【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(冷凍卵黄・卵黄しょうゆ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(冷凍卵黄・卵黄しょうゆ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できます。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


また、卵黄には「脳の栄養素」といわれるレシチンがたっぷり含まれており、記憶力や集中力がアップして脳の活性化に役立つのです。
そこで今回は、冷凍、しょうゆ漬け、みそ漬けなど、卵黄にさまざまなアレンジを加える調理法をご提案します。
ほんのひと手間加えるだけで、今まで味わったことのない驚くほどの美味しさを堪能できますので、ぜひぜひお試しください!

冷凍卵黄

卵黄は、凍らせてから解凍すると半熟卵のようにトロッとした舌触りが楽しめます。

【作り方】
❶弁当のおかず入れなど、シリコン製の容器(凍っても卵黄がくっつかないようにするため)に、卵黄を1個ずつ入れる。
❷冷凍庫に入れて凍らせる。

食欲が落ちる暑い日でもモリモリ!冷凍卵黄とタイのタルタルステーキ

(各1人分)
エネルギー203kcal
塩分0.3g

【材料】(2人分)
冷凍卵黄…2個
タイ(刺し身)…80g
ブルーチーズ…10g
オリーブオイル…大さじ1
塩…少々
粗びき黒コショウ…少々
ハーブなど葉物野菜…適宜
クラッカー(メルバトースト)…適宜

【作り方】
❶冷凍卵黄は、室温に20~30分ほどおいて解凍し、5mm角ほどに刻む。
❷タイは小さく刻んだ後、包丁でたたいてさらに細かくする。
❸ブルーチーズは、5mm角ほどに刻む。
❹①、②、③を合わせ、オリーブオイル、塩、黒コショウを加えて混ぜる。
❺葉物野菜は、ミント、万能ネギ、シソ、グリーンカールなどを用意する。
❻④と⑤を盛りつけ、クラッカーを添える。

卵黄のまろやかな味とキムチの辛みがマッチ・冷凍卵黄とタコのキムチ和え

(各1人分)
エネルギー153kcal
塩分0.9g

【材料】(2人分)
冷凍卵黄…2個
タコ(ゆでたもの)…100g
ニラ…3本
キムチ(ハクサイ)…50g
ゴマ油…小さじ1
サニーレタス…適宜
白炒りゴマ…少々

【作り方】
❶冷凍卵黄は、室温に20~30分ほどおいて解凍し、5mm角ほどに刻む。
❷タコは一口大に切り、ニラは細かく刻み、キムチもざっと刻む。
❸①と②を合わせ、ゴマ油を加えてよく和える。サニーレタスを添えて、盛りつけてゴマを振る。

卵黄しょうゆ漬け

卵黄をしょうゆに漬けると、水分が吸い出されてゼリー状になります。
旨みたっぷりの珍味として、お酒のおつまみなどに最適です。

【作り方】
❶容器に卵黄を入れて、ひたひたになるくらいまでしょうゆを注ぐ。
❷冷蔵庫に入れて、4~5日ほど漬ける。

ボリュームたっぷり!うまさぎっしり!卵黄しょうゆ漬けのリゾット

エネルギー462kcal

【材料】(2人分)
卵黄しょうゆ漬け…3個
トマト…200g
オリーブオイル…大さじ2
ニンニク…1/2片
ご飯(かために炊いたもの)…250g
万能ネギ(小口切り)…1/2束
塩…少々
万能ネギ(斜め薄切りにし水にさらす)…3本

【作り方】
❶卵黄しょうゆ漬けは、7~8mm角に刻む。
❷トマトは1cm角に切る。
❸フライパンにオリーブオイル、ニンニクを中火で熱し、ご飯を炒める。油がなじんだら②を加えて軽く炒める。
❹トマトが崩れ始めたら、万能ネギ(小口切り)を混ぜる。火を止めて①を加えて手早く混ぜ、塩を加えて味を調える。
❺盛りつけて、万能ネギ(斜め薄切り)を飾る。

今日の晩酌は冷酒とこれでキマリ!卵黄しょうゆ漬けとサケの和え物

エネルギー159kcal

【材料】(2人分)
卵黄しょうゆ漬け…2個
サケ(刺し身)…80g
ミョウガ…2個
オリーブオイル…小さじ1
塩…少々
キュウリ(せん切り)…少々

【作り方】
❶卵黄しょうゆ漬けは、7~8mm角に切る。
❷サケは1cm角に切る。ミョウガは薄い小口切り。
❸①と②を合わせ、オリーブオイルを加えてよく和え、塩で味を調える。
❹キュウリを添えて盛りつける。

クセのないさわやかで軽やかな仕上がり・卵白のシフォンケーキ


凍らせたり、みそやしょうゆに漬けたりと、卵黄を活用したのはいいけど、たっぷりの卵白をどうしよう……。
そんなときにお勧めなのが、卵白で作るシフォンケーキ!
さっくりふんわりの仕上がりで、おやつにデザートに最適です。

(各1人分)
エネルギー143kcal
塩分0.2g

【材料】(8人分)
卵白…280g(8個分)
Ⓐ小麦粉…100g
 ベーキングパウダー…小さじ1/2
砂糖…60g
冷水…75ml
サラダ油…50ml

【作り方】
❶Ⓐをふるい合わせる。
❷卵白に砂糖を加え、しっかりとかたく泡立てる。冷水を加えてさっと混ぜ、①を入れて混ぜてから、サラダ油を加えてさらに混ぜる。
❸シフォンケーキの型に入れ、160度のオーブンで50分焼く。
❹焼き上がったら、型ごとひっくり返し、完全に冷ましてから取り出す。

→【解説記事はコチラ】免疫力を上げる「卵」パワー

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(2)

【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(2)

変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。【監修】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)【料理】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(2)

【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(2)

タマネギは、どんな料理にも応用の効くおいしい万能食材。1年を通して安価で手に入りやすいことも大きな利点です。豊富な栄養素を含み健康パワーも満点。「糖尿病や高血圧を改善したい」「ダイエットに成功したい」というかたは、特に積極的に摂取すべき野菜です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(1)

【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(1)

変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。【監修】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)【料理】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


記憶力・学習能力の低下を改善する食品は「クルミ」と「卵」が最強 加齢性の認知障害にも効果

記憶力・学習能力の低下を改善する食品は「クルミ」と「卵」が最強 加齢性の認知障害にも効果

脳の働きを改善する栄養素「オメガ3系脂肪酸」は、健康科学の最先端研究機関であるNIH(米国国立衛生研究所)「高齢者の認知機能の低下を改善する」「気分障害の治療の基礎となる」と推奨しています。「コリン」もまた、NIH推奨の栄養素です。【解説】久保田競(京都大学名誉教授・脳科学者)


【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

ガン治療で大切なのは、ガンを見るだけでなく、患者さんの状態も診ることです。重要なのは、たんぱく質をしっかりとり、栄養状態を改善すること。そこで、筋肉をつくる良質なたんぱく源として、特に私がお勧めしているのが、卵です。【解説】星野惠津夫(空海記念統合医療クリニック院長・がん研有明病院漢方サポート科元部長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング