【漢方薬剤師が解説】「黒ごま酒」の効能と作り方―めまいを改善し、肌や髪の老化を防ぐ

【漢方薬剤師が解説】「黒ごま酒」の効能と作り方―めまいを改善し、肌や髪の老化を防ぐ

漢方では、めまいを「眩暈」と言います。眩は目の前が暗くなること、暈は体がゆらゆら揺れるさまを示します。【解説】井上正文(前橋・小暮医院・漢方相談室)


1500年前から愛飲された薬酒

 漢方では、めまいを「眩暈」と言います。眩は目の前が暗くなること、暈は体がゆらゆら揺れるさまを示します。
 めまいの原因は完全には解明されていないようですが、漢方では、大きく分けて次のように考えられています。

①体内に水のよどみが生じたときに起こるめまい。人体を構成している五臓(肝・心・脾・肺・腎)の脾の働きが低下し、頭の中に栄養が十分回らないのが原因で、しばしば吐き気を伴います。

②五臟のうち、肝と腎の力が足りなくなって起こるめまい。足腰の力が弱って、体がフワフワ、ゆらゆらします。

③人間の生命活動を支えている気(一種の生命エネルギー)・血(血液)・水(血液を除く水分)のうち、気・血が不足して起こるめまい。疲れて立ちくらみを起こしたり、体に力が入らなくなったりします。

 この中で、②と③のめまいによく効くのが、黒ゴマ酒です。
 ゴマの中で、漢方の煎じ薬に使われるのは黒ゴマだけです。この黒ゴマを使った黒ゴマ酒は、1500年前の中国の医薬書にすでに記載されています。
 黒ゴマのように黒いものは、腎に入り、腎の力を強める作用があるのです。
 腎は、解剖学でいう腎臓の働きだけでなく、ホルモンバランスや免疫機能(病気に対抗するしくみ)など、生命活動の根幹をなす働きを持っています。この腎が弱ると、生命力が低下して足腰が弱ってきます。そういう足腰の弱まりに伴うめまいに、効果があるのです。
 また、黒ゴマの作用として、血を補う働きがあります。漢方では、血を蓄えているところは肝です。黒ゴマは肝の血を増やし、肝を強化するのです。
 このように、黒ゴマは肝と腎を補い、血を増やす作用があるため、②や③のめまいに効くのです。
 それを補強するのが酒です。酒は「薬を運ぶ船」と、漢方ではとらえられています。船が大事なものを乗せて運河を移動していくように、酒には気を動かす作用があるのです。
 私の漢方相談室のある地域は農村地帯で、夏はどこの家も草取りに追われます。その中には、家の周りも畑もなめしたようにきれいに草を刈る人がいます。
 そういった、きちょうめんな人に多いのが、②や③のめまいです。

 Kさん(68歳・女性)も、そんな一人でした。畑仕事が忙し過ぎることが原因で、めまいが起こるようになりましたが、耳鼻咽喉科の検査でも脳の検査でも異常は見つからず、「漢方で治せないか」と相談に来られました。
 舌を見ると、赤みが強く表面が乾き、肝と腎が低下しているのがわかりました。そこで、Kさんに合った漢方薬を処方するとともに、自宅で黒ゴマ酒を作って飲むように勧めました。
 3ヵ月ほど黒ゴマ酒を飲み続けたころ、Kさんのめまいは消え、シワの深かった肌がふっくらし、髪もツヤツヤになってきました。近所の人から「元気になったね」と、よく声を掛けられるようになったそうです。
 黒ゴマ酒で肝や腎が強化され、気血が足りるようになると、めまいが治まるだけでなく、元気が出て髪や肌も若返ってくるのです。

黒ゴマ酒の作り方

 黒ゴマ酒は、次のように作ります。

❶黒ゴマをフライパンに入れ、焦げつかないようにヘラでかき混ぜながら強火で炒る。香ばしい香りがしてきたら火を止め、冷めるまでよくかき混ぜる。

❷ゴマが完全に冷めたら、耐熱性の広口瓶に移して、35度の焼酎1Lを注ぐ。

❸広口瓶を、ふたをせずに鍋に入れ、瓶が半分ぐらいひたる量の水を鍋に注ぐ。鍋を火にかけ、沸騰したら火を止め、そのまま自然に冷ます。

❹冷暗所で一晩寝かせれば、翌日から飲める。黒ゴマ酒はそのまま冷暗所で保存する。
 黒ゴマ酒は、さかずき1〜2杯分の上澄みをコップに入れ、ぬるま湯で10倍に薄めて飲みます。好みでハチミツなどの甘味を加えても構いません。

 黒ゴマ酒は1日2回飲むといいでしょう。アルコールが含まれているので、車の運転前は飲まないでください。お酒に弱い人、お酒が飲めない人は、飲む前に黒ゴマ酒を十分湯せんし、アルコールをよく飛ばします。
 黒ゴマ酒の底に残った黒ゴマにも、カルシウムや食物繊維などの栄養分が含まれています。取り出してよく絞り、みそ汁やラーメンなどに入れて食べれば、余すところなく黒ゴマの食効を堪能できます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【基本の作り方】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(1)

【基本の作り方】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(1)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


手のツボ刺激で【抜け毛・薄毛】を予防する「手もみ美容」のやり方

手のツボ刺激で【抜け毛・薄毛】を予防する「手もみ美容」のやり方

私のサロンにいらっしゃるかたは美容や健康面でさまざまな悩みをお持ちです。そこで自宅でも簡単にできて、即効性がある施術として、高麗手指鍼をベースとした「手もみ美容療法」をお勧めしています。抜け毛、薄毛を防ぐ手もみ美容をご紹介しましょう。【解説】森田真理(Mari鍼灸Salon代表)


【更年期と薬】症状を抑える薬の飲みすぎに注意!漢方なら少ない種類で改善可能

【更年期と薬】症状を抑える薬の飲みすぎに注意!漢方なら少ない種類で改善可能

更年期障害は、女性ホルモンが減ってくる閉経前後の女性の不調です。現代の医療は臓器別に細分化されているため、多彩な症状があっても、それらを総合的に診ることはあまりしません。症状を抑える薬を複数飲んでも、根本的な問題は解決されていないので、不調も改善されないままです。【解説者】高橋浩子(ひろこ漢方内科クリニック院長)


【お酢の便秘改善効果】"酢玉ねぎ"でダイエット成功し 高音の耳鳴りも解消

【お酢の便秘改善効果】"酢玉ねぎ"でダイエット成功し 高音の耳鳴りも解消

以前の私は、健康とはとてもいえない状態でした。多忙な仕事とストレスに苛まれる毎日で、便秘がち。疲れがたまると、左耳に「キーン」という高音の耳鳴りが起こります。こうした体調不良を、一気に、しかも大きく改善させたものが酢タマネギでした。便秘も解消し、6kg痩せることもできました【解説】周東寛(南越谷健身会クリニック院長)


最新の投稿


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

「セックスできれば元気で長生き」といわれていますが私から言わせるとまったく順序が逆です。「元気だからこそセックスができる」のです。女性同様男性にも男性ホルモン低下が原因で更年期障害が起こります。私は男性ホルモンの補充が絶対必要だと考えています。【解説】熊本悦明(札幌医科大学名誉教授・メンズヘルスクリニック東京名誉院長)


【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

2年前、右耳が詰まっている感じがして耳鼻科に行ったところ突発性難聴と診断されステロイド剤の点滴治療を受けることになりました。病院での9日間の点滴治療が終わっても、聴力はまだ戻りませんでした。耳こすりしかできることはないので、ひたすら続けたのです。【体験談】津田久美子(主婦・46歳)


ランキング


>>総合人気ランキング