赤ちゃんのアトピーの症状が改善した!「爪もみ」で毒出しセルフケア

赤ちゃんのアトピーの症状が改善した!「爪もみ」で毒出しセルフケア

指先には、神経とともに毛細血管が集中しています。爪もみをすると、この毛細血管が刺激されて、指先、そして全身の血流がよくなります。それによって、頭のほうにのぼっていた熱気や血液が下がり、頭寒足熱という理想的な状態になるのです。【解説】鳴海理恵(気血免疫療法会・VE&BI治療院院長)


むくみが取れ一重まぶたが二重になった

自律神経をバランスよく保つことは、健康の要です。
このバランスがくずれると、免疫が低下して、あらゆる病気を引き起こす原因になります。

私が最近感じるのは、副交感神経が優位になりすぎて、病気になる人がふえていることです。
その代表が、アトピー性皮膚炎です。

副交感神経が優位になりすぎると、白血球の中のリンパ球がふえて、免疫が過剰になります。
そのため、アトピーや花粉症などのアレルギーになりやすいのです。

アトピーは、赤ちゃんや子供に多い病気です。
それは、小さい子供ほど、リンパ球の働きが活発だからです。

大人のアトピーは、ステロイドなどの薬でこじらせると治りにくくなりますが、赤ちゃんのうちなら、自律神経を整えるだけで比較的早く治癒します。

私が最近治療した、O君の例を紹介しましょう。
O君は、生後4ヵ月でアトピーと診断され、すぐに強いステロイド軟膏とアレルギー薬を処方されました。

当院に来たのは生後5ヵ月のころ。
すでに症状はかなり悪化しており、乾燥とひび割れで顔は真っ赤に腫れ、頭は膿だらけ。

生まれたときから手足が冷たく、便秘だったそうですから、体質の問題もあったと思います。
薬はやめて、爪もみをはじめとする治療を行うと、1回めの治療で頭の膿はかさぶたに変わり、数日後、キレイに取れました。

症状が改善に向かうなか、予防接種のために行った病院で再び薬物治療をされ、症状は悪化。
再来院時には、全身が真っ赤にただれ、O君は痛みとかゆさで泣き叫んでいました。

O君のお母さんは、今度こそ薬を止める決心をし、私の治療を続けました。
すると、よくなったり悪くなったりをくり返しながら、3ヵ月ほどでアトピーの症状はすっかり消えました。

その過程で便秘症が治り、手足の冷えも取れていったのです。
アトピーが治ったO君は、もうすぐ2歳になりますが、顔も以前とは別人のよう。

一重まぶただったのは顔がむくんでいたためで、今はパッチリした二重になっています。
「子供らしい笑顔が戻ったのがいちばんうれしい。毎日よく食べ、元気に遊んでいます」と、その後お母さんから報告がありました。

副交感神経が優位な状態では、血管が緩んで広がり、体内の毒をより多く外に排出しようと働きます。
アトピーは、その過剰な排毒作用によって起きる症状です。

がんばって毒を出そうとするのですが、もう一息出し切れないために、皮膚に残ってしまうのです。

爪もみのやり方はコチラ

不健康な「頭熱足寒」を「頭寒足熱」に導く

私たちのまわりには、化学物質や食品添加物など、毒になるものがあふれています。
毒は、副交感神経が優位すぎても、交感神経が優位すぎても体内にたまります。

この、過剰に働く副交感神経や交感神経を正常域に近づけて、自律神経のバランスを整えるのが、爪もみです。
爪もみは、指の爪のつけ根を刺激する療法です。

爪の生え際には、神経線維が密集しています。
ここを痛気持ちよい強さで押すと、刺激がダイレクトに自律神経に伝わり、バランスを整えることができるのです。

アトピーの場合は、副交感神経が優位すぎるので、爪もみで交感神経を刺激して、自律神経のバランスを整えます。
それによって、たまっていた毒を出し切ることができるのです。

自律神経のバランスが悪いと、熱気や血液は、頭のほうに上がってたまり、手足は冷たくなります。
昔から「頭寒足熱」が健康の条件とされていますが、その真逆の「頭熱足寒」になってしまうのです。

実は、病気になるおよそ9割のかたは、頭熱足寒の状態になっています。
先に紹介したO君も、手足は冷たいのに、顔は熱くて真っ赤でした。

まさに、頭熱足寒の典型的な症例です。
指先には、神経とともに毛細血管が集中しています。

爪もみをすると、この毛細血管が刺激されて、指先、そして全身の血流がよくなります。
それによって、頭のほうにのぼっていた熱気や血液が下がり、頭寒足熱という理想的な状態になるのです。

爪もみをすると指先がポカポカするのは、全身の血流がよくなったためです。
また、指先は、毒の出口でもあります。

爪もみをすると、アトピーの症状は上のほうから改善していきますが、これは体内にたまった毒が血流に乗って、指先から抜けていくためです。

こうして自律神経が整い、頭寒足熱の状態になると、自然にアトピーは改善していくのです。
ご家族のかたが、赤ちゃんや幼児に爪もみをするときは、強い刺激は避けてください。

親指と人差し指の腹で爪のつけ根を持ち、優しくもむように刺激します。
1ヵ所につき、10秒くらいでいいでしょう。

当然、爪もみは、成人のかたでも毒出し効果があります。
毎日の習慣として取り入れてみてください。

鳴海理恵
気血免疫療法会・VE&BI治療院院長。福田稔の長女であり、鍼灸あん摩マッサージ指圧師、食事療法研究家。「免疫力こそ人間が持つ本当の薬」をモットーに、体の自然治癒力を引き出す治療で効果を上げている。5月に河出書房新社から爪もみの健康本を発売予定。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


爪もみ アトピー

関連する投稿


息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

現在30代の息子は、20代前半から顔に赤いブツブツが出始め、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断されました。ステロイドの塗り薬を処方されましたが、よくなったり悪くなったりをくり返していました。数年すると全身にアトピーが広がり、肌がジュクジュクしてかゆみもひどくなりました。【体験談】野村敦子(仮名・67歳・主婦)


【ダイエット】夫は14kgやせて私はアトピーが改善 すぐできる「天然だしの取り方」

【ダイエット】夫は14kgやせて私はアトピーが改善 すぐできる「天然だしの取り方」

日本が世界に誇れる和食の基本はなんといっても「天然のうま味のある出汁」です。ですが現在、手軽な顆粒だしやだしパックが、あたかも本来のだしと同様の物かのように売られていることに、私は心を痛めています。【解説】空閑亜紀(農家の嫁カンパニー代表、看護師・温だし考案者)


【ニキビ・アトピー性皮膚炎】「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

【ニキビ・アトピー性皮膚炎】「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

砂糖には創傷治癒作用、つまり傷を治す働きがあり、医薬品として認められています。イギリスでは、傷薬として砂糖が使われている病院もあり、またアメリカや日本で「おばあちゃんの知恵」として砂糖はスキンケアに使われてきました。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導・株式会社アビサル・ジャパン代表)


【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。砂糖スキンケアでかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。【解説】山口求(藍野大学医療保健学部・看護学科教授)


【卵の健康効果】下痢・過敏性腸症候群が改善!1日3個の「卵」で腸を強化できた!

【卵の健康効果】下痢・過敏性腸症候群が改善!1日3個の「卵」で腸を強化できた!

私の勧める食養生は、高たんぱく・低糖質が基本です。ちゃんと食べているつもりでも、実は栄養が十分ではないことがあるのです。特に「たんぱく質不足」に陥っている場合が非常に多いのです。では、不足すると、どういったことが起こるのでしょうか。【解説】野村哲也(はり・きゅう丙辰堂治療院院長・養鶏家)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)