【医師解説】爪もみの疑問にズバリ回答 ― 「やりすぎるとどうなる?」「薬指はもんでいいの?」

【医師解説】爪もみの疑問にズバリ回答 ― 「やりすぎるとどうなる?」「薬指はもんでいいの?」

「やりすぎると害はある?」「薬指はもんでいいの?」爪もみの疑問にズバリ回答!爪もみは、ときとして劇的な変化をもたらすことがあります。とはいえ、この療法の基本は、小さな変化を積み重ねながら、少しずつ体調を向上させることです。【解説】永野剛造(永野医院院長)


→「爪もみ」のやり方はコチラ

「少しだけ痛い」と感じる強さで刺激

Q 毎日、爪もみを続けていますが、症状が改善しません。
やり方が間違っていますか?

A 爪もみは、ときとして劇的な変化をもたらすことがあります。
とはいえ、この療法の基本は、小さな変化を積み重ねながら、少しずつ体調を向上させることです。
小さな変化とは、「手足がポカポカする」「体が軽くなる」「気分がスッキリする」などの反応から始まります。

爪もみを行ったとき、こうした反応を少しでも感じたら、やり方は間違っていません。
「必ずよくなる」と自信を持って続けましょう。


Q 爪もみの刺激をするときは、ずっと押せばいいですか?
それとも、もんだほうがいいのですか?

A 刺激の方法は、どちらでもかまいません。
重要なのは、「少しだけ痛い」と感じる刺激を与えることです。

痛みの感じ方には、個人差があるので、ご自身に合った方法で続けましょう。


Q おかげさまで、爪もみをする習慣がつきました。
手が空いたときに爪もみを行っていますが、やりすぎは厳禁ですか?

A 基本は1日3回ですが、いつものやり方で、気分がよいなら、回数をへらさなくても構いません。
ただし、早く健康になりたいからといって、最初から回数をふやすことはやめましょう。

まずは、基本どおりに1日3回を目安に実行します。
その後、体調の変化を見ながら、徐々に回数をふやしてください。

1日4〜5回であっても、問題はありません。
なお、続けていくうちに、体が爪もみの刺激に慣れてしまい、体調の変化が弱くなったり、気づきにくかったりする場合があります。

体調が完全によくなったら、回数をへらしたり、やめたりしてもいいでしょう。
やめたときは、体調が悪いと感じたら再開してください。


Q 関節リウマチで指が変形しているため、爪もみが上手にできません。
どうすればいいでしょうか?

A 関節リウマチやパーキンソン病などで、手が自由に使えないかたは、つまようじの頭(とがっていないほう)や、ボールペンや割りばしの先端などを利用しましょう。
その際、爪の生え際は、片側だけを刺激してください。

もし、身近に協力者がいれば、代わりに爪もみをやってもらいましょう。
また、左の写真のような、磁気針や携帯用電子針といった、便利なグッズもあるので、それを利用するのもお勧めです。

足の爪もみはトイレで行うのがお勧め!

Q 爪もみ歴15年選手です。
当時は「薬指は刺激しない」と書かれていましたが、10年ほど前から薬指も刺激することに変わりました。なぜですか?

A 5本の指のうち、親指、人差し指、中指、小指の4本は副交感神経を、薬指は交感神経を刺激すると考えられています。
病気のほとんどは、強いストレスによる交感神経の緊張が原因となるため、当初は、薬指を除いた4本の指を刺激するよう指導していました。

しかし、爪もみ療法も日々進化を続けています。
その後の研究で、「5本の指すべてを刺激したほうが、白血球のバランス状態が整う」ことが判明しました。

この研究結果を受けて、爪もみは、5本の指のすべてに行ったほうが、より安全に、高い効果を引き出せると判断されたのです。
これまで、薬指を除いた4本の指の爪もみを続けてきた人も、ぜひ5本指の爪もみに切り替えてください。


Q 私は糖尿病です。症状別のやり方を見ると、薬指は低血糖、小指は糖尿病に対応するとのこと。
二つは逆の症状ですが、爪もみをやっても大丈夫ですか?

A まず、結論をいうと、爪もみを行っても大丈夫です。
確かに、血糖値は交感神経が優位になると上がり、副交感神経が優位になると下がります。

しかし、爪もみは、交感神経と副交感神経をともに刺激し、両者のバランスを整えるものです。
5本の指を刺激すれば、あとは体が勝手に調節してくれるので、あまり細かいことは気にせずに続けてください。


Q 足には、症状別のやり方はありますか?

A 足の爪もみは、下半身の血流を改善し、足のむくみや痛み、頻尿などの緩和に役立ちますが、症状別のやり方はありません。
入浴時や朝晩の着替えの時間などを利用して、5本の指をまんべんなくもみましょう。

とはいえ、手とは違って、なかなか刺激する習慣がつきにくい場所です。
私のお勧めは、トイレの便座に座ったとき、足の爪もみをするように心がけることです。

私の患者さんにも勧めたところ、皆さんそろって、足の爪もみが習慣になりました。
ぜひ、お試しください。


Q 爪もみといっしょに、家庭で行うといい健康法は?

A 入浴、散歩などの適度な運動がお勧めです。
体を温めて、血行を促すことで、爪もみの効果も高まります。

また、ストレスをためないように注意したり、よく笑ったりする習慣を身につけましょう。
「爪もみをやっているから、何をしてもいい」と、悪い生活習慣を続けていては、効果は期待できません。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

「寝床で足をモゾモゾする」だけで病気や痛みが快方に向かう。こう言うと「えっ」と驚くかたもいると思います。しかし、これは実は「操体」という健康法の基本的な動きの1つです。では、操体とはどういうものなのでしょうか。【解説】北村翰男(奈良操体の会主宰・薬剤師・鍼灸師)


【卵の健康効果】下痢・過敏性腸症候群が改善!1日3個の「卵」で腸を強化できた!

【卵の健康効果】下痢・過敏性腸症候群が改善!1日3個の「卵」で腸を強化できた!

私の勧める食養生は、高たんぱく・低糖質が基本です。ちゃんと食べているつもりでも、実は栄養が十分ではないことがあるのです。特に「たんぱく質不足」に陥っている場合が非常に多いのです。では、不足すると、どういったことが起こるのでしょうか。【解説】野村哲也(はり・きゅう丙辰堂治療院院長・養鶏家)


【根治を目指す】腸の難病を克服した医師が勧めるセルフケア3ステップ 患者約100名が薬をやめられた!

【根治を目指す】腸の難病を克服した医師が勧めるセルフケア3ステップ 患者約100名が薬をやめられた!

私が目指したのは、薬で症状をおさえ込むのではなく、本来の意味での根治でした。さまざまな試行錯誤の結果、私は薬をやめても潰瘍性大腸炎の症状が再発しない状態にこぎつけることができました。以来、この年まで一度も症状が出ていません。【解説】西本真司(西本クリニック院長)


【円形脱毛症】で爪がボロボロ?頭皮と爪に栄養を与える「爪もみ」の効果とは

【円形脱毛症】で爪がボロボロ?頭皮と爪に栄養を与える「爪もみ」の効果とは

お勧めしたいのが爪もみです。爪もみは自分で簡単に、安全に自律神経の調整効果を引き出せる治療法です。患者さんにも全員にやらせていますが、早期に爪もみを開始し、積極的に体を温めながら血流の回復を図った人は、1ヵ月後くらいから髪も生えるようです。【解説】永野剛造(日本自律神経免疫治療研究会会長・永野医院院長)


【過敏性腸症候群の治し方】"パンと牛乳をやめる"食事療法でガス腹の症状が改善

【過敏性腸症候群の治し方】"パンと牛乳をやめる"食事療法でガス腹の症状が改善

不調を訴えて来られる患者さんに、私はよく「パンと牛乳をやめてください」といいます。というのも、パンや牛乳は、腸の炎症を引き起こし、さまざまな病気の原因になることがわかっているからです。【解説者】内山葉子(葉子クリニック院長)


最新の投稿


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)