【歯茎の腫れ・出血・口臭】改善ツボの場所は「かかと」 ひび割れは婦人科疾患のサインかも

【歯茎の腫れ・出血・口臭】改善ツボの場所は「かかと」 ひび割れは婦人科疾患のサインかも

歯周病や口内炎、さらには口臭など、口の中の症状によく効くのが、かかとの後ろにある「女膝」というツボです。女膝は、私たち鍼灸師の間では、口の中の疾患の特効ツボとしてよく知られています。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


かかとは口と対応し口の中の症状によく効く

歯周病は、日本人の成人の7割以上がかかっているといわれています。
私の患者さんのなかにも、歯茎の腫れや出血でお悩みの人が少なくありません。

この歯周病や口内炎、さらには口臭など、口の中の症状によく効くのが、かかとの後ろにある「女膝」というツボです。
女膝は、私たち鍼灸師の間では、口の中の疾患の特効ツボとしてよく知られています。

かかとのツボがなぜ口の症状に効くのか、不思議に思うかもしれません。
実は、口とかかとは相似的な関係にあるのです。

へそを真ん中にして体を二つに折ると、頭と足が重なります。
そしてかかとは、ちょうど口の辺りになります。

このことから、頭と足の裏、口とかかとが対応する部位だとわかります。
実際に治療しても、頭と足の裏には、共通点があります。

どちらの皮膚も強い再生能力があり、ケガやヤケドをしても、すぐによくなって、跡が残りにくいのです。
女膝は、かかとの上方で、足底から3〜4cm真上にあります。

かかととその上の皮膚は肌目が違いますが、その肌目の境目にあります。
通常、私たちは女膝にお灸をして、歯茎の腫れや出血、口内炎などの症状を抑えます。

しかし、自分でこのツボを1〜2分押しもみしても、効果は十分に期待できます。

女膝の刺激法として、私が患者さんに勧めているのが、床にかかとを打ちつける「かかとトントン」です(やり方は図参照)。

イスに腰かけ、両ひざを伸ばした状態で、片方の足を20〜30cm上げてから、床にストンとかかとを落とします。
これを左右の足で交互に行うという、とても簡単な方法です。

女膝のツボが直接床に当たることはありませんが、床に打ちつけた振動で、女膝やその周辺のツボにも刺激が届きます。
かかとトントンを行う回数の目安は左右合わせて50回です。

それを1日に2〜3度行ってください。
かかとは皮膚が厚いので、多少強く打ちつけても痛めることはありません。

ただし、集合住宅で階下に人が住んでいる場合は、音が響かないように、床にタオルやクッションを置いてやるといいでしょう。

止まらない嘔吐やゲップ逆流性食道炎にも有効!

かかとには、女膝のほかにも、体の各部と対応した反射区などがいくつかあります。
女膝のすぐ上(指幅1本分上)には、胃の症状に効くポイントがあります。

ここには胃酸を抑える作用があり、嘔吐やゲップが止まらないときや、逆流性食道炎などに有効です。
口も胃も同じ消化器系で、胃の症状は口に現れます。

例えば、胃になんらかの症状があると、口内炎を作って、胃を休ませようとするのです。
ですから、口内炎ができやすい人は、胃にも注意が必要です。

さらに、女膝のツボの左右には、生殖器に対応する反射区があります。
かかとの内側は子宮(男性は前立腺)、外側は卵巣(男性は精巣)です。

更年期になると、女性はかかとにひび割れが出やすくなります。
これは単に乾燥のためではなく、子宮や卵巣が衰えて、ホルモンバランスがくずれるからです。

若くても、かかとがひび割れている人は、生理不順や生理痛、子宮筋腫などの可能性があります。
婦人科疾患の有無は、かかとを見れば、ほぼ100%わかります。
口も胃も、子宮や卵巣といった生殖器も、粘膜系の臓器です。

かかとは粘膜系の臓器と深い関係があるので、女膝を中心とした、かかと一帯の刺激は、粘膜系の疾患の予防・改善に役立ちます。
なお、男性なら、前立腺肥大の予防・改善、性力増強なども、大いに期待できます。

ぜひ皆さんも、かかとトントンを試してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【逆流性食道炎】食事改善で克服したバーテンダーに聞いた7つのルール

【逆流性食道炎】食事改善で克服したバーテンダーに聞いた7つのルール

今から約7年前、43歳を目前にしたある朝、それは起こりました。朝、起きたら、今までに経験したことがない気持ち悪さに襲われ、胃の中のものをすべて戻してしまったのです。寝る前に食べたパスタが、ほぼそのままの形で出てきました。【解説】藤村公洋(バーテンダー)


【胃痛・胸やけ・吐き気】“逆流性食道炎”克服レシピ(1)

【胃痛・胸やけ・吐き気】“逆流性食道炎”克服レシピ(1)

ここでは、逆流性食道炎を自ら考案した食事療法で見事に克服したバーテンダーの藤村公洋さんが、逆流性食道炎を患ったときに食べていた料理の一部を紹介します。どれも簡単であっという間に作れるレシピです。ぜひお試しください。【レシピ考案】藤村公洋【料理・スタイリング】古澤靖子


【胃痛・胸やけ・吐き気】“逆流性食道炎”克服レシピ(2)

【胃痛・胸やけ・吐き気】“逆流性食道炎”克服レシピ(2)

ここでは、逆流性食道炎を自ら考案した食事療法で見事に克服したバーテンダーの藤村公洋さんが、逆流性食道炎を患ったときに食べていた料理の一部を紹介します。どれも簡単であっという間に作れるレシピです。ぜひお試しください。【レシピ考案】藤村公洋【料理・スタイリング】古澤靖子


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

「何歳になっても目は自分で治せる」という意識を持つことが、近視や老眼を予防・回復させる一歩であることを理解してください。そんな私が勧める目のケアの一つが「ペットボトル枕」です。目や頭の疲労感がスッと取れ、全身が気持ちよく、リラックスできると思います。ぜひ皆さんも試してみてください。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)