【手をもむ】ことの効果 病院や薬に頼らず 病気や症状が改善した人も

【手をもむ】ことの効果 病院や薬に頼らず 病気や症状が改善した人も

手には、体のすべての臓器に対応した反応ポイントが、細かく分布しています。そこを刺激することで、対応する臓器の細胞活動が活性化し、病気や不調が緩和します。私はこのことを、数多くの事例で確認しましたが、つい最近もそれを実証するような出来事がありました。【解説】大村恵昭(コロンビア大学医学博士)


大村恵昭
医師。コロンビア大学医学博士。ニューヨーク医科大学非常勤教授。ニューヨークを拠点とし、病気の早期診断や安全な治療法普及のため、世界中で活動している。最近の研究で、太陽光を浴びると手への刺激で得られる効果が上がると判明。また、適量のビタミンD3摂取により、安全で優れた抗がん作用が得られることもつきとめた。1日3回の食事と合わせて適量のD3の摂取を推奨している。

電話越しに教えた手のもみ方で患者を助ける!

 手を押したり、もんだり、つまんだりして手に刺激を与えることで、実に多くの病気を撃退できます。
 私はこのことを、数多くの事例で確認しましたが、つい最近もそれを実証するような出来事がありました。

 数ヵ月前、ブラジル・サンパウロで開かれた国際未病学会に特別講師として招かれたときのことです。その初日、学会長との夕食時に、彼女の携帯電話が鳴り出しました。
 電話は彼女の患者さんからで、心臓発作を起こしたとのこと。「救急車を呼ぶようです。私も病院に行きます」と、彼女は慌てて席を立とうとします。

 心臓発作は、一刻を争います。そこで私は「もう1度、その患者さんに電話をして、私の言うとおりに対処してください」と話し、電話越しに次のように指示しました。
まず、患者さんの心臓の代表領域(※)を50回、指でつまむようにしてもんでもらいました。ちなみに心臓の主な代表領域は、左手の手のひら側、中指第3セグメント(第2関節と中指の根元の間)にあります。

※代表領域は手のひらと甲にある。関節、内臓など全身に対応している


 通常なら、これだけでもよいのですが、一刻を争う状況です。さらに、左手の甲にある胸腺の代表領域の皮膚も、指で30~50回つまんでもむように伝えました(写真参照)。

 胸腺とは、左右のろっ骨の中央にある胸骨柄の裏、心臓の上前部にある、免疫をつかさどる重要な臓器のことです。

 すると間もなく、学会長が携帯を耳に当てたまま「ファンタスチコ(すごい)!」と驚嘆しました。患者さんの頻脈(心拍数が増加している状態)と胸の痛みや苦しさが急に解消し、らくになったというのです。

 心臓だけではありません。手には、体のすべての臓器に対応した反応ポイントが、細かく分布しています。
 そこを刺激することで、対応する臓器の細胞活動が活性化し、病気や不調が緩和します。

 私は、自ら手にあるツボの効果を調べて各反応ポイントを完成させました。それは、毎日の治療に使うほど信頼を置いています。
また、私の研究により、手をもんだり、つまんだりして刺激すると、次のような効果を得られると判明しました。

●正常細胞「テロメア」が増えるので、がんになりにくくなることが期待できる。

●長寿遺伝子「サーチュイン1」が増え、がんを作りやすくするp53遺伝子を抑制。老化も防げる。

●臓器の血液やリンパ液の流れを急速によくし、動脈硬化を防ぐ。
 筋力維持に大事といわれる若返りホルモン「DHEA」が増える。

●神経伝達物質「アセチルコリン」が増えるので、認知症改善を期待できる。

 いずれも細胞の活性を支え、多彩な健康効果が得られます。

今年84歳になる今も、日々の医療・研究活動に加え、講演のために世界中を飛び回っていられるのも、このおかげです。

 みなさんもぜひ、手を押したり、もんだり、つまんだりして刺激してください。
 病気や不調が改善し、きっと今よりも健康になれるはずです

病気が改善!大村式手もみ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

私が患者さんたちに勧めている家庭療法の1つが、手のひらをもむことです。難治性のアトピー性皮膚炎が劇的に改善した例もあります。手もみ気功は、不登校や多動など、心の不調や問題行動を抱える子どもにも試してみてください。自律神経が整い、気持ちや症状が落ち着いてくるでしょう。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)


【歯科医】30年来の不眠症が治った!過緊張対策にもお勧め「小指もみ」のやり方

【歯科医】30年来の不眠症が治った!過緊張対策にもお勧め「小指もみ」のやり方

過緊張に特に効果があるのは小指への刺激です。小指の指先を刺激すると、自律神経の副交感神経が優位になって緊張がゆるみます。また全身の血流がよくなるので、足の先まで温かくなります。この小指刺激は過緊張だけでなく不眠、うつ、頭痛などにも効果があります。【解説】七沢久子(山梨県歯科衛生専門学校校長・七沢歯科医院院長)


【脳研究で判明】脳卒中のリハビリに効果!脳を活性化させる「手の刺激法」

【脳研究で判明】脳卒中のリハビリに効果!脳を活性化させる「手の刺激法」

脳卒中のリハビリの際、ただ手を動かしているだけでは、手は使えるようにはならないことがわかっています。コップは持てても、水を飲むことができないのです。コップの水を飲むためには、強制把握と精密把握をそれぞれ鍛える必要があります。【解説】久保田競(京都大学名誉教授)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング