うんちが残ってる感じ【残便感】がスッキリ!薬が効かない便秘に「この体操」

うんちが残ってる感じ【残便感】がスッキリ!薬が効かない便秘に「この体操」

当時、高血圧と高血糖で受診していた病院の医師に勧められ飲み始めた便秘薬で便秘症になってしまったのです。便秘薬のほかにも何か方法はないか、と思っていたところ、偶然目にした週刊誌に「便秘に効く体操」というのが載っていました。すぐにできそうだったので、早速始めました。【体験談】大塚幸信(仮名・愛知県・82歳無職)


病院の便秘薬を飲んでも出ない日が何日も続いた

 私は10年くらい前から、便秘薬を飲んでいます。

 当時、高血圧と高血糖で受診していた病院の医師に「これ、いいよ」と、便秘薬を勧められました。私は、特に便秘症というわけではなく、「たまに出ない」程度でしたが、「先生が勧めてくれるなら」と、便秘薬を飲み始めたのです。

 最初の数年間は、毎日確実にお通じがありました。ただし、軟便で、自力で自然に出すわけではないので、気持ちのよい出方ではありません。それでも飲み続けたのは、「薬をやめたら出なくなるかもしれない」と思ったからです。

 5年ほど経ったころ、「あれ? 今日は出なかった」という日が増えてきました。そして、今から3〜4年前からは、何日も出ない日が続くようになり、完全な便秘症になりました。病院の便秘薬を飲んでいるにもかかわらず、です。

 3〜4日便秘が続くと、おなかが張って食欲も落ちます。内臓全体がスッキリしないので、気分もよくありません。やっとお通じがついても、スッキリ出切らない感じで、残便感がありました。

 便秘薬のほかにも何か方法はないか、と思っていたところ、偶然目にした週刊誌に「便秘に効く体操」というのが載っていました。すぐにできそうだったので、早速始めました。

 体操といっても、全身運動ではなく、手足をもみほぐしたあと、足首を回すだけです。

便秘に効く「足首回し」のやり方

❶手の中指を、先から根もとへ1分もむ。

❷手の薬指を、先から根もとへ1分もむ。

❸手のひらの中心を1分もむ。
*①~③を左右の手に行う。

❹足の裏の拇趾のつけ根を1分、土踏まずを1分もむ。

❺ふくらはぎを下から上へ1分もむ。

❻すねの内側を上から下へ1分もむ。

❼足の指の間に手の指を挟み込んで持ち、足首を回す。右回り10回、左回りを10回、これを1セットとして10セット行う。
*④~⑦を左右の足に行う。

 まず、手の指をもみます。中指を先から根もとに向けて、1分ほどくり返しもみます。薬指も同じようにしたら、手のひらの中心をもみほぐします。これも1分ほどです。左右の手を同じようにもみます。

 次に足です。足の裏の拇趾(親指)のつけ根の下にあるふくらみを、1分ほどもみます。そのあとに、土踏まずを1分間もみほぐします。そして、ふくらはぎを下から上に1分ほど、くり返しもみ上げ、すねの内側を上から下に1分ほどもみます。

 最後に、足の指の間に反対側の手の指を挟み込んで持ち、足首を回します。右回りを10回、左回りを10回、これを1セットとして10セット行うので、合計200回、回します。左右の足に行います。

 これを、毎日3回実行しています。朝は起き抜けに、夜は寝る前に、布団の上でやっています。昼は、食事の前にテレビを見ながらやります。

82歳で足取り軽快! 歩くスピードがアップ!

 1ヵ月ほど続けたころでしょうか、便が気持ちよく出るようになりました。おなかの中の物がすっかり出切った感じで、すがすがしい気分です。

 また、この足首回しをするようになってから、足の動きがよくなりました。私はほぼ毎日、30分ほど散歩に出かけますが、足取りは軽快です。実際、歩くスピードが上がっています。足をもんだり、足首を回したりすることで、この年になっても気持ちよく歩けます。

 私くらいの年齢になると、健康に気を遣うのは当然ですが、より元気に過ごすために、体のためになることを積極的に実践しようと思っています。

「薬害」という言葉もあるくらいですから、これ以上、薬のお世話になりたくありません。むしろ、薬は減らしたいくらいです。そのためにも、足首回しをはじめ、自分の体に合うことは、続けていくつもりです。

副交感神経が優位になり消化器が動きだした(みらいクリニック院長 今井一彰)

 足の裏には、体の各器官や臓器が投影されています。土踏まずは腸に当たり、もみほぐすことで便通がよくなります。

 また、握足手(足と手を握手するように組むこと)の状態で足首を回すと、末梢の血液循環がよくなります。

 その結果、全身の血流が改善し、臓器や血管を調整する自律神経のうち、消化器を活動的にする副交感神経が優位になります。便秘が改善したのは、そのためでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

私は40歳を過ぎたころから複数の病気に襲われるようになりました。特につらいのは、慢性関節リウマチです。45歳で左手の薬指が痛みだし、症状が広がっていきました。そんな私を心配してくれた知人が、北九州市の葉子クリニックに連れていってくれたのです。【体験談】山本洋子(熊本県・75歳主婦)


「かかと体重」で変形性膝関節症の痛みが消失し手術を回避!外反母趾も改善

「かかと体重」で変形性膝関節症の痛みが消失し手術を回避!外反母趾も改善

私は、登山中、ぬかるみに足を取られて、左ひざをひねってしまい変形性ひざ関節症と診断されました。「手術しないと治らない」といわれた私が手術を回避できたのは、歩き方を変える「かかと体重」を実行したからなのです。【体験談】菊池明子(仮名・京都府・88歳主婦)


黒くてかたいコロコロ便がバナナ便に一変!「切り干しダイコン」で体重も2kg減

黒くてかたいコロコロ便がバナナ便に一変!「切り干しダイコン」で体重も2kg減

年齢とともに腸の働きが悪くなってきたようで、便秘に悩んでいました。お通じは2日に1回はあるもののトイレに入っても便意は起こりません。そんなときに、あるテレビ番組で「便秘の改善に効果抜群」と紹介されていたのが、切り干しダイコンでした。変化が現れたのは3日めくらいだったでしょうか。【体験談】中田孝子(茨城県・52歳主婦) 


バナナ酢で【便秘症を改善】毎朝お通じ ウエストが痩せて10kgダイエットに成功

バナナ酢で【便秘症を改善】毎朝お通じ ウエストが痩せて10kgダイエットに成功

私は以前から、ひどい便秘に悩まされてきました。便秘症になったのは、長距離通勤が原因かもしれません。通勤電車の中で便意を感じても我慢することが多かったのです。そんな習慣が便通を妨げたのではないかと思います。私が巡り合ったのが、「バナナ酢」でした。【体験談】根岸正雄(仮名・茨城県・71歳無職) 


頑固な便秘が解消しニキビが消失!いびきも改善したのは 日課の「わき腹呼吸」のおかげ

頑固な便秘が解消しニキビが消失!いびきも改善したのは 日課の「わき腹呼吸」のおかげ

短大に入って独り暮らしをしたとき、食生活の乱れからひどい便秘になってしまったのです。さらに肌荒れもあり、初恋の人から「ニキビだらけの人はちょっと──」と断られたときはショックでした。私は、「便秘の決定打」を探し続け「わき腹呼吸」と出合ったのです。【体験談】奥村三和子(仮名・岡山県・38歳パート勤務)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング