【ニンニクスープの効果】ひざ痛、腰痛、老眼も改善する若返りスープ

【ニンニクスープの効果】ひざ痛、腰痛、老眼も改善する若返りスープ

ニンニクスープはアレルギー症状に対する効果だけにとどまりません。その効能には、「ひざ痛や腰痛、肩こり、冷え症などが改善した」「耳鳴り、夜間頻尿が軽減した」などの声が寄せられているのです。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


肌がツルツルになり深いシワが取れた!

別記事では、ニンニクスープのアレルギー症状に対する効果についてお話ししましたが、効能はそれだけにとどまりません。
「ひざ痛や腰痛、肩こり、冷え症などが改善した」「耳鳴り、夜間頻尿が軽減した」などの声が寄せられているのです。

ここでは、ニンニクスープを飲んだことで、症状が軽快したかたがたのお話をご紹介しましょう。

Tさん(55歳・男性)は、15年前にウイルス性の慢性肝炎にかかりました。
そのときの肝機能値はAST(GOT)が110、ALT(GPT)が90で、基準値をはるかに上回っていました(基準値はいずれも30以下)。

病院から処方された薬の副作用で体調が悪化したため、薬をやめ、ニンニクを2片焼いて、毎日食べるようにしました。
すると、なんと3日後に肝機能値が降下し始めたというのです。

以来、みそ汁やスープなどにニンニクのすりおろしを入れた、ニンニクスープを飲むのを習慣化したTさん。
おかげで、肝機能値はずっと基準値で安定しているそうです。

Nさん(63歳・女性)は、右ひざが絶えず痛み、寒くなると悪化していました。
変形性膝関節症と診断され、薬を飲み、電気治療や指圧も受けましたが、効果がありませんでした。

雑誌で知ったニンニクスープを飲み始めところ、2〜3日後から肌がツヤツヤになり、化粧のりがアップ。
そして、3週間後くらいからひざ痛が薄らぎ、気づいたら痛みがなくなっていたそうです。

元鍼灸師のUさん(65歳・女性)は、元来の虚弱体質に更年期障害が重なり、虚脱感や倦怠感に悩まさていました。
ニンニクのすりおろしを、朝食のスープやみそ汁に入れて飲むようにしたところ、胃腸の調子がよくなって食欲が回復。

肌に血色が戻ってツルツルになり、深いシワが取れたといいます。
体に力がよみがえり、別人のように元気になりました。

同様にニンニクスープを飲んでいたUさんのご主人は、夜中に4回もトイレに起きていた夜間頻尿が、すっかり改善したそうです。

Kさん(67歳・女性)は高血圧に悩んでおり、高いときには200mmHgを超えていました(基準値は140mmHg未満)。
降圧剤を飲んでも、160mmHgまでしか下がりません。

ニンニク入りのスープやみそ汁を飲み続けたところ、1〜2ヵ月で血圧が下がり、130mmHg台で安定。
低下していた視力も回復し、「針に糸を通せるようになった」と喜んでいます。

飛蚊症が消えた!老眼の進行がストップ

Yさん(63歳・男性)は、ひどい耳鳴りに悩んでいました。
左右の耳の奥で、高い金属音がキーンと鳴り響き、人との会話がうまくいかず、電話の声は全く聴き取れなくなりました。

あるとき、『壮快』でニンニクを入れたみそ汁のことを知り、昼と夜に毎日食べるようにしました。
すると、始めて1週間後から耳鳴りが軽減。その後も続けると、耳鳴りが完全に消失し、白内障による飛蚊症もなくなったというのです。

Sさん(74歳・男性)は、ニンニクを入れたみそ汁を食べ始めてから、目の疲れを感じなくなり、老眼の進行がストップ。
高かった血圧も、ほぼ基準値で安定しました。持病の腰痛も改善し、痛みや張り、だるさなどを感じなくなったそうです。

Fさん(64歳・女性)は、みそ汁にニンニクを入れて食べるようにしたところ、すぐに便秘が解消して1日2回の快便に一変。
4kgの減量にも成功したそうです。

このように、ニンニク入りのスープは、多岐にわたる健康効果を得られます。
気になる「におい」も、スープやみそ汁などに入れることで和らぐので安心です。

また、スープなど、温かい汁物に加えることで、体の冷えを取る効果も得られ、免疫アップや代謝の向上に役立っていると考えられます。
体にいいだけでなく、ニンニクを加えることで、スープやみそ汁にコクが出ておいしくなります。

ぜひ、毎日の食習慣に取り入れてみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

私が目指したのは、元サッカー選手の中田英寿さんのような「細マッチョ」。今回ご紹介する「家トレ」は、余分な体脂肪を落とし必要な筋力を維持するためのトレーニングです。高齢者はもちろんのこと、ひざや腰が悪い人こそ積極的に行ってください。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


【腰痛改善・再発予防】猫背を矯正して体を左右対称に戻すセルフケア「肩の後ろ回し」

【腰痛改善・再発予防】猫背を矯正して体を左右対称に戻すセルフケア「肩の後ろ回し」

前かがみで仕事をしたりスマートフォンを操作したりすることが多い現代人は、肩甲骨が外側に開き、肩が前に出てネコ背になっています。この状態を「巻き肩」とか「肩が巻いている」といいます。重心を戻すには、この前傾姿勢を正さなければなりません。腰痛の改善・再発予防に「肩の後ろ回し」を紹介します。【解説】笹岡丈裕(笹岡整骨院院長)


【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

耳下腺への刺激は、唾液の分泌だけでなく、ストレスを除去する働きもあります。副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整うことで、血圧や血糖値の降下、耳鳴りやめまいの緩和、うつ病や不眠など精神疾患の改善が期待できるでしょう。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【新常識】歯周病を招く原因の一つは「カルシウムの取りすぎ 」対策は「昆布水」が有効

【新常識】歯周病を招く原因の一つは「カルシウムの取りすぎ 」対策は「昆布水」が有効

「1日1杯のコンブ水が歯や骨を丈夫にします」というと「カルシウムを十分にとっているからコンブ水なんて必要ない」と思う人がいるでしょう。しかし、その考えは大きな誤りです。世界の歯科学会では「歯周病は感染症ではない」という新しい理論が支持され、新常識になりつつあります。【解説】小峰一雄(小峰歯科医院理事長・歯学博士)


最新の投稿


側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

飲む水の量が足りないと、高齢者はすぐに脱水を起こし、熱が出たり肺炎になったりします。そこで、脱水を防ぐために、患者さんに十分な量の水を飲ませるケアを始めたところ、認知症の特徴的な症状がよくなる人が続出したのです。【解説】竹内孝仁(国際医療福祉大学大学院教授)


【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案し、患者さんに勧めてきました。小指シップには、交感神経の緊張をほぐしたり、首すじのこりをゆるめたりする作用があります。そのため、不眠をはじめとするストレス性の症状に効果を発揮するのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


【考案医師が回答】小指シップQ&A ― どんなシップを使えばいい?どのくらい貼ったらいい?

【考案医師が回答】小指シップQ&A ― どんなシップを使えばいい?どのくらい貼ったらいい?

これまで健康雑誌『安心』で何度かご紹介してきましたが、最近、ツイッターで小指シップが話題になっていると聞いてびっくりしています。小指シップで不眠や疲労が改善したというツイートに、フォロワーが盛り上がっているそうです。【解説】安田譲(安田医院院長)


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


ランキング


>>総合人気ランキング