17年前より今が断然きれいで若い!表情筋を鍛える「顔ダンス」とは?

17年前より今が断然きれいで若い!表情筋を鍛える「顔ダンス」とは?

写真を見て「私って、こんなに老けていたかしら」「ひどくやつれた感じがする」「ブルドッグ顔のおばさんだわ」とがっかりした経験はありませんか。顔が老けて見えるのは、ほうれい線や、目頭から斜め下に現れる「ゴルゴ線」というシワのせいだと多くの女性が思っていますが、実は違います【解説】加藤ひとみ(日本セルフリフティング協会代表)


かとう ひとみ(おきゃんママ)
1962年生まれ。メスを使わず、高額エステに頼らない最高のアンチエイジング法「1日たった7分・たるみ改善!顔ダンス」の提唱者。化粧品、コスメの口コミ情報ポータルサイト@cosme(アットコスメ)で、通称「おきゃんママ」としてデビュー。これまでに1万人以上のたるみを劇的に改善させる。著書に『たるみが消える! 顔ダンス』、『【DVD付】顔ダンスで即たるみが上がる!若返る!』(いずれも世界文化社)がある。

加藤先生の驚きのビフォアーアフター

老け顔の原因はシワではなくたるみ

 最近撮影した写真を見て「私って、こんなに老けていたかしら」「ひどくやつれた感じがする」「ブルドッグ顔のおばさんだわ」などと、がっかりした経験はありませんか。
 顔が老けて見えるのは、ほうれい線や、目頭から斜め下に現れる「ゴルゴ線」というシワのせいだと多くの女性が思っていますが、実は違います。

 ほんとうの原因は、顔がたるんだことで生まれる影です。
 若い頃には、目やあごの下に影がありません。たるみでできた影こそが顔を暗く、重く見せて、ひどく老けた印象を作り出している真犯人なのです。
 顔のたるみを解消させて影を消し、顔を若返らせるメソッドが「顔ダンス」です。

 顔ダンスが生まれたきっかけは、私が38歳のときに、13歳年上の夫よりも年齢が高く見られて、ショックを受けたことでした。
 女性としての自信を失い、高価な化粧品や美容器具を次々と試したのですが、いっこうに顔は若返りません。それでも「この顔のままでいたくない」とあきらめられませんでした。
 そして独学で解剖学を勉強し、表情筋を鍛えてたるみを改善する方法を試行錯誤していると、「今日は顔の調子がいい」「夕方になっても疲れた顔になっていない」と少しずつ変化が現れてきたのです。こうして顔ダンスが生まれました。

 私自身の顔で顔ダンスの効果を確かめられたので、46歳のときに「おきゃんママ」という名前でやり方をブログで紹介し始めました。すると1カ月で240万回もページが見られるほどの人気を集め、「直接教えてほしい」という要望がたくさん届いたのです。

 こうして私が直接教えたり、私の生徒が指導したりして、これまでに1万人以上が顔ダンスを受講しました。
 顔ダンスを実行した人からは、顔のたるみが解消して明るく、若々しい印象になっただけでなく、額・眉間のシワ、そしてほうれい線やゴルゴ線も消えたと報告を受けています。
 多くの女性に喜ばれて、顔ダンスを考案してよかったと私もうれしく思っています。

顔ダンスで鍛えられる主な表情筋

笑顔を作る表情筋だけ 鍛えるのが特徴

 顔ダンスのポイントは、笑顔を作るときに使う表情筋だけを鍛えること。
 ふだんはあまり使っていない筋肉を鍛えるので、最初から上手に行える人はほとんどいません。それでも毎日取り組めば、徐々に筋肉を動かせるようになっていって、2週間で「口角が上がりやすくなった」などと実感できるはずです。

 1カ月すると「ほおの位置が上がった」「ほうれい線が薄くなった」と自分で変化に気づき、2〜3カ月後には周囲の人から「若返った」と指摘されるようになるでしょう。「整形したの?」と聞かれた人も少なくありません。

シワが伸びて 張りが生まれる

「顔ダンスで顔の筋肉が発達し過ぎて、ゴリラのような顔になりませんか」という質問を受けたこともありますが、心配無用です。むしろ、筋肉が発達することで顔の皮膚が土台から支えられて、シワが伸びていきます。
 また、顔ダンスで血行が改善されることとの相乗効果で、肌に張りが生まれるのです。

仕事が順調に進んで モテ期が来ることも

 顔ダンスで自然と表情が明るくなるだけでなく、話している間も口角が上がったままの、魅力的な口もとになっていきます。

 写真を撮るときのいわゆる「キメ顔」が美しくても、話しているときの表情が乏しかったり、口がゆがんだりすると台無し。私たちが誰かといっしょに過ごすときは、会話している時間が長いのです。静止して表情を作るキメ顔以上に、話しているときの表情が自分の印象を大きく左右するわけです。

 これは私自身の体験ですが、以前に就いていた仕事で、顔ダンスを始めてからお客様受けがよくなったと実感したことがありました。長年にわたってまじめに仕事をしてきたのですが、もともと表情に乏しかったこともあって、堅苦しい印象をお客様に与えていたのかもしれません。

 顔ダンスで笑顔で話せるようになってからは、お客様もリラックスされるようで、スムーズに仕事の話が進んでいきました。
 さらに、顔ダンスで男性受けもよくなるようです。私が顔ダンスを教えた生徒さんから「この年齢になってから、急にモテ期が来ました」「夫婦関係も改善してきました」といった報告を受けています。

 筋肉を鍛えることで80代でも筋線維を育てられることが、科学的にわかっています。ですから、年齢で顔の若返りをあきらめる必要はありません。多くの女性が顔ダンスで魅力を開花させ、心から人生を楽しんでほしいと願っています。

「美容施術とほぼ変わらない効果」と前後写真を見て医師も驚いた顔ダンス(恵比寿美容クリニック院長 堀江義明)

「顔ダンス」を実行して多くの女性の顔が若返っています。その前後の写真を見せてもらって、正直、私はとても驚きました。美容施術を行った場合と同じぐらいの変化と言ってもいいかもしれません。
 日常生活ではじゅうぶんに使っていないために、眠っていたような状態になってしまっている表情筋を顔ダンスで刺激したことで、たるみが改善したと考えられます。
 また、私たちはふだん気づかないのですが、食事のときにいつも左右どちらかのあごでかむなどの癖があります。こうした癖で顔に左右差が生まれるのです。左右の非対称は顔の美しさを損なうだけでなく、老けた印象も作ります。
 顔ダンスで表情筋を均等に鍛えることで、表情筋の左右差が解消されていきます。このことも、顔の若返りに役立ちます。
 顔については、年齢を問わず、いつまでも若く、きれいでありたいと望むものではないでしょうか。それを実現するための選択肢として、エステやクリニックは敷居が高いと感じるかたもいらっしゃる中においては、顔ダンスは敷居が低く、多くのかたが取り組みやすいといえます。ですから気軽に試してほしいと思います。
 顔が若返ることで私たちは自信がついて、気持ちもポジティブに変わっていきます。こうして、人生がさらに豊かになっていくのではないでしょうか。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

実は私は、50歳のときに、乳ガンを発症しました。ガンは手術で切除しましたが、抗ガン剤や放射線治療は受けず、かわりに食事と生活を徹底的に見直すことで、ガンを克服することができたのです。そんな私が、患者さんに特にお勧めしている食材の一つが、タマネギです。【解説】星子尚美(クリニック真健庵院長)


【顔のたるみ・むくみを解消】お悩み別「手もみ美容」のやり方

【顔のたるみ・むくみを解消】お悩み別「手もみ美容」のやり方

私のサロンにいらっしゃるかたは美容や健康面でさまざまな悩みをお持ちです。そこで自宅でも簡単にできて、即効性がある施術として、高麗手指鍼をベースとした「手もみ美容療法」をお勧めしています。顔のたるみ・むくみに効く手もみ美容をご紹介しましょう。【解説】森田真理(Mari鍼灸Salon代表)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング