【医師報告】めまい患者の9割は首がこっている!

【医師報告】めまい患者の9割は首がこっている!

めまいといえば、良性発作性頭位めまい症(耳石が三半規管へ落ちてめまいが起こる)や、メニエール病(めまいや吐き気の発作がくり返し起こる病気で、一般的には耳鳴りや難聴を伴う)といった診断が下されるのが一般的です。ただ、これらの診断基準が当てはまらない患者さんも少なくありません。【解説】入野宏昭(入野医院院長)


めまいは5人に1人が 悩みを抱える国民病

→「めまい」を改善する【首の3点押し】のやり方

 原因がよくわからず、また、治療効果も実感しづらい「めまい」。
 めまいは、もはや4~5人に一人は悩みを抱えているという、国民病の一つです。

 大阪府にある私のクリニックには、府内のみならず、全国からめまいで悩む患者さんが訪れます。
 その症状や原因は多岐にわたり、それぞれの複合例も含めると、めまいの診断や治療は、とても複雑です。

 ところが、めまいといえば、まず耳鼻科で診断を受け、良性発作性頭位めまい症(耳石が三半規管へ落ちてめまいが起こる)や、メニエール病(めまいや吐き気の発作がくり返し起こる病気で、一般的には耳鳴りや難聴を伴う)といった診断が下されるか、耳性めまいは否定的といわれるのが一般的です。

 ただ、これらの診断基準に症状が当てはまらなかったり、診断結果が今ひとつピンとこない。あるいは、治療効果が実感できず、もやもやとした気持ちを抱えながら、転院や再発をくり返している患者さんも少なくありません。
 私のクリニックには、こういった患者さんが多く訪れ、内科をメインに耳鼻科や脳外科、ときには神経内科の視点から、総合的にめまいの診断と治療にあたっています。

 その中でも、特に注目しているのが「首こり」です。
 首がこると、首の筋肉の緊張が強くなり、周囲の血管や自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)を圧迫し刺激します。
 自律神経が圧迫されるとそのバランスがくずれ、首の血流が滞ります。すると、耳への血流も悪くなり、平衡感覚をつかさどる三半規管が正常に働かなくなり、めまいを引き起こすのでは、と当院では考えています。

重度のめまいがある人の頸部。神経が圧迫されて細くなっているのがわかる。また、椎間板の変性や、脳脊髄液の圧迫所見もある。これらにより、交感神経節の緊張が起き、めまいが引き起こされていると考えられる。

首の左側が こっていることが多い

 このような、首に原因のあるめまいを「頸性めまい」といいます。クリニックに訪れる、めまいを持つ患者さんの8~9割は、首こりの症状を持っていることがわかりました。
 めまいのほか、頭痛を併発している患者さんは6割ほど、耳鳴りや難聴を伴う患者さんは4割ほどです。
 このことから、いかに首こりを訴えるめまいの患者さんが多いか、おわかりになるでしょう。

 では、具体的に、首こりとはどんなものなのでしょうか。
 あごを引いたときに浮き出る、耳の付け根から、首のわきを通る胸鎖乳突筋という筋肉があります。
 この胸鎖乳突筋をつまんだとき、痛かったり、ゴリゴリと固まったりしているようであれば、それが首こりだといえます。自覚症状としては、首の付け根から後頭部にかけて重く感じるはずです。

 なお、首こりと肩こりは異なるものです。首こりに対応するのは胸鎖乳突筋ですが、肩こりは主に、僧帽筋という筋肉の緊張です。
 これまで、首こりとめまいの関連については、医師の間でも、あまり重要視されてきませんでした。神経学的に説明できないと言われていたからです。
 しかし近年では、首こりと関連する胸鎖乳突筋から、耳への神経の回路が実験で証明されています。

 また、不思議なことに、首こりは左側が圧倒的に多く、右側に症状が出ることはあまりありません。これは、左側にリンパ管が通っているからではないかと考えています。
 首こりを招く原因は疲労やストレス、骨格のズレのほか、生活習慣や姿勢も大きな要因です。長時間のパソコン作業で、あごが前へ突き出したままの姿勢では、首の筋肉が硬直してしまいます。

 うつむいたままで、スマートフォンを操作したり、寝転がったままテレビを見たり、重いものを持ったりすることも首に負担がかかります。
 頸性めまいの症状がある患者さんのMRIを見ると、首の傾きに異常が見られたり、神経が圧迫されている様子も見て取れたりします。
 さらに、椎間板の変性や、脊髄液の圧迫などが起こることで、交感神経の緊張が起き、めまいが引き起こされると考えられます。
 また、合わない枕や、睡眠中の歯ぎしり、交通事故などによるムチ打ち症なども、原因となるので注意が必要です。

入野宏昭
兵庫医科大学卒業。大阪大学第一内科、大阪医療センター等を経て2009年より現職。日本めまい平衡医学会認定めまい相談医。めまいを内科や脳外科などの観点から総合的に診断治療するほか、インターネット上のめまい相談にも定評がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

私は50歳を過ぎたころから、ふらついたり、フワフワしたりする「めまい」に悩まされるようになりました。初めは更年期障害かと思っていたのですが、何年たっても症状はなくならず、ますますひどくなるばかりでした。【体験談】田所美恵子(仮名●神奈川県●61歳●主婦)


【医師考案】自律神経の乱れを整え不定愁訴に効く「湿布療法」は即効性あり

【医師考案】自律神経の乱れを整え不定愁訴に効く「湿布療法」は即効性あり

ストレスなどで、自律神経のバランスがくずれると、めまい、肩こり、頭痛、不整脈、過敏性大腸炎、パニック障害、うつ病など、さまざまな症状・病気が起こります。長年この病気と向き合ってきて、自律神経疾患の患者さんに必ず強いこりがあることに気づきました。私が考案したシップ療法をご紹介しましょう。【解説】安田 譲(安田医院院長)


「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂 斉(長坂歯科院長)


後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石 健(東京歯科大学市川総合病院 整形外科教授)【取材】山本 太郎(医療ジャーナリスト)


最新の投稿


首のこりをほぐして耳鳴り、めまい、難聴を改善する「あごの円回し」

首のこりをほぐして耳鳴り、めまい、難聴を改善する「あごの円回し」

耳の症状に見舞われた場合、内耳に問題があると考え耳鼻科に通う人がほとんどでしょう。しかしいくら薬を飲んでも、治療を受け続けても、よくならないケースは珍しくありません。それもそのはず。そうしたケースに悩んでいる人は、根本的な原因が、首に潜んでいる可能性が高いといえます。【解説】劉 莉亜(劉先生鍼灸院院長・医学博士)


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング