バナナ酢で【便秘症を改善】毎朝お通じ ウエストが痩せて10kgダイエットに成功

バナナ酢で【便秘症を改善】毎朝お通じ ウエストが痩せて10kgダイエットに成功

私は以前から、ひどい便秘に悩まされてきました。便秘症になったのは、長距離通勤が原因かもしれません。通勤電車の中で便意を感じても我慢することが多かったのです。そんな習慣が便通を妨げたのではないかと思います。私が巡り合ったのが、「バナナ酢」でした。【体験談】根岸正雄(仮名・茨城県・71歳無職) 


酢に漬けたバナナも毎朝1本食べている!

 私は以前から、ひどい便秘に悩まされてきました。お通じがあるのは、3〜4日に1度があたりまえ。トイレで長時間いきんだ末に、わずかな量が出るという感じでした。

 便秘症になったのは、60歳で定年退職を迎えるまでの長距離通勤が原因かもしれません。当時、茨城県の自宅から都内の会社まで、往復4時間以上かけて通っていました。通勤電車の中で便意を感じても、我慢することが多かったのです。そんな習慣が、便通を妨げたのではないかと思います。

 医師に相談して、薬を処方してもらったこともありました。3種類もの便秘薬を3ヵ月ほど飲み続けましたが、便秘は改善しませんでした。当然、服薬も通院もやめました。

 起床直後に冷たい水を飲んだり、ヨーグルトに塩を入れて水で割って飲んだりもしてみましたが、効果はなし。何か私に合う方法はないものかと、ずっと探し求めていたのです。

 そんな私が巡り合ったのが、「バナナ酢」でした。1年ほど前、『壮快』でバナナ酢の特集があり、「お通じがよくなる」と書いてあったのです。

『壮快』では、電子レンジで作る方法が載っていましたが、私は少しアレンジしています(基本的な作り方は下記の図を参照)。
 バナナ2本を2〜3cm幅に切り、容器に入れて100mlの酢を入れます。ふたをして3日ほど常温に置くと、バナナのエキスが酢に染み出て、バナナ酢が出来上がります。

 私の場合、朝昼晩の食前に、バナナ酢を大さじ1杯ずつ飲んでいます。そのまま飲んだり、水やお湯で割ったりします。朝食のときは、酢に漬けたバナナを1本分、食べています。

ベルトの穴が四つ分縮まった!

 バナナ酢は、いろいろな料理にも使います。サラダをはじめ、コロッケやてんぷらにかけたり、納豆に混ぜたり。これがなかなかおいしいのです。

 このようにバナナ酢を利用すると、1回に作る量は2日でなくなります。そのため、1日おきにバナナ酢を作っています。
 バナナ酢を飲み始めてから10日め。朝食を終えた10分後くらいに、これまでになかった強い便意を催しました。トイレに行くと、全く力を入れないのに、たちまちストーンと大量の便が出たのです。びろうな話で恐縮ですが、便器をのぞいたとき、その量にビックリしました。

 それ以来、バナナ酢を飲み続けているおかげで、毎朝お通じを欠かしたことはありません。1日に2回出ることもあります。毎回、理想的なバナナ便が出て、うれしい限りです。

 さらに、ダイエット効果もありました。
 私は、いつも健康診断で「やせてください」と注意されていました。そのため、ウォーキングをしていたのですが、いっこうにやせなかったのです。

 それが、バナナ酢を飲み始めたら、食事と運動の量は変わらないのに、1ヵ月に1kgくらいずつ、体重が減っていきました。身長は172cmで、元の体重は71kgでしたが、この1年間で10kgも減って、今は61kgです。

 ウエストも細くなりました。以前はウエスト82cmのズボンをはいていましたが、どんどん緩くなり、現在では76cmです。ベルトの穴も四つ分縮まり、健康診断でも注意されなくなりました。

 血液検査の結果も改善しています。昨年は、肝機能値と中性脂肪値が基準値を少し超えていましたが、今年は両方とも基準値内に収まっていました。これもバナナ酢のおかげでしょう。

漬けたバナナも食べて速やかに便秘が解消(里見英子クリニック院長 里見英子)

 便意が起こったときに我慢することで、便秘になる人は少なくありません。老廃物が腸に長期間留まると、肥満や生活習慣病、老化の原因にもなります。ある意味、便秘は万病の元といえるのです。

 漬け酢だけでなく、漬けたバナナも食べることで、不溶性食物繊維も摂取できます。それが、速やかな便秘解消につながりました。また、しょうゆやソースのかわりにバナナ酢を使うと、減塩になるのもいいですね。

 胃の弱い人は、バナナ酢を水やお湯で薄めて飲みましょう。

バナナ酢の基本的な作り方

❶皮をむいたバナナ100gを2cm厚さの輪切りにする。

❷広口瓶に、氷砂糖か黒糖を100gと①、好みの酢を200ml注ぐ。

❸ふたはせず、電子レンジに入れ、500Wなら40秒、600Wなら30秒、加熱する。

❹電子レンジから取り出し、ふたをして常温に置き、翌日から飲める。
1年間保存できるが、気温の高いときは冷蔵庫に入れるとよい。
*朝、昼、晩の食前に大さじ1杯ずつ飲む。ストレートでも水割りでもよい。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜ス―プ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜ス―プ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

生甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑制するため、シミの増加を防ぎ、美白効果があります。また、毒出し効果が高いビタミンB群も、生甘酒には豊富です。通称「美肌のビタミン」とも呼ばれ、シワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。【解説】和田清香(ダイエットエキスパート)


【ゆるい糖質制限】こそ効果 "外食メニューとコンビニ商品" お勧めを医師が測定

【ゆるい糖質制限】こそ効果 "外食メニューとコンビニ商品" お勧めを医師が測定

糖尿病の患者さんに糖質制限ダイエットを指導していますが「糖質制限すると外食ができません」という声が多く聞かれます。そこで私は、糖質を控えたい人が外食やコンビニでもメニューを選びやすいように、自らの体を使って、外食後の血糖値の変化や満足感などを調べることにしたのです。【解説】亀川寛大(なごみクリニック院長)


【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(2)

【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(2)

タマネギは、どんな料理にも応用の効くおいしい万能食材。1年を通して安価で手に入りやすいことも大きな利点です。豊富な栄養素を含み健康パワーも満点。「糖尿病や高血圧を改善したい」「ダイエットに成功したい」というかたは、特に積極的に摂取すべき野菜です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング