子宮を温める【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

子宮を温める【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

私の鍼灸院には、不妊や生理痛、生理不順など、女性特有の症状に悩む患者さんが多く訪れます。皆さん、おなかやお尻が、驚くほど冷えています。私は、もぐさライナーなど、体を温める生活習慣のアドバイスをしているわけです。【解説】星野さおり(鍼灸院寿彗代表)


星野 さおり
思春期から妊娠、出産、産後、更年期、老年期まで、ライフステージごとに女性をサポートする治療に定評がある。

もぐさが体温で温まり外の冷気から骨盤を守る

3年ほど前、先輩の女性鍼灸師と「骨盤の冷え」について話をしました。
女性の骨盤内には、子宮や卵巣など、大切な臓器が収まっています。

骨盤を冷やすと、腸だけでなく、生殖器にも悪影響が及ぶのです。
そのころ、韓国の健康法「ヨモギ蒸し」が流行していて、日本でもヨモギの成分が入ったライナー(下着につけるシート)が売られていました。

でも、既製品には化学薬品が使われている可能性があり、患者さんに勧められなかったため、手作りすることにしたのです。

試行錯誤の末、不織布に、もぐさと、体を温める生薬を詰めました。
もぐさは、ヨモギの葉の裏の毛を精製したもので、灸に使います。

私は鍼灸用品を扱うお店で買いますが、漢方薬局でも売っています。
お近くの漢方薬局などに問い合わせてみてください。もぐさが手に入れば、だれでも簡単に手作りできます。

私は、もぐさのほかに、乾姜(ショウガの根を蒸してから乾燥させたもの)や、陳皮(ミカンの皮を乾燥させたもの)、当帰(セリ科トウキ属植物の根を乾燥させたもの)などを入れていますが、もぐさだけでもじゅうぶんです。

もぐさを不織布に入れると、小さなクッションのようになります。陰部に当てることで、もぐさが体温で温まり、外の冷気から骨盤を守ってくれます。

同時に、もぐさの有効成分が、陰部の粘膜から吸収され、骨盤内にある子宮や卵巣などの生殖器に、好影響を与えると考えられるのです。

もぐさの原料であるヨモギは、漢方薬に用いられ、冷えや不正出血、痛みを止め、血流を改善し、生理を正常に調整するとされています。

ヨモギは西洋医学でも「ハーブの女王」といわれ、消炎作用や抗菌・抗ウイルス作用を持つ、優れた薬草なのです。

精神が安定する!便秘が解消する!

私の鍼灸院には、不妊や生理痛、生理不順など、女性特有の症状に悩む患者さんが多く訪れます。

皆さん、おなかやお尻が、驚くほど冷えています。
鍼や灸で、体を温める治療をしても、日常生活で冷やしてしまっては、元の木阿弥です。

ですから私は、もぐさライナーなど、体を温める生活習慣のアドバイスをしているわけです。
もぐさライナーは、ナプキンやおりものシートのように、陰部と下着の間にはさんで使います。

ただ、そのままだと、下着の着脱時に落ちてしまいます。そこで、ちょっとした工夫をご紹介しましょう。
下着に留める当て布を作るのです。ガーゼかハンカチを12~13cm角に切り、対角に当たる2ヵ所にスナップボタンをつけます。

もぐさライナーを下着に置き、布を当てて反対側で留めれば、下着に固定できます。
市販の布ナプキンや、布ライナーを使ってもけっこうです。

当て布は毎日洗い、もぐさライナーは毎日天日干ししてください。もぐさがクタッとしてきたら、取り替えどき(捨てどき)です。

だいたい3日くらいが目安でしょう。実際に、もぐさライナーを使用した人たちからは、さまざまな声が寄せられています。
その一部をご紹介しましょう。

まず、第1に挙げられるのが、冷えの改善です。
「子宮が温まる感じで気持ちがいい」という感想がよく聞かれます。

実際は、子宮が温度を感じることはないのですが、下腹部の冷えが取れたということでしょう。
産後の人からは「母乳の出がよくなった」という感想も寄せられました。

子宮や卵巣が温まって血流がよくなり、母乳を出すホルモンの分泌がさかんになるのだと考えられます。
また、「イライラがなくなった」という声も多く聞かれます。

子宮や卵巣が冷えると、ホルモンのバランスがくずれ、精神的に不安定になります。
もぐさライナーで子宮と卵巣が温まると、イライラも軽減するでしょう。

更年期にありがちな、気分の浮き沈みにも、効果が期待できると思います。
さらに、便秘が改善した人も少なくありません。

最近の患者さんを見ていると、年齢を問わず、腸の冷えによる便秘が多いと感じます。
もぐさライナーで便秘が解消する例が多いのも、それを裏づけているといえるでしょう。

痔にもお勧めです。もぐさが肛門周辺の血行を促進しつつ、炎症をおさえ、症状改善につながると考えられます。
「陰部のかぶれが改善した」という患者さんもいます。もぐさの消炎作用が発揮された好例です。

これからの季節、冷えによる不調から身を守るために、もぐさライナーをぜひ活用してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング