あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

人前で何かをしたり話したりするときに、必要以上に緊張して、顔がすぐ赤くなってしまう人がいます。いわゆる「赤面症」「あがり症」です。赤面症やあがり症の患者さんには、共通するパターンがあります。それは、過去の「嫌な体験」が発症のきっかけになっていることです。【解説】山田和夫(横浜尾上町クリニック院長・精神科医)


やまだかずお
横浜市立大学医学部卒業。精神科専門医、精神保健指定医。和楽会横浜クリニック院長などを経て、2013年、横浜尾上町クリニックを開業。臨床心理士の山田和惠先生(写真左)とともに、「不安・うつは必ず治る」をモットーとして、うつ、社会不安症、パニック症などに的確な診断と最良の治療を行い、自宅でできるケアなども勧めている。近著『図解 やさしくわかる社会不安障害』(ナツメ社)ほか、著書多数。

あがり症も赤面症も克服できる方法がある

 人前で何かをしたり話したりするときに、必要以上に緊張して顔が赤くなってしまう人がいます。いわゆる「赤面症」です。

 顔が赤くなるのは恥じらいがあるからです。恥じらうことは、少しもおかしなことではありません。むしろ人間にとって自然なことです。

「赤くなってもかまわない」「しどろもどろで話してもかまわない」──そう思って逃げずに場数を踏んでいけば、不安な気持ちが抑えられて、次第に赤面も、あがりもしなくなってきます。

 コンプレックスに打ち勝つと、その後には強い自分が生まれます。ちなみに、聖路加病院名誉院長だった故・日野原重明先生は、100歳を過ぎてもエネルギッシュなかたで有名でしたが、実は小学生の頃は恥ずかしがり屋の赤面症で、それを克服するために中学で弁論部に入り、人前で話すことに慣れたそうです。

「赤面症」は100%治る 顔が赤くならない方法はある

 赤面症の患者さんには、共通するパターンがあります。それは、過去の「嫌な体験」が発症のきっかけになっていることです。

 緊張しやすい人や恥ずかしがり屋な性格な人が、人前で何かをしなければいけないときに、うまくできずに顔が赤くなったことが、「嫌な記憶」として残っているのです。

 顔が赤くなるのは、恥ずかしさや緊張で自律神経の交感神経が優位となり、顔の血流が増えるからです。
 自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。緊張してドキドキしたり、動悸が激しくなったりするのは交感神経が優位になっている状態、リラックスしているときや睡眠時には副交感神経が優位になって、動悸も遅く、呼吸も深くなります。

 心に緊張や不安などの感情が生まれると交感神経が優位になるので、顔が赤くなったり、手が震えたりしてしまうのです。

 でも、緊張するだけでなく、例えば、授業や会議に強い恐怖を感じて学校や会社を休むとなると、とても自然な反応とは言えません。日常生活に支障が出るほどの赤面症やあがり症は、性格の問題ではなく、「病気」ととらえるべきです。医学的には「社会不安障害」のひとつです。

 単に人前で緊張しやすいだけなら、なんとか我慢してやり過ごすことが可能です。社会不安障害は、不安な場面から逃げようとすることで生活に支障が出るのが問題です。

 そのような場合は、専門の医療機関を受診してください。社会不安障害は決して珍しい病気ではありません。あらゆる年齢層に、同じような悩みを抱えている人が大勢いるので、「自分だけがおかしい」と思う必要はありません。極度の赤面症やあがり症は、性格の問題だから治らないと誤解されがちですが、治療をすれば100%治る病気です。私のクリニックでは、特に社会不安障害の患者さんが多く、これまでに2000人以上を治療してきました。

あがり症や赤面症には、漢方薬「白虎加人参湯」も効果的

 不安や恐怖による体の緊張を和らげて赤面症やあがり症を予防するには、マッサージも効果的です。当クリニックでは、薬物治療やカウンセリングだけでなく、セルフケアもお勧めしています。

 赤面症の予防に効果的なのは、手の「ツボ療法」です。人間の体には数百カ所のツボがあるといわれており、それらを刺激することで、それぞれのツボがつながっている体の部位の状態をよくすることができます。

 手のひらには、「労宮」「内関」「神門」という、緊張をほぐすのに効果的なツボが3つあります。
「労宮」は、ストレスや過労に効果があるのに加え、循環器系の保護作用もあります。

「内関」は、興奮を抑えて心を落ち着かせます。動悸や胸の痛み、不整脈や吐き気など心臓や胃の症状にも効きます。
「神門」は、交感神経の興奮を抑えて動悸を鎮めます。不眠症、恐怖症、神経症に効きます。

 最初は3つのツボをすべて押します。症状が軽くなってきたら、そのときの症状に合わせて1カ所押すだけでもいいでしょう。

 手のひらのツボは、いつでもどこでも人の目を気にせずにすぐに押せるので、緊張を感じたときの応急処置にも使えます。

 また、ふくらはぎのマッサージも副交感神経を優位にするので、自宅で毎晩、寝る前に行ってみてください。
 あがり症や赤面症には、漢方薬も効果的です。顔の交感神経を抑える働きのある白虎加人参湯です。緊張する場が予定されているときなど、事前に飲んでおくとよいでしょう。

 あがり症は、性格的なものだけでなく、「治療で治る病気」です。社会不安障害の症状があり、社会生活上の困難を抱えている人は、ひとりで悩まないでぜひ治療を受けてほしいと思います。

赤面症・あがり症に効く「手のツボ押し」&「ふくらはぎマッサージ」

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


 【女性の更年期障害】アキレス腱にカイロを貼るだけで効果!男性は性力アップ

【女性の更年期障害】アキレス腱にカイロを貼るだけで効果!男性は性力アップ

更年期障害は、たいていの場合、自律神経の乱れと冷えが原因で起こります。「体がだるい」「疲れやすい」「めまいがする」「ふらつく」などの症状がある人は、足腰が冷えています。加えて、冷えから生じる関節痛などの不調に悩む人も少なくありません【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校鍼灸教員養成科非常勤講師)


【骨盤のゆがみ】深い呼吸で骨盤を調整 SSサイズが入る体形になりたい!

【骨盤のゆがみ】深い呼吸で骨盤を調整 SSサイズが入る体形になりたい!

体調不良と激太りに悩まされた私は、ヨガや整体などさまざまなレッスンや施術に通ったものの、効果はあまり感じられず。そんなとき、エステの会員誌の取材の仕事で、骨盤体操を体験したのです。すると、ポッコリ出ていたおなかがキュッとへこみました。【解説】佐藤志津香(日本骨盤ヘルスケア協会代表理事)


【15回深呼吸】自律神経の緊張が取れる!190ミリの血圧が130ミリに下がった人も

【15回深呼吸】自律神経の緊張が取れる!190ミリの血圧が130ミリに下がった人も

血圧は、さまざまな要因で大きく変動するものです。なかでも、意外に大きいのが、心理的要因です。医療機関で血圧を測るとき、血圧が上がってしまう現象を、「白衣現象」と呼びます。高血圧のかたにも、この白衣現象があります。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学准教授)


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング