【骨盤にカイロを貼る】脊柱管狭窄症の痛みとしびれが消えた、ひざの痛みも改善

【骨盤にカイロを貼る】脊柱管狭窄症の痛みとしびれが消えた、ひざの痛みも改善

「骨盤カイロ」を実践して、体調が改善した例をご紹介しましょう。まず、57歳の女性Aさんです。Aさんは、ある日突然、足が上がらなくなり、歩けなくなりました。検査の結果、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアを併発していることが判明しました。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)


慢性腰痛が2日で消失!3年来のひざ痛が軽快!

痛みや不調の原因が、骨盤の仙腸関節の不具合であり、カイロで温めることで改善することを、前の記事でご説明しました。

ここでは、「骨盤カイロ」を実践して、体調が改善した例をご紹介しましょう。

まず、57歳の女性Aさんです。Aさんは、ある日突然、足が上がらなくなり、歩けなくなりました。
検査の結果、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアを併発していることが判明。

背骨から出ている神経が、圧迫されていたのです。
手術やリハビリを経て退院したあとも慢性的な腰痛が続き、治療を受けても、一時的に痛みが軽減するだけでした。

そんなとき、『壮快』で骨盤カイロを知り、実践したところ、たった2日で腰痛が消失。

以前はできなかった正座や小走りなどが、自然にできるようになって感激したそうです。
原因を取り除いても痛みが残るケースには、骨盤カイロが劇的な効果を現します。

全身の血流が改善し、関節や神経が本来の働きを取り戻すからです。
また、70歳の女性Bさんは、左足のひざを打って以来、痛みが3年以上続いていました。

ひざが曲がらないので正座ができず、歩くときも足を引きずっていたといいます。
Bさんのように、体の一部を打ちつけると、反射的に全身の筋肉や関節が硬直し、血液循環が滞って全身が冷えてしまいます。

ケガをした箇所だけでなく、全身に悪影響が及ぶのです。
Bさんは、朝から夜まで骨盤にカイロを貼りました。

すると、3ヵ月後にはひざ痛が軽快して、足を引きずらなくなり、以前から悩んでいた腰痛も頻尿も改善したとのこと。
骨盤にカイロを貼ると、膀胱も温まるので、頻尿が改善したのでしょう。

70歳の男性Cさんは、「脊柱管狭窄症で、腰が痛く、足がしびれて歩けない」ということで来院しました。
治療後、自宅で骨盤カイロを行うように指導したところ、数週間後の再診時には、スタスタ歩いて来院。

「カイロを貼っていれば、痛みもしびれも感じない。おかげで歩けるようになった」と笑顔で報告してくれました。

2ヵ月で12kg減量し痔まで解消した!

カイロを貼ったら自然とやせた!

骨盤カイロが効果を発揮するのは、関節痛だけではありません。
現代医学では治癒が難しいとされる症状も、改善が期待できます。

18歳の女性Dさんは、全身の冷えと痛み、耳鳴りがあり、線維筋痛症という原因不明の難病の診断を受けました。
いつもは足先に貼っていたカイロを、骨盤に貼り替えたところ、耳鳴りが消え、全身の痛みと冷えも軽快したと喜んでいます。

69歳の女性Eさんは、50歳を過ぎたころから冷え症がひどくなり、真夏でも手足が冷え切った状態でした。
そのころから、ひざ痛や腰痛、めまいに悩まされるようになったといいます。

それまでも、寒さをしのぐために、日中、カイロを背中に貼っていたそうですが、貼る位置を骨盤に変えたところ、手足の冷えがなくなり、ひざ痛と腰痛が消失。
めまいも起こらなくなったのです。

耳鳴りやめまいの改善法は、多くの人が探し求めているでしょう。
耳鳴りやめまいは、内耳の血流やリンパの流れが関係しているといわれます。

骨盤にカイロを貼ると、全身の関節や筋肉が緩み、血液のみならず、リンパの循環も改善します。
その結果、耳鳴りやめまいの軽減につながるのです。

潰瘍性大腸炎という難病を、10年以上患っていた60歳の女性Fさんは、骨盤カイロを続けたところ、下痢の回数が半減しました。
それまで、下腹部だけ温めていたところに、骨盤カイロを加えてみると、症状が格段によくなったのです。

仙腸関節を温めることの重要性を示す、すばらしい例だと思います。

最後に、骨盤カイロで減量できた例をご紹介しましょう。

29歳の女性Gさんは、最初、冷え症改善のために骨盤カイロを開始。
すると、2ヵ月で自然に12kgも減量し、夜間頻尿や痔まで解消したそうです。

34歳の男性Hさんも、カイロを使ってダイエットに成功しました。
骨盤カイロを始めて1週後に体重が1kgへり、1ヵ月後にはトータルで6kgもやせたといいます。

体に冷えがあると、血流が滞り、代謝が低下して太りやすくなります。
仙腸関節をカイロで温めると、全身の血流が改善します。

すると、体温が上がり、代謝が高まって、いわゆる「やせ体質」に変わるのです。
痛みやしびれ、原因不明の症状などを改善したい人は、骨盤カイロをお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

糖質制限でやせた経験を生かして、糖質オフ専門のレストランをオープンしました。糖質制限をしながら、おいしく食べられる料理をご提供しています。さて、糖尿病の予防・改善のため、あるいはダイエットのため、これから糖質制限を始めたいというかたにいくつかアドバイスをします。【解説】粂康晴(薬剤師・レストラン「カーボオフ」オーナー)


痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ②

痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ②

脊柱管狭窄症の予防・改善には、血液を汚さない食べ物を選び、よく咀嚼して食べることが肝心です。唾液の分泌が促されると、消化・吸収がよくなり腸内環境が整うので、きれいな血液がつくられます。体温も上がり、血流がアップすることで、痛みやしびれなどが緩和されます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ①

痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ①

脊柱管狭窄症の予防・改善には、血液を汚さない食べ物を選び、よく咀嚼して食べることが肝心です。唾液の分泌が促されると、消化・吸収がよくなり腸内環境が整うので、きれいな血液がつくられます。体温も上がり、血流がアップすることで、痛みやしびれなどが緩和されます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師推奨】リスト付き!痛み、しびれを一掃する「脊柱管狭窄症撃退食材」

【医師推奨】リスト付き!痛み、しびれを一掃する「脊柱管狭窄症撃退食材」

脊柱管狭窄症の予防・改善には、血液を汚さない食べ物を選び、よく咀嚼して食べることが肝心です。唾液の分泌が促されると、消化・吸収がよくなり腸内環境が整うので、きれいな血液がつくられます。体温も上がり、血流がアップすることで、痛みやしびれなどが緩和されます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


最新の投稿


側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

飲む水の量が足りないと、高齢者はすぐに脱水を起こし、熱が出たり肺炎になったりします。そこで、脱水を防ぐために、患者さんに十分な量の水を飲ませるケアを始めたところ、認知症の特徴的な症状がよくなる人が続出したのです。【解説】竹内孝仁(国際医療福祉大学大学院教授)


【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案し、患者さんに勧めてきました。小指シップには、交感神経の緊張をほぐしたり、首すじのこりをゆるめたりする作用があります。そのため、不眠をはじめとするストレス性の症状に効果を発揮するのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


【考案医師が回答】小指シップQ&A ― どんなシップを使えばいい?どのくらい貼ったらいい?

【考案医師が回答】小指シップQ&A ― どんなシップを使えばいい?どのくらい貼ったらいい?

これまで健康雑誌『安心』で何度かご紹介してきましたが、最近、ツイッターで小指シップが話題になっていると聞いてびっくりしています。小指シップで不眠や疲労が改善したというツイートに、フォロワーが盛り上がっているそうです。【解説】安田譲(安田医院院長)


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


ランキング


>>総合人気ランキング