【喘息改善】解毒スープで肝臓の負担減を!毒素排出はたったの2時間後

【喘息改善】解毒スープで肝臓の負担減を!毒素排出はたったの2時間後

私の医院では、肝臓に直接関係する症状がなくても、解毒が必要と思われる人には、タマ皮スープを勧めています。試してもらうと、症状の改善に伴い、肝機能値も下がるケースがよくあります。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


解毒効果の高い五つの食材を厳選!

現代人は、肝臓が非常に疲れやすい状況にあります。
なぜなら、私たちが口にする食品の多くに、農薬や食品添加物がたっぷり使われているからです。

食品添加物などの有害物質の摂取量は、平均すると、1人当たり、年間4〜5㎏にも上るといわれています。
このため、体内の解毒器官である肝臓は、常に有害物質の処理に追われているのです。

なかには、ウイルス感染など特定の原因がなくても、血液検査をすると肝機能値が高い人もいます。
肝臓が疲れると、そのしわ寄せが腎臓にいくため、腎機能の低下にもつながります。

また、体内では、消化・吸収・排泄という、代謝機能によって解毒が行われます。
代謝には、マグネシウムや亜鉛といった、ミネラルが必要です。

有害物質をたくさんとっていると、こうした体内のミネラルが足りなくなってきます。
その結果、代謝が悪くなり、体にはますます毒素がたまるという悪循環が起こってくるのです。

そこでお勧めするのが、毒出し効果に優れた「タマ皮スープ」です(作り方は下画像参照)。
主体となるタマネギの皮には、ポリフェノールの1種であるケルセチンという成分が多く含まれています。

このケルセチンには、抗酸化作用、抗炎症作用、血流改善作用に加えて、強力な解毒作用があります。
そしてこのスープは、タマネギの皮のほかにも、私が研究を重ねて厳選した、解毒効果の高い食材を組み合わせています。

マイタケは、豊富な食物繊維が便通を促進し、有害物質の排出に役立ちます。
ゴボウも同じく食物繊維が豊富で、なかでもリグニンという成分が解毒効果を発揮します。

ショウガは、体を温めて、発汗・血行を促進することで、解毒作用が期待できます。
パセリは、有害金属の排出に有効な食材として知られるほか、代謝に必要なマグネシウム、亜鉛も多く含んでいます。

味つけに使う塩は、やはりマグネシウムやカルシウム、カリウムなどのミネラルが豊富な自然塩を用いてください。
タマネギの皮や野菜は、必ず水洗いします。

ゴボウとショウガは皮をむいて使ってください。
スープが出来上がったら、タマネギの皮だけ取り除きます。

ほかの野菜は、具としてスープといっしょに食べます。
タマ皮スープは、この5種類の野菜を組み合わせることで相乗効果を発揮します。
ですから、ほかの食べものといっしょにとることは避け、食前の空腹時にとってください。

最初の3日間は、朝食と夕食の前に100㎖ずつとりましょう。
そのあとは、週に1〜2回、朝か夜に100㎖とればけっこうです。

飲んで2時間で大量に有害物質を排出

私は医院のスタッフ6人の協力を得て、タマ皮スープの毒素排出効果を確かめる実験を行いました。
対象としたのは、食品添加物(ジブチルヒドロキシトルエン)や、有害金属(水銀、アルミニウム、鉛、カドミウム、ヒ素)などです。

すると、スープを飲んだ2時間後には、有害物質の尿中への排出が、飲む前と比べ、大量にふえたことが確認されたのです。
ふだんから、農薬や添加物をとらないように注意している私たちの尿から多く排出されたということは、かなりの毒素排出効果があるといえるでしょう。

ただ、どんなに気をつけていても、有害物質は日々私たちの体に入ってきます。
毒を出すだけでなく、入る量も少なくなるよう、ふだんから加工食品の摂取は極力控えることも大切です。

こうして、タマ皮スープで体内の毒素を排出すれば、肝臓の負担をへらすことができます。
私の医院では、肝臓に直接関係する症状がなくても、解毒が必要と思われる人には、タマ皮スープを勧めています。

試してもらうと、症状の改善に伴い、肝機能値も下がるケースがよくあります。
毒素が排出されて代謝がよくなれば、さまざまな病気や不快症状が改善してきます。

特に、花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎などの、アレルギー疾患の改善例は多数あります。
まずは、日ごろ疲れている肝臓をいたわるつもりで、タマ皮スープを実践してみてください。

そして、ご自身の健康維持のためにも継続してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

「“やせ酸”効果で、即やせる!」「血圧・血糖値・コレステロール値が改善!」「花粉症などのアレルギー症状に有効!」など幅広い健康効果が魅力の、玉ねぎヨーグルト。管理栄養士考案のおいしい食べ方をご紹介します。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【花粉症が改善】難しさゼロ!気楽で美味しい私の「だしの取り方」を公開 

【花粉症が改善】難しさゼロ!気楽で美味しい私の「だしの取り方」を公開 

「だしくらい取れないとなぁ」ここ数年、私は心のどこかでそう思っていました。私がだしを取るのは年2回。そんな私が、一昨年、ついに憧れの「だし生活」を始めたのです。きっかけは、年末に札幌の実家に帰省したとき、母が作ってくれた年越しそばが、ものすごくおいしかったことでした。【解説】梅津有希子(ライター・編集者・だし愛好家)


【アレルギー性鼻炎】原因と症状 対策とコツ「布団の干し方・鼻うがい」のやり方

【アレルギー性鼻炎】原因と症状 対策とコツ「布団の干し方・鼻うがい」のやり方

アレルギー性鼻炎の患者数が増えている理由は、アレルギーの原因物質「アレルゲン」の増加です。アレルゲンにはスギ・ヒノキなどの花粉といった季節性のものと、ハウスダストのような通年性のものがあります。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)