頑固な便秘が解消しニキビが消失!いびきも改善したのは 日課の「わき腹呼吸」のおかげ

頑固な便秘が解消しニキビが消失!いびきも改善したのは 日課の「わき腹呼吸」のおかげ

短大に入って独り暮らしをしたとき、食生活の乱れからひどい便秘になってしまったのです。さらに肌荒れもあり、初恋の人から「ニキビだらけの人はちょっと──」と断られたときはショックでした。私は、「便秘の決定打」を探し続け「わき腹呼吸」と出合ったのです。【体験談】奥村三和子(仮名・岡山県・38歳パート勤務)


顔中のニキビが原因で好きな男性に振られた

 短大に入って独り暮らしをしたときに、困ったのは食事でした。作るのも片づけるのもめんどうで、コンビニ弁当ばかり食べていました。すると、ひどい便秘になってしまったのです。

 1週間出ないことも頻繁でした。いつもおなかのぐあいに気を取られ、人と話していてもうわのそらでした。

 便秘薬も、たびたび使いましたが、私の都合のいいときに効くとは限りません。授業中におなかが「ゴロゴロ」と鳴り始め、教室を飛び出してトイレに駆け込んだこともありました。

 私が本気で便秘を治そうと思ったのは、衝撃的な出来事がきっかけでした。

 23歳のとき、中学時代の初恋の人と再会。期待に胸がふくらんだのもつかの間、最初のデートで振られてしまったのです。

「ニキビだらけの人はちょっと──」と断られたときは、すごくショックでした。
 そのころの私は、便秘のせいで顔中ニキビだらけでした。そこで「便秘を治して、美肌になるぞ!」と決心したのです。

 母の愛読書である『壮快』などを見て、腸を元気にする方法を探して、実行しました。

 比較的効果を実感したのは、白湯でした。3~4年前、「朝いちばんの白湯が腸を動かす」と知り、実践したのです。確かに、白湯を飲むと腸が動きだし、お通じがつきました。

 それでも私は、「便秘の決定打」を探し続けました。そしてついに、今から半年前、「わき腹呼吸」と出合ったのです。

二十年来の低体温が解消しふらつきも改善

 わき腹呼吸は、『壮快』で知りました。わき腹を伸ばしながら大きく呼吸するだけの簡単な健康法です。

 やってみると「腸を動かしている」という実感があり、いかにも効く感じでした。ひととおり行っても3分程度ですが、終わると体がスッキリしました。

 翌朝、またやりました。すると、終わったとたん、便意が来たのです。白湯は、飲んでしばらくしないと催しませんが、わき腹呼吸はまさに即効でした。便座に腰かけたとたん、ストンと便が出たのです。腸の中身がそっくり出たような、きれいな形で感動しました。

 それ以来、わき腹呼吸が朝晩の日課になりました。

 肌の悩みも解決しました。ニキビが消えたどころか、自分でいうのもなんですが、人もうらやむ美肌になりました。

 というのも先日、母が知人から「娘さん、肌がキレイね。何をやっているんですか?」と聞かれたというのです。そのかたの娘さんは、ひどい便秘とニキビに悩んでいるとのこと。すぐに、わき腹呼吸を教えたところ、やはり直後に、1週間続いた便秘が解消したそうです。美肌になるのは時間の問題でしょう。

 わき腹呼吸で、体温も上がりました。10代から平熱が35・6度前後でしたが、今は36・5度です。貧血ぎみで、ふらつくことが多かったのですが、今はそんなこともありません。

 さらに、大音量のイビキも、なくなったようです。母が「このごろ、イビキをかかないね」というのです。

 そこで、わき腹呼吸をやった日と、やらなかった日の「イビキのぐあい」を母に記録してもらいました。すると、わき腹呼吸をやった日は、確実にイビキをかかないことがわかりました。
 わき腹呼吸は、簡単なのに、多種多様な効果が得られます。ぜひ試してほしいと思います。

→わき腹呼吸のやり方はコチラ

ニキビが消えて美肌に一変!

副交感神経が優位になり便通が改善した(日産厚生会玉川病院循環器科副部長 坂田隆夫)

 上体を動かしながら深い呼吸を行うことで、腹圧の上昇や腸管への伸展刺激が起こり、小腸や大腸の壁にある神経に直接、刺激を与えられる可能性があります。また、腹式呼吸によって胸郭と腹部を隔てる横隔膜を動かすと、食道と胃の周囲にある神経叢や、腹腔内の神経叢にも、微弱ながら刺激が伝わります。

 これらの刺激は、消化器の動きを活発にする副交感神経を優位にします。ゆっくりとした呼吸により心身がリラックスしたことと総合的に働き、便通の改善につながったのでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

私は40歳を過ぎたころから複数の病気に襲われるようになりました。特につらいのは、慢性関節リウマチです。45歳で左手の薬指が痛みだし、症状が広がっていきました。そんな私を心配してくれた知人が、北九州市の葉子クリニックに連れていってくれたのです。【体験談】山本洋子(熊本県・75歳主婦)


「かかと体重」で変形性膝関節症の痛みが消失し手術を回避!外反母趾も改善

「かかと体重」で変形性膝関節症の痛みが消失し手術を回避!外反母趾も改善

私は、登山中、ぬかるみに足を取られて、左ひざをひねってしまい変形性ひざ関節症と診断されました。「手術しないと治らない」といわれた私が手術を回避できたのは、歩き方を変える「かかと体重」を実行したからなのです。【体験談】菊池明子(仮名・京都府・88歳主婦)


黒くてかたいコロコロ便がバナナ便に一変!「切り干しダイコン」で体重も2kg減

黒くてかたいコロコロ便がバナナ便に一変!「切り干しダイコン」で体重も2kg減

年齢とともに腸の働きが悪くなってきたようで、便秘に悩んでいました。お通じは2日に1回はあるもののトイレに入っても便意は起こりません。そんなときに、あるテレビ番組で「便秘の改善に効果抜群」と紹介されていたのが、切り干しダイコンでした。変化が現れたのは3日めくらいだったでしょうか。【体験談】中田孝子(茨城県・52歳主婦) 


バナナ酢で【便秘症を改善】毎朝お通じ ウエストが痩せて10kgダイエットに成功

バナナ酢で【便秘症を改善】毎朝お通じ ウエストが痩せて10kgダイエットに成功

私は以前から、ひどい便秘に悩まされてきました。便秘症になったのは、長距離通勤が原因かもしれません。通勤電車の中で便意を感じても我慢することが多かったのです。そんな習慣が便通を妨げたのではないかと思います。私が巡り合ったのが、「バナナ酢」でした。【体験談】根岸正雄(仮名・茨城県・71歳無職) 


うんちが残ってる感じ【残便感】がスッキリ!薬が効かない便秘に「この体操」

うんちが残ってる感じ【残便感】がスッキリ!薬が効かない便秘に「この体操」

当時、高血圧と高血糖で受診していた病院の医師に勧められ飲み始めた便秘薬で便秘症になってしまったのです。便秘薬のほかにも何か方法はないか、と思っていたところ、偶然目にした週刊誌に「便秘に効く体操」というのが載っていました。すぐにできそうだったので、早速始めました。【体験談】大塚幸信(仮名・愛知県・82歳無職)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング