【世界が注目】"骨ホルモン" 血糖値を下げる作用 糖尿病の改善 記憶力の向上に効果

【世界が注目】"骨ホルモン" 血糖値を下げる作用 糖尿病の改善 記憶力の向上に効果

骨はこれまで、骨髄による造血作用は備えつつも、体を維持して運動を支え内臓を保護するかたくて無機質な臓器であると考えられてきました。しかし近年の研究により骨からはホルモンや生理活性物質が分泌されていることがわかってきました。実は骨は内分泌臓器でもあったのです。【解説】平田雅人(福岡歯科大学口腔歯学部客員教授・歯学博士) 


平田雅人
1976年九州大学歯学部歯学科卒業。その後教授を経て、九州大学大学院歯学研究院長。2014年10月、骨で作られるたんぱく質である「オステオカルシン」を経口投与することで血糖値が下がり、全身代謝が活性化することを発見した。17年4月より現職。著書に、『1日1分「かかと落とし」健康法』(カンゼン)がある。

血液中に溶け出た微量の骨ホルモンの作用が判明

 骨の役割というと、読者の皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。

 骨はこれまで、骨髄による造血作用は備えつつも、体を維持して運動を支え、内臓を保護する、かたくて無機質な臓器であると考えられてきました。

 しかし近年の研究により、骨からはホルモンや生理活性物質が分泌されていることがわかってきました。実は骨は、内分泌臓器でもあったのです。

 骨の分泌物のなかでも、注目を浴びているのは、オステオカルシンという物質です。テレビでは「骨ホルモン」と呼ばれ、さかんに話題となっています。それというのも、この物質に多くの優れた作用があることが判明しつつあるからです。

 では、骨ホルモンとは、いったいどんなものなのでしょうか。
 骨の主成分は、リン酸カルシウムの一種で、これが全体の7割を占めます。残りの約2割はたんぱく質、約1割は水です。

 骨ホルモンは、このたんぱく質のうちの、ほんの一部。骨全体に対して、0・4%の割合で存在しています。

 骨は、かたくて丈夫なので、一度できたらそれっきりと思われがちです。しかし実は、絶えず新陳代謝をくり返しています。

 骨を再構築するときに、細胞からたんぱく質が分泌されるのですが、このたんぱく質に骨ホルモンが含まれているのです。

 骨ホルモンの大部分は、新たな骨の材料になり、骨にならなかった一部が、血液中に溶け出します。その量は、骨全体の0・4%の、さらに100万分の1と、ごくごくわずかです。

 しかし、この血液中の微量の骨ホルモンこそが、全身の臓器を活性化し、多くのすばらしい作用を生み出すのです。

膵臓の働きをよくしてインスリン分泌を促進

 では、骨ホルモンには、具体的にどのような作用が期待できるのでしょうか。

 とりわけ優れているのは、糖尿病の改善効果です。2007年に骨ホルモンを発見した、コロンビア大学のジェラルド・カーセンティ教授は、糖尿病のマウスに骨ホルモンを注射する実験を行いました。血糖値を下げるホルモンであるインスリンは、膵臓から分泌されますが、その変化を観察したのです。

 結果、骨ホルモンの作用で、膵臓の働きがよくなり、インスリンの分泌も促進されたことが判明しました。
 加えて、骨ホルモンの分泌量が少ない人は、過去1~2ヵ月の血糖状態を示す指標であるヘモグロビンA1cの値が高い傾向にある、という研究結果も出ています。

 骨ホルモンが糖代謝を高めるという作用については、2013年に私が参加した実験でも、同様の結果を得ました。骨ホルモンをマウスに与えたところ、膵臓でインスリンを作っている細胞が増大し、インスリンの分泌量が増えたことが確認できたのです。

 さらに、同じ実験を高脂肪・高炭水化物のエサで飼育した、マウスで行いました。すると、糖の代謝能力が上がったことに加え、内臓の脂肪細胞が小さくなったのがわかりました。

 また別の研究では、骨ホルモンは肝機能を向上させて、糖質や脂肪の代謝を高めることに役立つと考察されています。これらの結果から、骨ホルモンは、メタボ予防や肥満の改善にも有効といえるでしょう。
 骨ホルモンに期待できる作用は、まだまだあります。

 血中の骨ホルモンが脳に働きかけると、神経細胞の動きが活性化され、それにより記憶力や認知機能が改善されるという研究があります。

 ほかにも、一酸化窒素の産生を助け動脈硬化を防ぐ、活性酸素を減らしてアンチエイジングに役立つ、ガン細胞を攻撃する免疫力の増強といったことが、実験で明らかになっています。

 また、たんぱく質の合成能力を高め筋肉量を増やす、男性ホルモンを活性化させ生殖能力を高める、「長寿ホルモン」と呼ばれるアディポネクチンの分泌を促進するといった作用がある、という報告もあります。

 このように多岐にわたる効能を持つ骨ホルモンを、体内で増やすには、どうすればよいのでしょうか。お勧めの方法があります。それが、「かかと落とし」運動です。なぜ、かかと落としが骨ホルモンを増やすのか、次回、詳しく説明しましょう。

骨ホルモンの健康効果

→「かかと落とし」のやり方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【まるで別人】たるみ・ほうれい線・シワを取る 1回10秒「顔ヨガ」のやり方

【まるで別人】たるみ・ほうれい線・シワを取る 1回10秒「顔ヨガ」のやり方

1回10秒! 表情グセを正して顔のたるみ、ほうれい線、シワを取る「顔ヨガ」をご紹介します。顔ヨガをくり返し行うと、表情筋が鍛えられるため、いつまでも若々しい顔を維持することができますし、表情も豊かになります。早ければ1~2週間で変わり始めます。ぜひ、鏡を見ながら楽しく行ってください。【解説】間々田佳子(顔アスリート)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【美肌効果】シミ・シワを改善するツボを刺激する「爪もみ」のやり方

【美肌効果】シミ・シワを改善するツボを刺激する「爪もみ」のやり方

違うように思われがちですが「病気」と「肌のトラブル」は原因も療法も同じです。病気は主にストレス、疲労などが原因で起きます。一方で、シミ・シワ、くすみ、吹き出物、乾燥肌、肌荒れといった肌トラブルも、これらが主な原因です。【解説】鳴海理恵(気血免疫療法会・VE&BI治療院院長)


最新の投稿


【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)