【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー2

【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー2

腎臓病の食事は「低塩分・低カリウム・低たんぱく」といわれていますが、そういった制限のない食事法を40年以上前から提唱しているのが、お茶の水クリニック院長の森下敬一先生です。ここでは「森下自然医学」にのっとった腎臓病を予防・改善するレシピをご紹介します。【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


→腎機能をアップさせる食事 ― OK食材、NG食材はコレ!

タマネギとハチミツの甘みがしょうゆ味とよく合う【豆腐とコンブのうま煮のレシピ】

(各1人分)
エネルギー 155kcal
塩分 1.4g

料理に甘さがほしければ、精白された砂糖は避け、ハチミツやみりん、黒糖などを使いましょう。(森下先生)

【材料】(2人分)
木綿豆腐…1丁(約300g)
コンブ…5×5cm(2g。細切り)
ニンジン…1/4本
タマネギ…1/2個
ニラ…1/3束
しょうゆ…大さじ1
ハチミツ…小さじ1

【作り方】
❶豆腐を手で一口大にちぎる。
ニンジンは細切り、タマネギは薄切り、ニラは3cm長さに切る。
❷鍋にコンブと水100mL、ニンジン、タマネギを入れ一煮立ちさせる。
しょうゆとハチミツ、豆腐を加え、さらに煮る。
❸汁がほぼなくなるまで煮込んだら、ニラを加えて和え、器に盛る。

ワカメのぬめり、オクラのねばり、レンコンのシャキシャキ感が絶妙!【山海の梅みそ和えのレシピ】

(各1人分)
エネルギー 58kcal
塩分 1.9g

梅干しの酸や、みその酵母は、腸の環境をよくして、きれいな血をつくるのに役立ちます。(森下先生)

【材料】(2人分)
レンコン…1/4節(約50g)
ワカメ(塩蔵)…20g
オクラ…3本
梅干し…大1個
みそ…大さじ1
ハチミツ…小さじ1
白ゴマ…適宜

【作り方】
❶レンコンは皮をむいて、薄いイチョウ切りにし、酢を少量入れた熱湯でさっとゆでる。
ワカメは水洗い後、熱湯で戻して水気を切り、食べやすい大きさに切る。
オクラは少量の塩でもみ、ガクを除き、熱湯でさっとゆで、ざるに上げて冷まし、半分に切る。
❷梅干しは種を除いてたたき、みそとハチミツを加えて混ぜる。
❸②に①を加えて和え、器に盛り、白ゴマを振る。

さっぱりと甘酸っぱく箸休めに最適【香り野菜の甘酢和えのレシピ】

(各1人分)
エネルギー 32kcal
塩分 0.2g

野菜やキノコ類は栄養豊富なうえ、食物繊維が便通を改善するので、老廃物を排出する一助となります。(森下先生)

【材料】(2人分)
シュンギク…1/4束
ミツバ…1株
シメジ…1/2パック(約50g)
黄パプリカ…1/3個
A[酢…大さじ2、ハチミツ…小さじ1、しょうゆ…少々]

【作り方】
❶シュンギクとミツバは4cm長さに切る。
シメジは石づきを切り落とし小房に分ける。
❷①を熱湯でさっとゆで、水に取り、ざるに上げる。
❸黄パプリカは横半分に切ってから薄切りにする。
❹ボウルにⒶを合わせ、②と③を加えて和え、器に盛る。

ショウガのきいたみそ味で体が芯から温まる【シジミの玄米雑炊のレシピ】

(各1人分)
エネルギー 234kcal
塩分 1.0g

シジミに含まれる成分は解毒作用に優れているので、腎機能の改善作用が期待できます。(森下先生)

【材料】(2人分)
シジミ(殻つき)…150g
玄米ご飯…200g
ショウガ…小1片(約10g)
万能ネギ…1本
みそ…大さじ1と1/2

【作り方】
❶シジミは殻をこすり合わせて洗う。
ショウガはせん切り、万能ネギは小口切りにする。
❷鍋に水600mLとシジミを加えて火にかける。
一煮立ちしたら玄米ご飯を加える。
❸ご飯がやわらかくなったら、みそを溶き入れて、器に盛り、ショウガとネギを散らす。

自然の甘さにビックリ!滋養たっぷり、ボリュームたっぷり【根菜のすまし汁のレシピ】

(各1人分)
エネルギー 33kcal
塩分 1.4g

野菜の中でも根菜類は、食事療法に欠かせません。腸をきれいにするだけでなく、大地に根づく生命力を与えてくれます。(森下先生)

【材料】(2人分)
ニンジン…3cm
ダイコン…2cm
タマネギ…1/4個
ゴボウ…7cm
カブ…1/2個
マイタケ…1/4パック(約25g)
出汁…500mL
しょうゆ…少々
自然塩…小さじ1/2
カブの葉…1個分

【出汁の作り方】
容器に水500mL、干しシイタケ1枚、細切りにしたコンブ5×10cm分(4g)を入れ、冷蔵庫で一晩おいたら完成。
★つゆ作りや煮物、汁物などさまざまに応用できます。

【作り方】
❶ニンジンとダイコンは2mm幅のいちょう切り、タマネギは薄切り、ゴボウはささがき、カブは薄切りにする。
マイタケは小房に分ける。
❷鍋に出汁を入れ、①を加え、やわらかくなるまで煮る。
❸②をしょうゆと塩で調味する。1㎝長さに切ったカブの葉を加え、一煮して器に盛る。

→【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー1

MICHIKO
(食養生士・料理研究家)
おうち養生Cafe代官山まぐのりあ主宰。森下自然医学にのっとった「メディカル食養生実践カウンセリング」を行う。HPは「代官山まぐのりあ」で検索。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【判明】改善率は86%!動脈硬化を改善する「RAP食」で腎臓の機能も回復する

【判明】改善率は86%!動脈硬化を改善する「RAP食」で腎臓の機能も回復する

RAP食には、従来の食事療法のような、塩分やカリウム、たんぱく質の制限はありません。少なくとも、軽度から中程度の腎機能障害には、脂質制限によるプラーク改善が回復の近道であり、同時に、根本治療ともいえるのです。まずは実践してみてください。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ②

【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ②

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ①

【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ①

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【医師解説】腎臓病が改善!透析回避できた!私が患者に勧める「玄米根菜食」とは

【医師解説】腎臓病が改善!透析回避できた!私が患者に勧める「玄米根菜食」とは

現代の日本を見ると、食習慣の変化がさらに腎臓を酷使しています。肉類などの動物性食品は消化が悪く腸内で腐敗するため血液を汚します。添加物がたっぷり使われた加工食品、農薬が付着し遺伝子組み換えが行われた野菜などからも毒素が体内に取り込まれ、血液の汚れを招きます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


【疲れた腎臓を強力サポート】腎機能をアップする食事と食品

【疲れた腎臓を強力サポート】腎機能をアップする食事と食品

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング