【シミ・シワ・たるみ】「かかとの上げ下げ」で毛細血管を再生し老化を食い止める!糖尿病・認知症も予防

【シミ・シワ・たるみ】「かかとの上げ下げ」で毛細血管を再生し老化を食い止める!糖尿病・認知症も予防

「かかとの上げ下げ」という運動は、私たちの老化や病気を防ぐ、優れた運動といえるでしょう。その理由は、毛細血管の修復・再生が期待できるからです。毎日の少しの努力で、毛細血管の減少は食い止められます。若さと健康は、維持することができるのです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所情報伝達分野教授)


毛細血管が減ると細胞の老化が進む!

「かかとの上げ下げ」という運動は、私たちの老化や病気を防ぐ、優れた運動といえるでしょう。
その理由は、毛細血管の修復・再生が期待できるからです。

私の研究の一つに、「血管」があります。
血管というと、動脈や静脈など、太い血管を思い浮かべる人が多いでしょう。

でも実は、それらは血管全体のわずか1%で、残りの99%は毛細血管なのです。
全身に張り巡らされている毛細血管は、すべてを合わせると10万km(地球の2周半)といわれます。

この微細な血管が、皮膚や臓器など全身の組織へ、酸素や栄養を運んでくれているのです。
以前は、毛細血管は一生維持されると考えられていました。

ところが、2000年ごろから、各臓器の毛細血管を調べていくと、加齢によって減ることがわかってきたのです。

特に皮膚では、30代から減り始め、20代と比べると70代では40%も減少していました。
毛細血管が減ると、血液が隅々まで行き渡らなくなるため、細胞の老化が進みます。

特にわかりやすいのは、肌のシミ、シワ、たるみなどです。
さらに、皮膚だけでなく、各臓器でも毛細血管は同じように減少すると考えられています。

では、毛細血管はなぜ減ってしまうのでしょうか。
通常、血管はその周りを覆う壁細胞によって補強され、その構造が保たれています。

ところが、この壁細胞がはがれると、管状の構造を保てなくなって血管がいびつになり、内側の細胞にすきまができます。
そこから血液が漏れ出すことで血流は途絶え、その先の血管が退化してしまうのです。

壁細胞がはがれる原因は、加齢に伴う細胞の寿命と、血糖値やコレステロール値の上昇による血管の損傷です。
特に、血糖値が急上昇すると、ただでさえ細い毛細血管は大きなダメージを受けるので、糖分のとり過ぎは要注意です。

テレビで紹介された血流アップのお手軽法!

毛細血管で血液が漏れると、具体的にどんなことが起こるかというと、肌の老化現象のほかには、むくみです。
臓器では、肺の毛細血管が漏れると、ぜんそくが悪化します。

肝臓の毛細血管が漏れると、肝機能障害が起こります。
糖尿病の合併症といわれる腎障害や網膜症も、毛細血管の漏れが原因です。

糖尿病の人は血管の細胞そのものが弱くなっているという研究データもあり、こういった障害が起こりやすいと考えられます。
さらに、認知症は血流障害による脳の低酸素状態に加え、毛細血管から神経細胞に毒性のある物質が漏れ出ることが原因と考えられています。

しかし、朗報もあります。血流の途絶えた毛細血管は、修復・再生が可能なのです。
その方法は、血流をアップさせること。血管の細胞は、血液の流れを認識すると、細胞どうしがくっつく作用のあることが実証されています。

加えて、組織を修復する際、人の体には血管新生というメカニズムが働きます。
血流があれば、その血管はまた新たに先へ先へと伸びていくのです。

血流を促すには、マッサージやウォーキング、入浴など、いろいろな方法があります。
なかでも、手軽に効率よく全身の血流を高める方法として昔からよくいわれているのは、冒頭にもふれた、かかとを使ってふくらはぎを動かす「かかとの上げ下げ」です。

私がNHKの「ガッテン!」という番組に出演し、毛細血管の重要性についてお話ししたときには、「かかとの上げ下げ」が紹介されました。
立ったまま、かかとを上げ下げする運動を、1日20〜30回、行うというものです。

かかとの上げ下げをすると、ふくらはぎの筋肉がよく動きます。
ふくらはぎは「第2の心臓」といわれ、筋肉を動かすことでポンプ機能が働き、下肢の血液を心臓に戻して、全身の血流を促す効果があるのです。

これなら、運動が苦手な人やお年寄りでも、無理なく行えるでしょう。
毎日の少しの努力で、毛細血管の減少は食い止められます。

若さと健康は、維持することができるのです。

高倉伸幸
大阪大学微生物研究所情報伝達分野教授

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング