【便秘】を解消する「甘い野菜スープ」の作り方 糖尿病・膵臓病対策のメニューに

【便秘】を解消する「甘い野菜スープ」の作り方 糖尿病・膵臓病対策のメニューに

マクロビオティックの代表的な養生メニューの一つ「甘い野菜スープ」は、効果・効能の面では万人向けの健康食といえます。理由は、血糖値の上昇が緩やかなこと。腸内環境を整える働きがあること。ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルを効率的に摂取できることです。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


三浦直樹
みうらクリニック院長。兵庫医科大学卒業。「難病といわれてもあきらめない」をモットーに、鍼灸や整体などの手技療法、マクロビオティックや薬膳、漢方などの食事療法、カウンセリングや催眠療法などを、必要に応じて組み合わせ、自然治癒力を引き出す治療(統合治療)を行っている。近著に、『週1断食で万病が治る』(マキノ出版)がある。

→「甘い野菜スープ」の作り方はコチラ

血糖値の乱高下を防ぎ膵臓の負担が減る!

私のクリニックでは、必要に応じて西洋医学と自然療法を組み合わせながら、自然治癒力を引き出す「統合医療」を実践しています。
薬だけに頼らず、生活習慣の改善から病気を治すことを目指し、マクロビオティックや漢方薬膳の考えを取り入れた食事療法や断食の指導などを行っています。

もちろん、一人ひとりの症状やライフスタイルによって、勧められる養生法や食事療法の内容は変わってきます。
その中でも、マクロビオティックの代表的な養生メニューの一つ「甘い野菜スープ」は、効果・効能の面では万人向けの健康食といえるでしょう。

理由は、大きく三つ挙げられます。

まず一つめは、甘い野菜スープを飲んでも、血糖値の上昇が緩やかなことです。

精製された白砂糖などの甘みは、体内への吸収が早く、短時間で急激に血糖値を上げます。
そして、膵臓からインスリン(血糖値を下げるホルモン)が大量に分泌されると、今度は血糖値が急激に下がります。
この血糖値の急激な上がり下がりが、体に過度な負荷をかけるのです。
そして、血管や臓器、筋肉など、体の諸機能の働きをつかさどっている自律神経に乱れが生じてきます。
自律神経は、生命活動の根幹を担っており、その乱れは万病の元といえます。
高血圧や糖尿病といった生活習慣病をはじめ、うつや不眠といった精神疾患まで、あらゆる病気の誘因となるのです。

一方、甘い野菜スープは、タマネギ、キャベツ、カボチャ、ニンジンを細かく切り、水で煮出して作るスープです。
野菜の自然な甘みは、摂取しても血糖値の上昇は緩やかです。
そのため、血糖値の乱高下を防ぐことができて、自律神経のバランスが整い、健康の維持に役立つのです。
血糖値の乱高下が防げると、精神面も安定します。
うつや不眠にお悩みのかたにもお勧めできます。
また、当然ながら、膵臓への負担も減るので、糖尿病や膵臓の病気のかたにも大いに勧められます。

やせ体質に一変!肝臓の病気にも効果

甘い野菜スープを万人に勧められる理由の二つめは、腸の環境を整える働きがあるからです。
食生活の乱れやストレスなどが原因で、現代人の多くは腸内環境が悪化しています。
便秘にお困りの人も多いことでしょう。

便通の悪い人は、腸のぜん動能力(便を肛門に送り出す動き)が低下しています。
便秘解消のために食物繊維をたくさんとっても、それを出し切る力がないのです。

甘い野菜スープは、煮出したあとの野菜をこして、スープだけを飲みます。
このスープには、水溶性の食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれています。
これらは、腸の中をキレイに大掃除し、腸の働きを正常化してくれます。

便秘の症状がひどくて困っている人は、朝食をこのスープだけで過ごしてみてはいかがでしょうか。
私の患者さんの中にも、朝食を甘い野菜スープだけにしたら、便通がよくなったという人がおおぜいいらっしゃいます。

便通がよくなって腸内環境が整うと、やせやすい体になります。
その点から、肥満が大きな誘因である高血圧の改善も期待できるでしょう。

私がマクロビオティックの食事指導をメインに行っていたときは、甘い野菜スープで糖尿病の薬がいらなくなったり、高血圧が改善したりした例をたくさん見てきました。
胃腸が整えば肝機能も整うので、肝臓の病気にもよい効果が得られるはずです。


理由の三つめは、ビタミンやミネラル、そして、ファイトケミカルを効率的に摂取できる点です。
甘い野菜スープは、タマネギ、キャベツ、カボチャ、ニンジンに含まれているこれらの成分が溶け出した、非常に栄養価の高いスープです。
液状なので胃腸への負担も少なく、吸収がいいことも利点です。

ファイトケミカルとは、植物に含まれる機能性成分のことを指し、ポリフェノールやカテキン、フラボノイド、カロテン類などが有名です。
体の酸化を防いで老化を遅らせたり、免疫力を上げてガンなどを予防したりする効果があります。

ファイトケミカルは、野菜の皮の部分に特に多く含まれています。
甘い野菜スープは、タマネギを除いて皮ごと使うため、ファイトケミカルを多く摂取できるのです。

甘い野菜スープは、200mlぐらいの量を1日1杯飲むのがいいでしょう。
野菜の自然な甘みで、おなかも満たされるので、間食も少なくなると思います。

体が冷えやすい人は、温めて飲むことをお勧めします。
夏は冷やして、冬は温めてといったぐあいに、季節によって使い分けてもよいでしょう。

私も、甘い野菜スープをよく飲んでいます。
飲むだけで、心も体もホッと温まってきますよ。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング