汚れが取れて、血流がよくなったからでしょう。ご家族で熱心に飲まれているのは、健康維持のために、非常によいことです。

→「オクラ水」の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【大学病院の実験で判明】コラーゲンはやはり「効果あり」食べると血管が若返り動脈硬化が改善する

【大学病院の実験で判明】コラーゲンはやはり「効果あり」食べると血管が若返り動脈硬化が改善する

医学界・科学界では「コラーゲンを経口摂取しても、体内のコラーゲンは増加しない」というのが定説です。しかし、私が行った実験で、その定説を覆す実験データが出ました。ブタ由来のコラーゲンに、動脈硬化改善作用があることが示されたのです。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合心療内科特任教授・抗加齢予防医療センター長)


140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

糖尿病の投薬治療を受けていたものの血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました。追い打ちをかけるように、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれたのです。私が始めたのは「オクラ水」でした。血糖値が、なんと90mg/dLに下がったのです。【体験談】越田隆憲(兵庫県・51歳・トラック運転手) 


血糖値とコレステロール値が下がって無理なく痩せた!「かかと落とし」で健康意識も高まった!

血糖値とコレステロール値が下がって無理なく痩せた!「かかと落とし」で健康意識も高まった!

年を重ねるにつれ、血糖値が徐々に上がってきていることには、気がついていました。健康診断でこでまでで最も高い135mg/dlを記録し、ショックを受けました。LDL、いわゆる悪玉コレステロールの値も159mg/dlと高めでした。テレビの健康番組で知ったのが「かかと落とし」です。【体験談】田中睦夫(仮名・愛知県・67歳無職)


【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【医師解説】糖質制限中の油の取り方 ― 取るべき油、注意する油

【医師解説】糖質制限中の油の取り方 ― 取るべき油、注意する油

私のクリニックでは、糖質制限食を指導しつつ、こうした良質な脂質を摂取することをお願いしています。糖尿病の食事療法は、継続してもらわないと効果が現れません。良質な脂質をとるなど、満足感を得られる工夫をして、楽しい食事を続けていただきたいと思います。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング