【週一断食の効果とやり方】1日だけで健康デトックス 成功のコツと注意点

【週一断食の効果とやり方】1日だけで健康デトックス 成功のコツと注意点

現代人は、食べ過ぎや食生活の乱れによって、さまざまな問題を抱えています。自宅で気軽に安全にできる断食として、私がお勧めするのが「週1断食」です。週1断食とは、週に1回、1日1食にする「24時間断食」です。これなら、1日2食抜くだけなので、さほど抵抗はないでしょう。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


4週続ければ3日間断食と効果は同じ

現代人は、食べすぎや食生活の乱れによって、さまざまな問題を抱えています。
それに対し、断食が効果的であることは、別記事で述べました。

しかし、「断食なんて、つらそう」「仕事や家事があるから、とても実践できない」と思う人も多いのではないでしょうか。
確かに、長期にわたって行う本格的な断食は、気軽にできるものではありません。

断食前に準備期間を設けて徐々に少食にし、断食後の数日間も、注意しながら通常の食生活にゆっくり戻していく必要があります。
基本的には、専門家の指導のもとで行うものです。

そこで、自宅で気軽に安全にできる断食として、私がお勧めするのが、「週1断食」です。
週1断食とは、週に1回、1日1食にする「24時間断食」です。

これなら、1日2食抜くだけなので、さほど抵抗はないでしょう。
断食前後の食事も、控えめにするのが理想ですが、本格的な断食ほど厳密にする必要はありません。

それでいて、週1断食を4週続けて行えば、3日間の本格的な断食とほぼ同様の効果が得られるといわれています。
4週続けなくても、24時間断食を1回やるだけで、内臓を休ませることができるので、効果は大いに期待できます。

逆に、無理なくできる人は、4週以上続けてもかまいません。
体調に合わせて行ってください。

それでは、週1断食のやり方を説明しましょう。

●準備食
準備食といっても、特別な物を用意する必要はありません。
動物性の食品や、脂っこい料理を控える程度でけっこうです。

例えば、ご飯とみそ汁、野菜のおひたしや煮物といった、和食中心のメニューがいいでしょう。
腹八分目にして、アルコールは飲まないでください。


●断食
準備食をとったあと、24時間、何も食べずに過ごします。
例えば、前日の夜7時に夕食をとったら、翌日は朝食と昼食を抜いて、夜7時まで何も食べません。

朝食をとって昼食と夕食を抜いても、昼食をとって夕食と翌日の朝食を抜いてもかまいません。
自分がやりやすい方法で行うのが一番です。

朝食と昼食を抜く場合は、前日の夕食を、就寝2時間前までにとり終えてください。
断食中、口にするのは、ゼロカロリーでカフェインを含まない水分だけです。

水、または三年番茶、柿の葉茶がお勧めです。
水分をとりすぎると体が冷えるので、注意してください。

ふだんよりトイレの回数が増えたら、水分のとりすぎです。
水やお茶をよくかんで飲むと、水分のとりすぎや、空腹感をおさえるのに役立ちます。


●回復食
断食後の食事も、準備食と同じようなメニューを心がけましょう。
胃腸に負担がかかるので、ドカ食いはしないように、くれぐれも気をつけてください。

断食明けは胃腸の吸収力が高くなっています。
お酒は飲まず、添加物の多い食品は避けて、良質な物を食べましょう。

「口すぼめ呼吸法」で空腹を紛らわす!

次に、週1断食のコツと注意点です。
断食は体調のいいときを選んで行い、激しい運動やストレスになることは、極力避けてください。

入浴も短めにします。
もしも断食中につらくなったり、軽い頭痛や吐き気が起こったりしたときは、自然塩を少しなめるといいでしょう。

また、断食中はデトックス反応として、眠くなったり、体臭や口臭がきつくなったり、イライラしたりすることがあります。
心得ておきましょう。

断食中は、自分の好きなことをして過ごしてください。
見たい映画、聴きたい音楽、読みたい本などを用意しておきましょう。

おなかがすいて眠れないときや、イライラしたときの気分転換にも役立ちます。
ゆっくりとしたウォーキングやヨガなど、軽めの運動も、気分転換にお勧めです。

最後に、空腹が紛れる「口すぼめ呼吸法」をご紹介します。
まず、口から息を吐き切ります。

次に、そうめんをすするイメージで、口をすぼめてゆっくり息を吸い、口をすぼめたままゆっくり息を吐きます。
この口をすぼめた呼吸を5〜6回くり返してください。

不思議と、空腹感が薄らいでいきます。
なお、週1断食は基本的には自宅で安全に行えますが、なかには注意が必要な人もいます。

術後1年以内の人、病気で体重が落ちている人、消化器系の大きな病気を抱えている人は、断食は行わないでください。
糖尿病の人、妊娠中の人、薬を服用中の人は、安全のため、断食をするなら専門家の指導のもとで行いましょう。

貧血を起こしやすい人、極端に体力のない人、活動量の多い人や子供は、体の反応を確かめながら慎重に行う必要があります。
体調が悪くなったら、無理をせず、中断してください。

→医師が「週1断食」を勧める理由

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

生甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑制するため、シミの増加を防ぎ、美白効果があります。また、毒出し効果が高いビタミンB群も、生甘酒には豊富です。通称「美肌のビタミン」とも呼ばれ、シワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。【解説】和田清香(ダイエットエキスパート)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング