パンと牛乳をやめて腸スッキリ!毎月3時間は苦しみ続けた激しい腹痛が解消した!

パンと牛乳をやめて腸スッキリ!毎月3時間は苦しみ続けた激しい腹痛が解消した!

私は13歳のときに盲腸、29歳のときに卵巣嚢腫で開腹手術を受けています。おなかを切ると、腸が癒着しやすくなるそうです。そのせいか、39歳のときには腸捻転(腸がねじれ激痛が走る病気)を起こし小腸を2cm切除。52歳と54歳のときにも腸閉塞で入院し、絶食による点滴治療を受けました。【体験談】幸野里美(福岡県・57歳主婦)


激しい腹痛のたびに1週間食事もできない

 私は13歳のときに盲腸、29歳のときに卵巣嚢腫で開腹手術を受けています。おなかを切ると、腸が癒着しやすくなるそうです。そのせいか、39歳のときには腸捻転(腸がねじれ激痛が走る病気)を起こし小腸を2cm切除。52歳と54歳のときにも腸閉塞で入院し、絶食による点滴治療を受けました。

 それからも何度か、腸捻転を起こしかけています。ただ、ヨガのインストラクターをしている娘に腸の動かし方を教えてもらってからは、腹痛が起こっても自分で腸をもんで悪化を防げるようになりました。

 とはいえ、一度腹痛が起こると、お産より激しい痛みが3〜4時間続きます。胃の中の物が下りていかないため吐き気がして、10時間くらい水も飲めず、約1週間は食事もほとんどできません。月に1〜2度は、そんな状態に陥っていたのです。

 2017年9月のある日、娘が1冊の本を買ってきてくれました。医師の内山葉子先生が書かれた『パンと牛乳は今すぐやめなさい!』という本です。

「小麦のグルテンが腸によくないらしいよ」と渡されたその本を読むと、自分に当てはまることが多々書かれていました。私はパンも牛乳も好きで、昼食はお総菜パンを常食し、牛乳やカフェオレをよく飲んでいたのです。

 最初は「そうはいっても好きだし……」と思っていたのですが、やはり体のことを考えて、私は定期購入していた牛乳を豆乳に替え、パンはきっぱりやめることにしました。

おなか周りスッキリ! 便がスムーズに出る!

2kgやせてズボンにゆとりが出た!

 ちょうど9月から妹が始めたカフェを手伝うようになり、妹が作るソバ粉や米粉のシフォンケーキなどを食べられるようになったこともグッドタイミングでした。かわりとなる物があったおかげで、パンを食べなくても満足できたのです。

 こうして2週間が過ぎたころ、なんとなくおなか周りがスッキリしてきました。パンパンだったズボンにゆとりが出てきたのです。

 1ヵ月経つころには、体重も約2kg減りました。自分では50kgがボーダーラインだと思っていて、それを超えないよう注意していますが、9月の初めごろは51kgありました(身長は154cm)。それが今は、49kgです。

 また、腸がスッキリとして気持ちいい感覚もあります。こうなってみて初めて、今まで自分の腸が重苦しかったことに気づきました。そういえば、いつも便がかたくて出しにくかったのが、ほどよいやわらかさになり、スムーズに出るようになっています。

 そしてなにより、パンと牛乳をやめてからのこの2ヵ月間、激しい腹痛と吐き気が起こっていません。やはり私の腸には小麦と乳製品がよくなかったのだと、あらためて実感しています。

 今までは、いつ腹痛が起こるかという恐怖心を抱えて生活していました。それが今は、「もう大丈夫」と思えるくらい自信がついています。

 おかげで、気持ちまで明るくなりました。
 パンと牛乳を食べない生活にすっかり慣れてきました。もう自主的に買って食べることはないと思います。

腸に炎症が起こり癒着部分の痛みを招く(葉子クリニック院長 内山葉子)

開腹手術を行うと、程度の差こそあれ腸の癒着は必ず起こります。そこへパンを食べることで、腸に炎症を起こし、ガスを発生させ、癒着部分の痛みを招いていたのでしょう。腸の状態を悪化させないためには、パンや牛乳をやめ、ガスを発生させる食べ物をとり過ぎないことが大切です。米粉のパンも、とり過ぎは血糖値の急上昇を招きますから、注意してください。

→「パンの害」の解説はコチラ
→「牛乳の害」の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

私のクリニックでは、本人に思い当たる原因はないけれど、脳機能のトラブルが疑われる患者さんに、食事の指導を行っています。生活に合わせて、白砂糖や加工食品などを控えていただくよう指導しますが、中でも最初にやめていただく、2つの食品が「パン」と「牛乳」です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【医師推奨】不調が続く時は「パンと牛乳」を3週間やめてみる

【医師推奨】不調が続く時は「パンと牛乳」を3週間やめてみる

私のクリニックに来られるさまざまな患者さんの多くが、何をやってもよくならない、既存の治療法以外にできることがあるなら試したい、というかたがたです。そのような人に「パンと牛乳をやめましょう」と指導すると、それだけで症状が改善する例を、これまで数多く見てきました。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長) 


【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

【医師実践】小麦製品をやめたら成人アトピー改善!大人ニキビも治って肌ツルツル!

欧米では、小麦粉を使った食品をとらない食事法(グルテンフリー)が広く取り入れられています。小麦が健康を害する可能性があるからです。グルテンが、グルテン不耐症やアレルギー、小腸に炎症を招くセリアック病などを引き起こす物質として問題になっているのです。【解説】稲島司(東京大学医学部附属病院地域医療連携部助教・循環器内科) 


関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

私は40歳を過ぎたころから複数の病気に襲われるようになりました。特につらいのは、慢性関節リウマチです。45歳で左手の薬指が痛みだし、症状が広がっていきました。そんな私を心配してくれた知人が、北九州市の葉子クリニックに連れていってくれたのです。【体験談】山本洋子(熊本県・75歳主婦)


【リーキーガット症候群とは】5cmの卵巣嚢腫が消えた人も 医師が勧める食事療法

【リーキーガット症候群とは】5cmの卵巣嚢腫が消えた人も 医師が勧める食事療法

腸に炎症が起こると、腸粘膜が本来体内に通すべきでないものを通してしまいます。すると、体の中で免疫の過剰反応が起こり、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・ぜんそくなどのアレルギー性疾患や、関節リウマチ・潰瘍性大腸炎・クローン病などを引き起こしてします。【解説】内山葉子(日本自律神経免疫治療研究会会員・葉子クリニック院長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング