【やはり最強】花粉症の症状の8割が改善 「粘膜力」がアップする食品はレンコン

【やはり最強】花粉症の症状の8割が改善 「粘膜力」がアップする食品はレンコン

「鼻水やくしゃみがひどい」「目や肌がかゆい」「まぶたが腫れる」といったアレルギー症状にお困りのかたはいませんか。粘膜に原因があるかもしれません。現代人の多くは、粘液が十分に産生されず、粘膜が乾いてしまっています。ストレスや不規則な生活で、アレルギーを症状を招きかねません【解説】和合治久(埼玉医科大学短期大学名誉教授) 


しっとり潤った粘膜が病気やアレルギーを防ぐ

「鼻水やくしゃみがひどい」「目や肌がかゆい」「まぶたが腫れる」といったアレルギー症状にお困りのかたはいませんか。それらは、粘膜に原因があるかもしれません。

 粘膜とは、口や鼻、内臓などの内側を覆う膜状のやわらかい組織のこと。私は、40年以上にわたり免疫学を研究してきましたが、人間の免疫機能を左右するのは、粘膜といっても過言ではありません。

 例えば、毎年冬になると世間を騒がせるインフルエンザですが、口や鼻の中の粘膜がよい状態の人ほどかかりにくいことがわかっています。今の時期、人々を大いに悩ませている花粉症も同様です。

 粘膜がよい状態とは、粘液が潤沢に出ていて、しっとりと潤っていることを指します。粘液は、全身の粘膜から分泌されます。例えば、唾や鼻水は粘液であり、涙の一部にも粘液が含まれています。粘液は、アレルギー物質や病原体が体内へ侵入するのを防ぐ第一のバリアであり、健康を維持するうえで重要な役割を担っているのです。

 粘液には複数の防御物質が含まれていますが、そのなかの代表格がムチンです。ムチンは、粘液の主成分で、これが粘り気の元。異物が粘膜に付着するのを防いで体外へ排出し、粘膜を保護してくれるのです。

 しかし現代人の多くは、粘液が十分に産生されず、粘膜がカサカサに乾いてしまっています。過度なストレスや不規則な生活によるものですが、これでは粘膜が異物をブロックできずに、さまざまなアレルギー症状を招きかねません。

 しかし、ストレスがたまるからといってすぐに仕事を辞めたり、生活習慣を変えたりするのは容易ではないでしょう。そこで私が勧めたいのが、粘液の元となるネバネバ成分を食べ物によって摂取することです。

アレルギーを抑制するとヒトの実験で判明!

 その成分が、糖たんぱく質です。糖たんぱく質は、体内のムチンと類似の働きをします。外部から摂取することで体内のムチンが補充され、乾いた粘膜がしっとりと潤った状態になり、花粉などを防いでくれます。

 この糖たんぱく質を多量に含む食材こそ、レンコンなのです。生のレンコンは強い粘り気が特徴ですが、そのネバネバとした成分が糖たんぱく質です。

 糖たんぱく質は、70度以上で20〜30分加熱すると活性が失われます。なるべく生で摂取するのがいいでしょう。生のレンコンをしっかりと洗って泥を落とし、皮がついたまま薄切りにして食べるのがいちばんのお勧めです。 

 皮をむかないのは、ポリフェノールのフラボノイドという成分が皮付近に多く含まれているからです。フラボノイドは、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンが放出されるのを防いでくれるため、アレルギーの抑制につながります。

 つまり、レンコンは糖たんぱく質とフラボノイドによる二重の働きによって、アレルギーを強力に防いでくれるのです。
 実際に私は、このフラボノイドの働きについて、ヒトで実験を行いました。レンコンエキスを9週間摂取してもらい、血中にあるIgEというアレルギー抗体の濃度を計測したのです。すると、レンコンによってアレルギー症状を引き起こすIgEが抑制されることがわかりました。

 さらに抗酸化作用を示すフラボノイドは、老化や病気を招く要因としてよく知られる「活性酸素」の産生を防いでくれます。活性酸素は、粘膜の働きも低下させますから、この点からも粘膜の機能向上に有効だといえるでしょう。

 糖たんぱく質だけを考えるなら、レンコンのほかにも、サトイモやヤマイモなど豊富に含んでいる食材はあります。しかし、私はレンコンを最強の抗アレルギー食材と考えており、その理由はこの多様な健康成分にあるのです。

 先述したように、レンコンの力を余すことなく摂取するなら、生で皮ごと食べるのが最良ですが、アクが強いために抵抗を感じるかたもいらっしゃるでしょう。そんな人にお勧めなのが、レンコンパウダーです。

 よく洗ったレンコンを皮つきのまま2〜3mmの厚さに切り、2〜3日の間、天日干ししてカラカラになるまで乾燥させます。それをフードプロセッサーやミルミキサー(なければミキサーでも可)で細かく粉砕し、ヨーグルトやみそ汁、スープ、サラダ、炒め物などに振りかけて使ってください。

 なかでも、ヨーグルトとレンコンパウダーは最高の組み合わせです。なぜなら、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸内の環境を整えて、より抗アレルギー効果が高まるからです。実際に、レンコンエキスと有胞子乳酸菌(生きたまま消化管に到達する乳酸菌)を混ぜた錠剤を花粉症に悩む人に3ヵ月間摂取してもらったところ、実に81%の人の症状が改善しました。

 レンコンは古来、アレルギー改善の漢方薬として用いられてきました。昔の人もその効果をよくわかっていたのでしょう。皆さんもアレルギー対策にぜひレンコンを活用してくださ

和合治久
1950年生まれ。埼玉医科大学短期大学名誉教授。東京農工大学大学院修士課程修了。京都大学にて理学博士取得。元埼玉医科大学短期大学教授・ 学科長・学長補佐。専門は、比較免疫生物学、免疫音楽医療学。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

欧米では、小麦粉を使った食品をとらない食事法(グルテンフリー)が広く取り入れられています。小麦が健康を害する可能性があるからです。グルテンが、グルテン不耐症やアレルギー、小腸に炎症を招くセリアック病などを引き起こす物質として問題になっているのです。【解説】稲島司(東京大学医学部附属病院地域医療連携部助教・循環器内科) 


【耳に輪ゴムをかけると】花粉症が改善!朝の肩こりがなくなって寝起きも楽々!

【耳に輪ゴムをかけると】花粉症が改善!朝の肩こりがなくなって寝起きも楽々!

私が「耳輪ゴム」のことを知ったのは、2017年の8月です。そのころに参加した、佐藤青児先生のセミナーがきっ試しに耳に輪ゴムをかけて寝てみたところ、その翌朝、まったく肩がこっていなかったのです。いつも感じていた寝起きの目のむくみも、その朝はありませんでした。【解説】古瀬卯乃(さとう式リンパケアインストラクター・47歳)


玉ねぎヨーグルトは"ヒスタミンを抑える効果" でアレルギー、花粉症の症状を改善

玉ねぎヨーグルトは"ヒスタミンを抑える効果" でアレルギー、花粉症の症状を改善

花粉症の患者さんが日本で初めて確認されたのは、今から約50年前のことです。そして、わずか40年ほどの間に、国民病と言われるまでに花粉症の患者数は激増しました。乳酸菌だけでアレルギー体質や花粉症が消えるわけではありませんが、取らないより取るほうがいいのは確実です。【解説】大久保公裕(日本医科大学付属病院耳鼻咽喉科部長) 


【がんこな便秘】弛緩性便秘の解消にすぐ効く「大根スープ」体臭、加齢臭も効果

【がんこな便秘】弛緩性便秘の解消にすぐ効く「大根スープ」体臭、加齢臭も効果

今回ご紹介するマクロビレシピは2つの大根スープです。1つが、大根ニンジンスープです。マクロビでは、大根には腸の働きを整え、脂肪を溶かす働きがあるとされ、弛緩性便秘に即効性があります。もう1つが、切り干し大根スープです。ダイエットや花粉症、加齢臭に効果があります。【解説】中美恵(マクロビオティック料理研究家)


【アレルギーを改善】体内に溜まった毒素を排出するデトックススープの作り方

【アレルギーを改善】体内に溜まった毒素を排出するデトックススープの作り方

食品添加物や農薬など、私たちが日ごろ口にする食品の多くは有害物質がたっぷり。それらがアレルギーの一因となっています。私が考案したのが、タマネギの皮などの解毒作用に優れた5つの野菜を使った「タマ皮スープ」。花粉症やアトピー性皮膚炎、ぜんそくなどの患者さんの症状が次々と改善しています。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)