関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

私は40歳を過ぎたころから複数の病気に襲われるようになりました。特につらいのは、慢性関節リウマチです。45歳で左手の薬指が痛みだし、症状が広がっていきました。そんな私を心配してくれた知人が、北九州市の葉子クリニックに連れていってくれたのです。【体験談】山本洋子(熊本県・75歳主婦)


1日に服用する薬は15種類以上!

 私は40歳を過ぎたころから、複数の病気に襲われるようになりました。

 なかでも特につらいのは、慢性関節リウマチです。45歳のときに左手の薬指が痛みだし、手首のこわばり、足の関節の痛みへと、症状が広がっていきました。55歳で左ひじが大きく変形したときは、少し触れただけで激痛が走ったものです。そのうち指も変形し、よく物を落とすようになりました。

 また、50歳になると血痰が出るようになり、非定型抗酸菌症という呼吸器の病気と診断されました。その影響か、5年前から慢性的なセキが出るようになりました。就寝時がひどく、セキとともに血痰が出て、吐くこともありました。

 リウマチの薬や痛み止め、セキを抑える吸入薬など、いつしか1日に服用する薬は15種類以上になっていたのです。

 そんな私を心配してくれた知人が、北九州市の葉子クリニックに連れていってくれたのは、2017年9月のことです。

 院長の内山葉子先生は、食品の体への影響についていろいろと教えてくださいました。そして、まずパンなどの小麦食品と、牛乳などの乳製品を控えるようにいわれました。

 今までの私は、医師の指示どおりに薬を飲んでいただけ。食品のことなど気にしたこともなかったので、内山先生にいわれたことは衝撃的でした。「なぜ小麦製品や乳製品がよくないのか」という理由もきちんと説明してくださったので、納得することもできました。

 そこで私は、先生のアドバイスに従って、小麦製品と乳製品をやめることにしました。
 小麦製品の代表であるパンは、それまでも好んで食べていたわけではありません。ただし、うどんやクッキーなどの小麦製品は食べていました。乳製品も、牛乳やヨーグルトをときどきとることがありました。

バナナ大の便が毎日 スルスルッと出る!

 私は、うどんのかわりにそば、クッキーのかわりにナッツ類、牛乳のかわりに梅干しを入れた白湯やルイボスティーなどをとるようにしました。

 すると、3週間経ったころ、ある変化がありました。実は私は、若いころから便秘症で、薬に頼って排便していました。薬は毎日飲むのが嫌で1日おきですが、飲まないとお通じはありませんでした。それが、薬を飲んでいない日でもお通じがあったのです。

 それどころか、その日からは毎日きちんとお通じがつくようになりました。便の状態も健康的で、バナナ大の便がスルスルッと出ます。75歳にして便秘が治ったことに驚きました。

 薬を飲んで排便していたときは、下痢をすることがよくありました。そうしたことも関係あるのか、身長145cmで体重は30kgと太れないことが悩みでした。ところが、健康的な便が1日1回出るようになってからは体重が徐々に増え、小麦製品と乳製品をやめて2ヵ月経つ現在は32kgになりました。

 そうしたおかげか、心身ともに元気になり、以前に比べて、意欲がわくようになりました。

 内山先生によると、乳製品はリウマチに悪影響を与えるそうです。私は薬の副作用で皮膚がかゆくなり、8月から痛み止めが飲めなくなりました。それでも以前のような関節の痛みはほとんど出ていません。
 これは、リウマチの治療薬を替えただけでなく、小麦製品と乳製品をやめたことが大きく影響しているのではないかと思っています。

 セキは年々治まってきていますが、このごろはさらに軽減しているように感じます。

 小麦製品や乳製品をやめることは、私の体をいい方向へ導いてくれているようです。内山先生には大変感謝しています。

腸の働きが回復し便秘や各不調も改善(葉子クリニック院長 内山葉子)

 リウマチの原因に小麦製品と乳製品が関係している可能性は、論文で報告されています。それらをやめたことが、痛みの軽減に役立った可能性があります。便秘が治ったのは、小麦製品や乳製品をやめたことで、腸の動きや炎症が改善し、腸の働きが回復したからでしょう。腸の状態がよくなると栄養の吸収状態や体の各機能が正常化し、その他の不調も改善します。

→「パンの害とは」解説はコチラ
→「牛乳の害とは」解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【演歌歌手・天童よしみさん】 イガイガ、咳、痰が消失!私の喉の守り神は祖母直伝の「大根アメ」

【演歌歌手・天童よしみさん】 イガイガ、咳、痰が消失!私の喉の守り神は祖母直伝の「大根アメ」

おばあちゃんから、そのひ孫に当たる小学生まで、親戚一同がこぞって実践している健康法が、「大根アメ」です。私が物心ついたときから、おばあちゃんはいつも大根アメを作っては舐めていました。これを私が口にしたのは、中学生のときに、ひどいカゼをひいたのがきっかけです。【体験談】天童よしみ(歌手)


【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

私のクリニックでは、本人に思い当たる原因はないけれど、脳機能のトラブルが疑われる患者さんに、食事の指導を行っています。生活に合わせて、白砂糖や加工食品などを控えていただくよう指導しますが、中でも最初にやめていただく、2つの食品が「パン」と「牛乳」です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【医師推奨】不調が続く時は「パンと牛乳」を3週間やめてみる

【医師推奨】不調が続く時は「パンと牛乳」を3週間やめてみる

私のクリニックに来られるさまざまな患者さんの多くが、何をやってもよくならない、既存の治療法以外にできることがあるなら試したい、というかたがたです。そのような人に「パンと牛乳をやめましょう」と指導すると、それだけで症状が改善する例を、これまで数多く見てきました。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長) 


パンと牛乳をやめて腸スッキリ!毎月3時間は苦しみ続けた激しい腹痛が解消した!

パンと牛乳をやめて腸スッキリ!毎月3時間は苦しみ続けた激しい腹痛が解消した!

私は13歳のときに盲腸、29歳のときに卵巣嚢腫で開腹手術を受けています。おなかを切ると、腸が癒着しやすくなるそうです。そのせいか、39歳のときには腸捻転(腸がねじれ激痛が走る病気)を起こし小腸を2cm切除。52歳と54歳のときにも腸閉塞で入院し、絶食による点滴治療を受けました。【体験談】幸野里美(福岡県・57歳主婦)


【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

欧米では、小麦粉を使った食品をとらない食事法(グルテンフリー)が広く取り入れられています。小麦が健康を害する可能性があるからです。グルテンが、グルテン不耐症やアレルギー、小腸に炎症を招くセリアック病などを引き起こす物質として問題になっているのです。【解説】稲島司(東京大学医学部附属病院地域医療連携部助教・循環器内科) 


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング