【女性の悩み】お尻にサラシを巻くと夜間頻尿が改善!私は腰痛が解消!

【女性の悩み】お尻にサラシを巻くと夜間頻尿が改善!私は腰痛が解消!

腎を元気にするには、とにかく温めることが重要なのです。おしりを温めて腎機能が高まれば、体内の水の巡りがよくなるので、むくみや冷えも改善します。もともと、高血圧の治療薬は利尿剤なので、水分代謝がよくなれば血圧の降下にもつながるでしょう。【解説】北濱みどり(グリーン健康会代表・漢方家(国際中医師A級))


腎を元気にするにはとにかくしりを温めよ

一般的に、現在の医学の基盤となっているのは、西洋医学です。
それに対して、古来、中国では独自の医学体系が発展してきました。

それが、中医学と呼ばれるものです。
この中医学の観点からすると、おしりを温めることは、健康を維持するうえで、とても理にかなった方法といえます。

というのも、腎機能を高めることにつながるからです。
腎は、血液を含む体じゅうの水分をつかさどる臓器です。

腎機能が低下すると、体内の水分や血液の巡りが悪くなります。
すると、酸素や栄養が体の隅々まで行き渡らなくなり、不純物も浄化されません。

それがさまざまな不調を招いたり、老化を促進させたりするのです。
よって、腎機能を高めることは、健康を保つうえでとても大切といえます。

中医学では、「健康の要は腎にあり」という格言もあるほどです。
その一方、腎のもう一つの特徴として、冷えに弱い点が挙げられます。

腎を元気にするには、とにかく温めることが重要なのです。
おしりを温めるということは、つまり骨盤内を温めるということです。

腎臓は骨盤のすぐ上にあるので、おしりを温めれば腎臓も温まります。
また、中医学では、腎を腎臓という臓器単体ではなく、「腎臓グループ」という大きな全体像でとらえます。

同じグループに属するものは、互いに影響を与え合うと考えられています。
この腎臓グループには、膀胱や生殖器が含まれます。

これらも骨盤内にあるため、おしりを温めることは、腎グループ全体の機能向上につながるのです。
加えて、腎臓の経絡は、足の内側から骨盤のほうへとつながっており、膀胱の経絡は足の裏側から、おしりの中央を通っています。

経絡とは、気き(東洋医学でいう生命エネルギー)の通り道のこと。
経絡への刺激は、それに対応した臓器の活性化につながります。

おしりを温めれば、膀胱や腎臓の経絡が温熱によって刺激されるため、その点からも腎機能の向上が望めるのです。

就寝時に巻いたら夜間頻尿が改善した!

おしりを温める方法としてお勧めするのは、サラシを巻くことです。
サラシを何重かに巻くと、空気の層ができて保温力が高まります。

綿素材なので吸汗性にも優れ、夏場でもベタつきません。
また、伸び縮みしないので、締まりすぎて血行を妨げないのもよい点です。

おしりサラシのやり方ですが、まず、市販のサラシを用意して、2/3幅(約20cm)×5mの長さに切りましょう。
それを、股関節からウエスト辺りまで、おしりを覆うように巻いていきます。

2周するごとに、下から上へサラシを折り返してください。
あおむけに寝て、腰を浮かせた状態で巻くとしっかり固定されますが、この体勢が難しいかたは、立ったまま巻いてもかまいません。

サラシは、朝起きてから夜寝るまで、1日じゅう巻いているのが理想です。
ただ、日中に巻くのが難しいかたは、夜だけ巻いてもよいでしょう。65歳の女性は、就寝時におしりサラシを行ったら、トイレに起きる回数がへったと喜んでいました。

このような夜間頻尿、また膀胱炎など泌尿器系の症状のほかに、生理痛や子宮筋腫、不妊など、婦人科系の疾患にもおしりサラシは有効です。

2度流産し、その後も3回不正出血があって、なかなか妊娠できなかった25歳の女性は、おしりサラシを始めて約1ヵ月で妊娠。
無事に元気な赤ちゃんを出産しました。

おしりを温めて腎機能が高まれば、体内の水の巡りがよくなるので、むくみや冷えも改善します。
もともと、高血圧の治療薬は利尿剤なので、水分代謝がよくなれば血圧の降下にもつながるでしょう。

骨盤の下からウエストまでをサラシでしっかり支えることで、腰痛も予防できます。
私自身、20歳のとき交通事故で腰椎を骨折してから、たびたび腰が痛み、動けなくなることがありました。

それが、おしりサラシによって、腰が痛むことがなくなり、長時間でも立ち続けられるようになったのです。
さらに、姿勢がよくなって背すじも伸び、おなかも引き締まってきました。

皆さんも、ポカポカ温かなおしりサラシで腎機能を高め、全身の健康とアンチエイジングにお役立てください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【中指の一点刺激】職業病とあきらめていた腰痛がたった30秒で軽快してびっくり!

【中指の一点刺激】職業病とあきらめていた腰痛がたった30秒で軽快してびっくり!

40代になってからは、日常的に腰痛に悩まされるようになりました。朝、起き上がったときから、すでに腰がつらいのです。腰をかばいながら、仕事を続け、我慢できなくなると整骨院などに通う状態でした。職業病だと半ばあきらめつつ、さまざまな治療を受けていました。【体験談】加山雅夫(仮名・会社員・47歳)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング