【セロトニンが活性化】「断食」が心身にもたらす効果とは ― 難病を克服した医師が解説

【セロトニンが活性化】「断食」が心身にもたらす効果とは ― 難病を克服した医師が解説

心が不安定になると、病気はますます治りにくくなります。腸には、心を癒し、平常心や前向きな気持ちをもたらす神経伝達物質「セロトニン」が、多く存在します。断食で腸を休ませ、腸内環境を整えることは、セロトニンの活性を高めることにもつながります。【解説】西本真司(西本クリニック院長)


腸の難病を克服し薬をやめても再発なし

私のクリニックには、さまざまな難病のかたが多く来られます。
というのも、私自身が難病を克服したからです。

私は29歳のときに、潰瘍性大腸炎と診断されました。
これは、大腸の粘膜に炎症が生じて、腹痛や血便、激しい下痢などの症状が起こる難病です。

私もひどいときは、1日40回以上の下痢と血便に苦しみ、臨死体験をするほど危険な状態に陥ったこともありました。
しかし、試行錯誤をくり返し、7年で「完治」といえる状態まで回復できたのです。

通常は「一生薬を飲み続けなければならない」といわれているにもかかわらず、薬をやめても再発することなく、現在まで元気に過ごしています。
もちろん、再発を防ぐための取り組みは続けています。

病気を治し、遠ざける方法をいろいろ分析・実践し、体調維持に役立てているのです。
そして、効果があると判断したものは、治療の一環として患者さんにも勧めています。

その一つが「断食」です。
闘病中に、2〜3日から1週間にわたる断食療法も行いました。

クリニックでの断食セミナーのために、2010年6月から実験的に断食を開始し、2011年1月からは希望する患者さんといっしょに、3日間の断食を実践しています。

1〜2ヵ月に1回のペースで、現在までに計33回行ってきました。
断食は、潰瘍性大腸炎をはじめ、さまざまな難病の克服に役立つことを実感しています。

心を癒し前向きにする「セロトニン」が活性!

断食をすると、何がいいのか。第1に腸が休まることです。
潰瘍性大腸炎では、炎症を起こしている腸の負担を減らすことが、とても重要です。

食べ物が入ってこなければ、消化管は働かなくて済みます。
そして、消化にエネルギーを必要としない分、傷ついた箇所の修復にエネルギーが回されるのです。

また、炎症は「炎」という字が示すように、燃えることで起こる症状です。
燃料となる食物を体内に入れなければ、炎症は治まっていくでしょう。

最近は、陸の油(魚などに含まれるオメガ3系以外の油)をとりすぎると、炎症を起こしやすいことが、ある程度明らかになっています。
白砂糖など、精白されたブドウ糖が、口腔内で悪玉菌のエサになることもわかってきました。

断食をすれば、それらの摂取量が必然的に減るため、炎症が起こりにくくなるのです。
加えて、動脈硬化を予防・改善することも、病気を遠ざける重要なポイントです。

糖をとりすぎると、AGEsという糖化最終産物が増え、それが血管壁に悪影響を及ぼして、動脈硬化を引き起こすといわれています。
断食をすると、AGEsがエネルギー源として使われるため、動脈硬化の予防・改善に役立つのです。

もう一つ、病気の克服には精神面の安定も必要です。
難病の患者さんは病気を悲観し、マイナス思考に陥りやすいもの。

心が不安定になると、病気はますます治りにくくなります。
腸には、心を癒し、平常心や前向きな気持ちをもたらす神経伝達物質「セロトニン」が、多く存在します。
断食で腸を休ませ、腸内環境を整えることは、セロトニンの活性を高めることにもつながります。

私は過去に14回、断食中に自分のセロトニンのデータを測定しました。
それを見ると、断食によってセロトニンの活性が高まっていることは明らかです。

なお、セロトニンを活性化させるには、腸の状態を整えるほかに、リズム運動をすること、太陽の光を浴びることがよいといわれています。
断食と併せて、このようなことを実践している人は、心が安定し、難病を克服できます。

ただ、断食がすべての人に合うとは限りません。
断食をすると、一時的に抵抗力が下がったり、頭痛や吐き気などが起こったりするため、途中で断念せざるをえない人もいます。

特に、病気を抱えている人が3日以上の本格的な断食を行う場合は、危険を伴うので、必ず専門家の指導のもとで行ってください。
断食を行うなら、3食のうち2食を抜く「週1断食」が安全でしょう。

潰瘍性大腸炎の人であれば、寛解期(症状が落ち着いている時期)に、週1断食を行うのは、非常に意味のあることだと思います。
週1回の断食を何回かくり返すことで、腸が休まるので、炎症が鎮まったり、症状が改善したりする効果も、期待できるでしょう。

人間は、大きな病気にならないと、なかなか本気にはなれないものです。
私も食べることが大好きなので、病気になるまで、断食など考えたこともありませんでした。

おいしい物を食べたい気持ちは、よくわかります。
だからこそ、今は特に病気を持っていない人も、たまには断食をして、腸を休ませてあげてはいかがでしょうか。

そうすることで、健康な体と、食べる楽しみを持ち続けることができます。
なにより、断食後の食事のおいしさは、何物にも代えがたいものです。

また、断食することで、「食べない楽しみ」を知ることもできます。
断食中の心の静けさは、ほかでは得られません。

週1断食なら、3食のうち2食を抜くだけなので、すぐに実践できます。
ぜひ、食べる楽しみと、食べない楽しみの双方を味わってみてください

→「週1断食」のやり方はコチラ

西本真司
近畿大学医学部卒業。自らの潰瘍性大腸炎の闘病体験を生かしたホリスティックな医療を実践。著書に『潰瘍性大腸炎は自分で治せる』(マキノ出版)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

生甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑制するため、シミの増加を防ぎ、美白効果があります。また、毒出し効果が高いビタミンB群も、生甘酒には豊富です。通称「美肌のビタミン」とも呼ばれ、シワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。【解説】和田清香(ダイエットエキスパート)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング