【股関節痛、ひざ痛が改善】患部の緊張を緩めて痛みを取る「かかとの8の字ゆらし」

【股関節痛、ひざ痛が改善】患部の緊張を緩めて痛みを取る「かかとの8の字ゆらし」

関節症の改善には、筋力強化が大切とよくいわれますが、私はこれも間違いだと思います。大切なことはまず、緊張している靭帯と関節包を緩めること。そうすれば痛みが和らぎ、体は自然と動くようになります。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


靭帯や関節包の緊張が関節痛の原因だった!

ひざや股関節などの関節症の改善を目的に、私はこれまでに約400種類の運動を独自に考案・開発してきました。
当治療院に来られる患者さんには、一人ひとりの症状に合わせて、その中から20種前後を組み合わせ、運動プログラムを作成し、実践してもらっています。

その際、ほとんどの人にお勧めしているのが、「かかとの8の字ゆらし」という運動です。
アメリカでは、関節症の大部分は、足首のかたさが関係していると考えられています。

かかとの8の字ゆらしは、かかとを8の字に動かすことで、足首の関節をやわらかくする運動です。
実際、患者さんを見ていても、この運動を行ったほうが、回復は早いことを実感しています。

かかとの8の字ゆらしは、ひざや股関節の痛みや不具合を改善する効果が期待できます。
なぜ、かかとを8の字に動かすとこれらの症状が改善するのか、ご説明しましょう。

病院では、「軟骨がすり減って、骨と骨がぶつかって痛みが出ている」と説明されることがあります。
しかし、ほんとうにそうでしょうか。

もしほんとうに骨と骨がぶつかっていたとしたら、それは相当な痛みのはずです。
とうてい、走ることはできないでしょう。

ところが、変形性股関節症と診断された人でも、当院に来られるかたの約8割は、治療後、小走りが可能です。
つまり、小走りできる人の股関節の痛みは、骨に起因したものではないということです。

では、どこからくる痛みなのでしょうか。
私は、同じ場所にばかり体重がかかっていることによって、ひざ関節や股関節を構成する靭帯や関節包が縮んでかたくなり、痛みが出ていると考えています。

靭帯は、関節の骨と骨をつないでいる、コラーゲン繊維の束です。
関節包は、関節面全体を覆っている、薄い膜です。

ひざ関節や股関節が正常な動きをするためには、この二つの緊張を緩める必要があります。
ただ、靭帯は、関節が無理な方向へ曲がらないよう制御するためのものなので、強い刺激を与えると、かえって縮まってしまいます。

そこで考えたのが、ひざや股関節を直接刺激するのではなく、ほかの関節からアプローチする方法です。
人間の各関節は、互いに連動し合っています。ひざや股関節も、腰、足首といった上下の関節と連動しています。

ですから、足首に刺激を与えれば、その刺激をひざや股関節まで伝えることができるのです。

痛みの物質が流れ出し関節可動域が拡大する

かかとの8の字ゆらしで足首を動かせば、連動してひざが動き、さらに股関節も動きます。
これなら軽い刺激で、ひざや股関節の靭帯、関節包を緩められるのです。

関節包が緩むと、その中を流れる関節内液の循環がよくなり、痛みの物質も流れ出すので、痛みが軽減します。
また、靭帯、関節包の緊張が緩むことで、可動域が拡大します。

関節症の改善には、筋力強化が大切とよくいわれますが、私はこれも間違いだと思います。
大切なことはまず、緊張している靭帯と関節包を緩めること。

そうすれば痛みが和らぎ、体は自然と動くようになります。
動けば筋肉が鍛えられ、使えていなかった筋肉が使えるようになるので、全身の筋力バランスも整っていくのです。

それでは、やり方をご紹介しましょう。
イスに座り、痛みがあるほうの足の親指(母趾)のつけ根を床につけ、かかとを上げ、かかとで小さく8の字を描くように、足首を縦と横に動かします。

「い」「逆い」「Z」「逆Z」を書くつもりで動かすと、わかりやすいでしょう。
かかとの8の字ゆらしは、各4方向とも15回ずつ、1日2〜3セット行ってください。

両足が痛ければ両足同時にやってもかまいませんし、痛みのあるほうの足だけでもけっこうです。
この運動は、関節に体重をかけないので、関節を痛める心配がありません。

もし痛みが出たら、それは筋肉痛か、もしくはやり方が間違っているかのどちらかです。
正しく行えば安全。しかも家庭でできて、自分で自分の体を改善できる理想的な運動です。

ただし、腰に痛みが出たときは、すぐに中止してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

よい姿勢とは、健康状態のバロメーターです。反対にネコ背は、あなたが想像する以上に、体全体に悪影響を及ぼします。ネコ背の悪影響として、最初に思い浮かべるのは見た目の悪さではないでしょうか。よい姿勢は、見た目の印象はもちろん、あなたの健康状態も左右するのです。【解説】平泉裕(昭和大学医学部整形外科学講座客員教授)


【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

「寝床で足をモゾモゾする」だけで病気や痛みが快方に向かう。こう言うと「えっ」と驚くかたもいると思います。しかし、これは実は「操体」という健康法の基本的な動きの1つです。では、操体とはどういうものなのでしょうか。【解説】北村翰男(奈良操体の会主宰・薬剤師・鍼灸師)


【むくみ・こむら返りを解消】ふくらはぎストレッチのやり方

【むくみ・こむら返りを解消】ふくらはぎストレッチのやり方

「ふくらはぎストレッチ」は、ストレッチボードに乗ってふくらはぎを伸ばすという、簡単なストレッチです。ストレッチボードがなくても、身近にあるさまざまな物で代用できます。筋トレやストレッチは、何よりも続けることが大事なので、ぜひ、毎日続けてください。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)


名医のTHE太鼓判!【ひざの裏を伸ばす】ひざ裏のばしストレッチ 基本的なやり方はコレ

名医のTHE太鼓判!【ひざの裏を伸ばす】ひざ裏のばしストレッチ 基本的なやり方はコレ

私は医師として、股関節痛や腰痛、膝痛、背中の痛みに悩む患者さんに向けて、膝の裏を伸ばすだけの簡単体操「ひざ裏伸ばし」を処方しています。はじめは体の不調を訴えていた患者さんも、体が柔軟になり、痛みや病気も改善。驚くような効果が得られています。やり方は簡単ですので、紹介しましょう。【解説】川村明(かわむらクリニック院長)


【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

ふくらはぎにはその人の体調が反映されます。健康だと、つきたてのお餅や二の腕のような温かさと軟らかさ、適度な弾力があります。一方、何らかの不調があると、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、しこりのように硬い部分があったり、フニャフニャだったりするのです。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法タオ・テクニカルアドバイザー)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)