【尿検査でわかる腎臓病】尿アルブミン値は「糖尿病性腎症」の早期発見に役立つ

【尿検査でわかる腎臓病】尿アルブミン値は「糖尿病性腎症」の早期発見に役立つ

「尿の色が茶色っぽい、または赤っぽい」「尿が泡立ちやすい」「頻尿」などがあったら、早急に検査を受けたほうがいいでしょう。そこで、慢性腎臓病かどうかを調べる主要な検査を紹介しましょう。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック 自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


川嶋 朗
1983年、北海道大学医学部卒業。東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所自然医療部門准教授などを経て現職。日本腎臓学会学術評議員、日本東方医学会理事、日本抗加齢医学会評議員、日本統合医療学会理事。

腎機能を早期かつ正確に測定できるシスタチンC

腎臓は、非常に我慢強い臓器で、慢性腎臓病になっても、なかなか自覚症状が現れません。
「尿の色が茶色っぽい、または赤っぽい」「尿が泡立ちやすい」「頻尿(特に夜)」などがあったら、早急に検査を受けたほうがいいでしょう。

そこで、慢性腎臓病かどうかを調べる主要な検査を紹介しましょう。

尿検査でわかる項目

尿たんぱく

腎臓が正常であれば、たんぱくが尿中に出てくることはありません。
ところが、腎細胞が障害されていると、そこからたんぱくが漏れ出てきます。

尿に含まれるたんぱくの総量を、「-」「+-」「1+」「2+」「3+」「4+」で示します。
「-」「+-」が正常で、+の数値が大きいほど、腎臓のろ過機能が低下していることを示します。

尿アルブミン値

アルブミンは、血中に最も多いたんぱく質で、通常は尿に微量しか出ません。
しかし、腎臓が障害され始めると、尿中に出始めます。

アルブミンは尿に微量に出始めた時点からチェックできるため、糖尿病性腎症の早期発見に役立つ指標です。

血液検査でわかる項目

クレアチニン値

尿検査と並んで、最も一般的な腎機能の検査とされるのがクレアチニンの検査です。

クレアチニンは、筋肉が壊れて生じる老廃物で、本来、血液によって腎臓に運ばれ、こし採られて尿中に排出されます。
ところが、腎臓のろ過機能が低下すると、血中にとどまる量が増えます。

血液1dl中に、それが何mgあるかを示すのがクレアチニン値です。
ただし、クレアチニン値は、腎機能の低下に比例して上昇するわけではありません。

そこで、腎機能がどれくらい残っているかは、クレアチニン値から、GFR(糸球体ろ過量)という数値を推算します。
GFRが60(ml/分/1・73㎡)未満だと、少なくとも軽度の慢性腎臓病が疑われます。

GFRは、クレアチニン値がわかれば、日本慢性腎臓病対策協議会のホームページで自動計算することができます(日本慢性腎臓病対策協議会のHP)。

尿たんぱくや尿アルブミンの検査結果と、GFRの値から、慢性腎臓病の進行度は四つに分類されています。

自分の腎機能値がどの段階か、参考にするといいでしょう(左の図参照)。

シスタチンC

近年、腎機能を知る新しい指標として使われているものが、シスタチンCです。
これは細胞内で作られるたんぱくで、腎機能が低下すると、血中に増加します。

シスタチンCは、食事の影響や炎症の有無、年齢、性差などの影響を受けず、正確に腎機能を測定できるという特徴があります。
しかも、早期の段階から、腎機能の低下を発見することが可能です。

クレアチニン値はかなり腎機能が悪化してからでないと異常値が出ないため、クレアチニン値が正常でも、尿検査で、たんぱくが検出されるというケースがあります。
こうした場合、シスタチンCを測ってみるとよいでしょう(同様に、尿アルブミン値も確認に利用できます)。

腸内環境を整えて腎臓の血流を増やそう!

いずれにしても、慢性腎臓病は、早期発見、早期治療が最も肝心です。
慢性腎臓病と診断されたら、まず、その原因をきちんと把握することです。

そして、その原因に応じた対策を講じなければなりません。
例えば、生活習慣病による慢性腎臓病なら、悪い生活習慣や肥満などを改善することが大前提となります。

最後に、腎機能を保ち、透析を回避するための日常生活上のポイントを二つ紹介します。


①腸をキレイにする腸内に悪玉菌が増加すると毒素が増えます。
これは腎臓に負担をかける「腎毒素」となります。
また、腸の機能が悪いと、たんぱく分解もうまくいかず、腎臓の負担になります。

ですから、腎臓の負担を減らすには、腸内環境を整えて、便秘を予防する必要があります。


②体を芯から温める血管の塊である腎臓にとって、血行不良は大敵。
体を芯しんから温めて血流を促すことが、腎機能の維持・改善につながります。
お勧めは、38~39度のぬるめの湯船に30分つかったり、湯たんぽをおなかやお尻に当てたりして、内臓を温めることです。

そうしたことで、腎血流を増やす効果が期待できます。
発酵食品(納豆や漬物、みそ汁など)や、食物繊維の多い野菜や果物、海藻、キノコ類などを積極的にとりましょう。

ただし、腎機能低下が著しい場合は、カリウムも毒素になるので、カリウムを多く含む野菜や果物は控えてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

腎臓は、体内のさまざまなバランスを調整する役割を持ち、不要な物質を排出する働きがあります。しかし、腎臓の機能が低下した慢性腎臓病では、尿として排泄すべき毒素(尿毒素)を十分に排出できません。慢性腎臓病の患者さんは、治療とともに腸内環境を整える食生活がとても重要です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


クレアチニン値が改善した!蛋白尿、血尿が止まった! 腎臓病の食事療法「玄米根菜食」とは?

クレアチニン値が改善した!蛋白尿、血尿が止まった! 腎臓病の食事療法「玄米根菜食」とは?

血液が汚れる食事ばかりしていると、当然、腎臓でのろ過に大きな負担がかかるようになります。腎機能が低下している人は、そうなる前に1日も早く玄米根菜食に切り替えてください。血液がきれいになれば、それはあたりまえのことだとわかってください。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


【慢性腎臓病】を食事で改善!「減塩」ではなく「適塩」を名医が勧める理由とは

【慢性腎臓病】を食事で改善!「減塩」ではなく「適塩」を名医が勧める理由とは

人間は、食べ物によって病気にもなれば、食べ物によって病気を治すこともできます。慢性腎臓病もしかりで、毎日の食事によって改善させることができます。ポイントは、血液を汚す食事をやめて、腎臓に負担をかけない自然の食事に戻すことです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


最新の投稿


【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)