【体臭対策の食べ物】ワキガ・口臭・加齢臭の予防に効果「梅干し茶」の作り方

【体臭対策の食べ物】ワキガ・口臭・加齢臭の予防に効果「梅干し茶」の作り方

梅干しは、その強力な抗菌作用により、昔から万能薬として扱われてきました。多くの健康効果のなかでも、私が特に注目しているのが、消臭作用です。私は、体臭・多汗を専門に治療しており、来院される患者さんにニオイ対策食として勧めているのが、梅干しを緑茶に入れた「梅干し茶」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


食生活の欧米化でにおいに悩む人が増加中

梅干しは、その強力な抗菌作用により、昔から万能薬として扱われてきました。
多くの健康効果のなかでも、私が特に注目しているのが、消臭作用です。

私は、体臭・多汗を専門に治療しています。
来院される患者さんに、におい対策食として勧めているのが、梅干しを緑茶に入れた「梅干し茶」です。

なぜ、梅干し茶がにおい消しに効果があるのでしょうか。
その前に、体臭が発生するしくみについてお話ししましょう。

体臭のきつさが、食べた物に由来することをご存じでしょうか。
例えば、一般に欧米人は日本人よりも体臭がありますが、その理由の一つは、食生活の違いです。

欧米の食卓では、肉・卵・乳製品・小麦製品などが中心。
これらの食品は、いずれも酸性に分類されます。

酸性食品ばかり食べていると、体内の血液が、酸性傾向になりがちです。
通常、健康な人の血液は、pH7.36〜7.44の弱アルカリ性に保たれているので、血液が酸性になることは、実際はありません。

しかし、弱アルカリ性の状態が、わずかにバランスをくずし酸性に傾きかけると、体の抵抗力が落ち、病気や老化の原因物質である活性酸素が生じやすくなります。

すると、体内の皮脂腺などで酸化反応が進み、その過程で、におい物質が作り出されます。
こうしたわけで、酸性食品ばかり食べていると、体臭が強くなるのです。

実際に日本でも、食生活の欧米化に伴い、体臭が気にされるようになってきました。
もともとのワキガ体質がより顕著になる人や、加齢臭などに悩む人が増加しています。

体臭予防には、血液をよりアルカリ傾向に保つことがポイントです。
そこでお勧めなのが、アルカリ性食品の代表である、梅干しなのです。

梅干しは、その酸っぱさから酸性と誤解されがちですが、豊富に含まれるミネラル類の働きで、血液をアルカリ性へと傾けてくれます。

加えて、梅干しは、汗のにおいにも効果を発揮します。
疲労物質である乳酸が体内にたまると、汗の成分中にアンモニアが増加し、においが強くなります。

梅干しに豊富に含まれるクエン酸は乳酸の産生抑制や分解促進を助けるので、体の疲れを取るのと同時に、汗のにおいもおさえてくれるのです。
また、サラサラした汗は成分のほとんどが水分で、においの少ない、よい汗といえます。

こうしたよい汗の産生に、欠かせないのがカルシウム。
梅干しは、腸管からのカルシウムの吸収率を著しく増加させるので、においの少ない汗づくりにも役立つというわけです。

有機酸と唾液のダブル効果で口臭撃退!

このように梅干しは、体臭を予防し、汗のにおいもおさえますが、それだけではありません。
口臭の改善にも効果があります。

梅干しに含まれる、クエン酸を代表とした有機酸には、コレラ菌にも打ち勝つほどの強力な抗菌作用があります。
また、梅干しを食べると、ご存じのとおり、唾液の分泌が促されます。

唾液にも、優れた抗菌作用が認められています。
つまり、有機酸と唾液のダブル効果で、口臭を撃退できるというわけです。

この、全身のにおい対策に強力な効果を発揮する梅干しを、さらにパワーアップさせるのが、緑茶です。
緑茶には、カテキン類、フラボノイド類といったポリフェノールが豊富に含まれています。

これらは、におい物質と化学反応を起こして中和したり、活性炭のような微細構造でにおい物質を吸着したり、においのもとになる雑菌の繁殖をおさえたりします。
緑茶もまた、梅干しに負けないほど防臭・消臭効果があるのです。

患者さんのなかには、朝のコーヒーを緑茶に替えただけでも、奥さんから「におわなくなった」といわれた人や、緑茶をたくさん飲んだら尿のにおいが軽減したという人もいます。

ちなみに、緑茶のカテキンは、二煎め、三煎めのほうが多く抽出されます。
渋いお茶はそれだけ消臭力が高いと思って、喜んで飲みましょう。

梅干しと緑茶の組み合わせは、そうしたわけで、におい対策の最強タッグです。
しょっぱいのが苦手な人も、「梅干し茶」にすれば、梅干しの塩気が薄まり、とりやすくなります。

もちろん、梅干しをお茶請けにしていっしょに食べても、効果に変わりありません。
においが気になる人は、ぜひ梅干し茶を毎日の生活に取り入れてみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

生活習慣の乱れやストレスなどが原因でエクリン腺の働きが衰えると、ミネラルや糖質・脂質を多く含むベタベタの「悪い汗」が出てくるのです。現代人の多くがかく汗は悪い汗で、脂臭・汗臭のそもそもの発生源です。【解説】五味常明(五味クリニック院長・医学博士)


【口臭の原因】口内“悪玉菌”が発する毒ガス 「歯ブラシ2本」で対策を!

【口臭の原因】口内“悪玉菌”が発する毒ガス 「歯ブラシ2本」で対策を!

代表的な悪玉菌は、虫歯菌と歯周病菌です。虫歯菌は、歯のエナメル質を溶かし、虫歯の原因となります。歯周病菌は、歯周ポケットに入り込み、歯周病の原因となります。実は、口臭の原因菌の8割以上が、この歯周病菌です。歯周病菌が発する、腐敗臭を伴うガスこそが口臭の正体なのです。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部教授)


【白髪・加齢臭・肌荒れが改善】汗をたっぷりかいてデトックス「塩浴」の効果

【白髪・加齢臭・肌荒れが改善】汗をたっぷりかいてデトックス「塩浴」の効果

体からヌルヌルの脂がドッと出て美肌になり白髪もない秘訣は「塩湯デトックス」!肌表面の汚れを取り除くだけでなく毛穴に詰まった古い皮脂や老廃物の排出を促し、肌が本来持つ自然浄化力や再生力を回復させ、ベタつき、かさつきのないすべすべな肌へと導いてくれるのです。【解説】松本和子(株式会社三栄代表取締役・塩浴普及家)


【糖尿病改善・肝臓病に効果】緑茶の効能をさらに高める飲み方を医師が解説

【糖尿病改善・肝臓病に効果】緑茶の効能をさらに高める飲み方を医師が解説

緑茶に含まれるカテキンには、血糖値の上昇を抑制する作用も認められています。 カテキンで糖質の消化吸収がゆっくりになると、糖が血液中に吸収されるのが遅くなって、血糖値の上昇もおだやかになります。結果、糖尿病の予防・改善効果が期待できるのです。【解説】栗原毅(栗原クリニック 東京・日本橋院長)


【ワキガ・口臭対策】消臭・殺菌作用のある「シソジュース」がお勧め

【ワキガ・口臭対策】消臭・殺菌作用のある「シソジュース」がお勧め

シソジュースは、煮出したシソの汁にクエン酸を加え、好みで甘みをつけたものです。シソに含まれているクロロフィルは植物だけに含まれる成分で緑の濃い物ほど含有量が多くなります。代表的な作用が消臭・殺菌作用です。それに加えて、クエン酸には老廃物が体内にたまるのを防ぐ働きがあります。【解説】田島眞(実践女子大学名誉教授)


最新の投稿


【心臓の痛み・動悸】を抑える「指つかみ」 鍼灸学校校長も心筋梗塞を回避!

【心臓の痛み・動悸】を抑える「指つかみ」 鍼灸学校校長も心筋梗塞を回避!

仁神術は、患者さんの体に手を当てて、東洋医学でいうところの“気”の流れを整え、心身の不調や、体の痛みを治していきます。鍼やお灸といった道具を使わずに行うことができ、治療効果も高いため、私が校長を務める東洋鍼灸専門学校でも、課外授業で学生たちに教えています。【解説】竹内廣尚(東洋鍼灸専門学校校長)


【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)


【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。調理が簡単で美味!便秘を解消し免疫力もアップと人気の慈恵医大式「大麦レシピ」をご紹介します。【監修】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院・管理栄養士)


【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

生活習慣の乱れやストレスなどが原因でエクリン腺の働きが衰えると、ミネラルや糖質・脂質を多く含むベタベタの「悪い汗」が出てくるのです。現代人の多くがかく汗は悪い汗で、脂臭・汗臭のそもそもの発生源です。【解説】五味常明(五味クリニック院長・医学博士)


【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

ぜひ皆さんにお勧めしたいのがキャベツダイエットです。実は私自身、キャベツダイエットで、3ヵ月で20kgという大幅減量に成功しました。キャベツダイエットのすばらしい点は、空腹感なしでやせられること。単におなかがすかないだけではありません。まずは私の体験をお話ししましょう。【解説】寺師義典(寺師医院院長)