【卵の健康効果】簡単レシピ 脳を活性化する「卵料理」はこれだ!

【卵の健康効果】簡単レシピ 脳を活性化する「卵料理」はこれだ!

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


→【解説記事はコチラ】免疫力を上げる「卵」パワー

卵黄みそ漬け

クリーミーで濃厚で、驚くほど美味です。
一度口にしたら、その美味しさのとりこになります。

少々手間がかかりますが、ぜひお試しください。超お勧め!

【作り方】
❶みそ(好みのものでよい)150gにみりん大さじ3を混ぜる。
❷平たい密閉容器に①の半量を広げる。ペーパータオルを敷いてなじませてから、くぼみを作り卵黄を入れる。ペーパーをかぶせて①の残りをのせ、ふたをしてから冷蔵庫で4~5日ほど漬ける。

モチモチの食感が食欲をそそる卵黄みそ漬けのクリームパスタ

エネルギー704kcal

【材料】(2人分)
卵黄みそ漬け…3個
ベーコン…3枚
ショートパスタ…120g
ニンニク(みじん切り)…1/2片
オリーブオイル…大さじ1
Ⓐ生クリーム…100ml
 タイム…少々
 オレガノ…少々
 コショウ…少々
パセリ(みじん切り)…少々

【作り方】
❶卵黄みそ漬けは、7~8mm角に刻む。
❷ベーコンは粗みじん切りにする。
❸ショートパスタは、パッケージの表示どおりにゆでて湯を切る。
❹フライパンにニンニク、オリーブオイルを加えて中火で熱し、②を炒める。カリッとしたらⒶを加え、強火で煮詰める。
❺とろみが出たら、③を加えて全体をからめる。火を止めて①を混ぜ、盛りつけてパセリを散らす。

香菜の風味が口いっぱいに広がる!卵黄みそ漬けのエスニックサラダ

エネルギー189kcal

【材料】(2人分)
卵黄みそ漬け…3個
Ⓐ魚醤(ナンプラー)…小さじ1/2
 砂糖…大さじ1/2
牛コマ肉…100g
サラダ油…大さじ1/2
香菜(シャンツァイ)…5株
タマネギ…50g
Ⓑニンニク(みじん切り)…1/2片
 刻みトウガラシ…少々
 レモン汁…大さじ2
【作り方】
❶卵黄みそ漬けは、7~8mm角に切り、Ⓐをからめる。
❷牛コマ肉は、細かく刻んでサラダ油で炒める。
❸香菜は葉を摘み、タマネギは薄切りにする。
❹①、②、③を合わせ、Ⓑを加えて混ぜる。

ゆで卵のピクルス

保存に便利なゆで卵の甘酢漬け。
一度作っておけば、いつでも料理に活用できます。
さわやかな口当たりが楽しめて、疲労回復や美肌にももってこいです。

【作り方】
❶小鍋に水200ml、塩小さじ11/2、砂糖大さじ1、ローリエ1枚、赤トウガラシ1本、粒黒コショウ小さじ1を合わせ、一煮立ちさせて冷ましてから酢100mlを加える。
❷ゆで卵を6個作り、殻をむいてから水気をふく。①を密閉できる広口瓶に入れてゆで卵を漬ける。冷蔵庫に入れて、4~5日おく。

ランチにピッタリ!子供にも大人気の一品 ゆで卵のピクルスとホタテのチーズ焼き

(各1人分)
エネルギー576kcal
塩分2.8g

【材料】(2人分)
ゆで卵のピクルス…2個
ホタテ貝柱…80g
サラダ油…小さじ1
クリームチーズ…100g
高菜漬け(刻んだもの)…30g
コショウ…少々
オリーブオイル…小さじ2
イングリッシュマフィン…2個

【作り方】
❶ゆで卵のピクルスは、フォークで細かく崩す。ホタテ貝柱は、1cm角に切り、サラダ油で炒める。
❷クリームチーズを練り、①、高菜漬け、コショウ、オリーブオイルを合わせて混ぜる。
❸マフィンは横半分に割り、割り口に②を等分してのせ、オーブントースターで5~6分こんがりするまで焼く。

酢のアクセントが利いたお手軽サラダ♪ゆで卵のピクルスのサラダ

(各1人分)
エネルギー285kcal
塩分0.9g

【材料】(2人分)
ゆで卵のピクルス…3個
ツナ缶(オイル漬け小)…1個
クレソン…1束
グリーンカール…3枚
サラダ菜…2枚
Ⓐオリーブオイル…大さじ1
 塩…少々
 コショウ…少々
 レモン汁…大さじ1

【作り方】
❶ゆで卵のピクルスは、一口大に割る。ツナ缶は、オイルをよく切ってほぐす。
❷クレソンは、葉を摘む。グリーンカール、サラダ菜は一口大に切る。
❸①、②を盛り合わせてⒶを順にかけて混ぜる。

カリッ!サクッ!ジュワッ!ビールのおつまみに超ピッタリ!!ゆで卵のピクルスの春巻き

(各1人分)
エネルギー401kcal
塩分0.7g

【材料】(2人分)
ゆで卵のピクルス…2個
干しイチジク…40g
春巻きの皮(小)…6枚
豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用)…6枚(100g)
塩…少々
コショウ…少々
マスタード…大さじ1
小麦粉…適量
サラダ油…大さじ3
ラディッシュ…適量

【作り方】
❶ゆで卵のピクルスは、縦6つ割にする。
❷干しイチジクは、50mlの湯で20~30分浸してやわらかくする。水気を切って、7~8mm角に切る。
❸春巻きの皮を広げ、手前に豚肉をのせて塩・コショウし、マスタードを塗る。①と②をのせ、手前からクルクル巻いて、巻き終わりに水で濃く溶いた小麦粉を塗って留める。
❹フライパンに、サラダ油を熱して③を入れ、転がしながら全体がこんがりするまで揚げ焼きにする。
❺盛りつけて、ラディッシュを添える。

→【レシピはコチラ】「卵」アレンジ薬膳(冷凍卵黄・卵黄しょうゆ漬け)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。調理が簡単で美味!便秘を解消し免疫力もアップと人気の慈恵医大式「大麦レシピ」をご紹介します。【監修】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院・管理栄養士)


息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

現在30代の息子は、20代前半から顔に赤いブツブツが出始め、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断されました。ステロイドの塗り薬を処方されましたが、よくなったり悪くなったりをくり返していました。数年すると全身にアトピーが広がり、肌がジュクジュクしてかゆみもひどくなりました。【体験談】野村敦子(仮名・67歳・主婦)


【アボカドで便秘を解消】地中海式和食で絶好腸「腸が元気になる食事」(1)

【アボカドで便秘を解消】地中海式和食で絶好腸「腸が元気になる食事」(1)

腸内環境を整えることは、いつまでも病気知らずの健康体でいるためには不可欠。健康は腸からつくられるといっても過言ではありません。今回ご紹介するのは、腸をぐーんと元気にする、名づけて「地中海式和食」です。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【頭痛を改善する食事】症状が重い時、控えたい食品はコレ!

【頭痛を改善する食事】症状が重い時、控えたい食品はコレ!

頭痛症状を予防・緩和するのに役立つ栄養素が、ビタミンB2とマグネシウムです。これらを多く含む食品を積極的に摂取することで、頭痛の改善が期待できます。一方、控えたほうがよい成分もあります。それは、チラミンです。特に発酵食品や熟成した食品、アルコール類などに、多く含まれます。【解説】山田洋司(梅ノ辻クリニック院長)


【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)