【酢納豆の健康効果】不眠解消には「玉ねぎ」、頻尿・尿もれ改善には「山芋」を入れるのがお勧め

【酢納豆の健康効果】不眠解消には「玉ねぎ」、頻尿・尿もれ改善には「山芋」を入れるのがお勧め

納豆などの発酵食品は、同じ発酵食品である酢を混ぜることで、うまみが増し、塩分を足さなくても満足感が得られます。また生のタマネギには、睡眠誘発作用があります。1日1回、酢納豆を食べることで、体力と活力が増して免疫力がアップし、病気になりにくい体をつくることができます。【解説】丁宗鐵(百 済診療所院長)


頻尿や尿もれにお勧めは〝やまかけ酢納豆〟

納豆を食べるとき、私はいつも酢を入れています。
これをテレビで話したところ、知らない人が多いのでしょうか、反響が大きく驚きました。

私が納豆に酢を入れるのは、まず、とても食べやすくなるからです。
酢を混ぜると納豆の粘り気が緩くなり、フワッとした泡状になります。

また、しょうゆやタレを使わないことによる、減塩効果も見逃せません。
本来、納豆などの発酵食品は、微生物によって栄養素が分解され、独特のうまみを醸し出しているため、塩気がなくてもおいしく食べられます。

そのままでも十分味わいがありますが、味つけすることに慣れていると、もの足りないでしょう。
そんなとき、同じ発酵食品である酢を混ぜることで、うまみが増し、塩分を足さなくても満足感が得られます。

私の場合、納豆1パックに酢を小さじ1杯ほど入れて混ぜ、さらにカツオ節を加えます。
朝食なら、卵を入れることもあります。
夜に納豆を食べるときは、酢とカツオ節を入れてよく混ぜたあと、薄く切った生のタマネギを加えます。
酢によってタマネギの辛みが抑えられ、うまみが強調されて、とてもおいしくなります。

生のタマネギには、睡眠誘発作用があります。
こうした作用には個人差がありますが、私は効果を実感しているので、神経が高ぶったりイライラしたりする日は、タマネギ入りの酢納豆をいただきます。
そうすると、気持ちが落ち着いて、スーッと入眠でき、朝まで熟睡できるのです。

また、酢納豆に、すりおろしたヤマイモを合わせた「やまかけ酢納豆」もお勧めです。
頻尿や尿もれといった、泌尿器系のトラブル改善にお勧めです。

このように好みや健康効果によって、いろいろな食材をプラスしやすいのも、シンプルな味わいの酢納豆の利点かもしれません。

1日1回食べれば体力と活力が増す!

漢方の世界でも、栄養豊富な発酵食品を重要視しています。
特に、酢は、薬として扱われるほどの薬効を持ちます。

体力が落ち始める中高年の患者さんには、漢方薬を飲む水に、酢を混ぜてもらいます。
酢の効果で食欲が出て、体力と活力が向上します。

また、酢をとると、感染症になりにくくなります。
体力がつき、免疫力が上がるということもありますが、別の側面からも説明できます。

人間の体は、弱酸性に保たれるのが理想です。
アルカリ性に傾くと、病原菌などへの抵抗力が下がり、炎症が起こりやすくなります。
そんなときに酢をとると、体が酸性に傾くので、炎症が治まるのです。

例えば、膀胱炎をくり返す人や、ニキビが出やすい人は、酢をこまめにとることで症状が改善したり、再発を予防できたりします。

醸造酢に含まれるクエン酸は、疲労回復に効果絶大です。
夏バテしたときや、重労働のあとに、酢をとってみてください。効果を実感できるでしょう。

ペットのイヌが、夏場にエサを受けつけず、体毛が抜けるほど弱ってしまったことがあります。
酢を垂らした水を与えたところ、徐々に食欲が戻り、毛も生えそろいました。

ダイズも、漢方では、むくみ取りや解毒、消炎などに用いることがあります。
ただ、納豆菌で発酵させた納豆は、漢方では用いません。

近い物は、黒ダイズを麹菌と塩で発酵させた大徳寺納豆(香豉)でしょうか。
塩分の多い物は調味料として使われ、塩分の少ない物はカゼ薬や外用薬に配合されます。

漢方では、「必要な栄養素が不足することで病気になる」という考え方があるため、栄養豊富なダイズは古来、推奨されてきました。
現代栄養学においても、ダイズに含まれるイソフラボンが、骨粗鬆症や更年期障害を予防・改善する効果などが解明されています。

このように、酢も納豆も非常に優秀な食品ですが、その栄養素は、体に蓄積できません。

朝でも夜でもいいので、1日1回、酢納豆を食べることをお勧めします。
体力と活力が増して免疫力がアップし、病気になりにくい体をつくることができます。

特に夏の疲れが出やすい時期には、ぜひお試しください。

丁 宗鐵
1947年、東京生まれ。横浜市立大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了。日本東洋医学会漢方専門医・指導医。北里大学・東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学大学院客員教授、東京女子医科大学特任教授を経て現職。百済診療所院長。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


【骨粗鬆症とは】どんな病気? 自覚症状は? 予防できる食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

【骨粗鬆症とは】どんな病気? 自覚症状は? 予防できる食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

骨粗鬆症とは、骨量が減って骨が軽石のようにスカスカになり、ちょっとした衝撃でも骨折しやすくなる状態のことです。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

「寝床で足をモゾモゾする」だけで病気や痛みが快方に向かう。こう言うと「えっ」と驚くかたもいると思います。しかし、これは実は「操体」という健康法の基本的な動きの1つです。では、操体とはどういうものなのでしょうか。【解説】北村翰男(奈良操体の会主宰・薬剤師・鍼灸師)


【更年期障害】ほてり、多汗、腰痛が改善した!寝床で足をモゾモゾする「操体法」とは

【更年期障害】ほてり、多汗、腰痛が改善した!寝床で足をモゾモゾする「操体法」とは

患者さんの中には操体法を実践して、更年期障害によるほてりや多汗、ひざ痛、腰痛、五十肩、また加齢性の難聴まで軽快した人もいます。脳梗塞の後遺症がある人は、通常のリハビリは痛くてできないと操体を実践し、可動域が上がりました。【解説】永島知子(ながしまクリニック院長)


【高血圧】黒豆の煮汁は血圧を下げる・白髪を改善する 黒豆研究30年の医師が断言!

【高血圧】黒豆の煮汁は血圧を下げる・白髪を改善する 黒豆研究30年の医師が断言!

春には目がかすみ、夏になると耳にセミが鳴き、秋には歯が落ち、冬は頭に霜をいただく。先人はうまいことを言ったもので、昔からこの春夏秋冬がそろうと、「老人」と言われました。そんな老人や老人になりかけた人たちに、ぜひ飲んでいただきたいのが、「黒豆の煮汁」です。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)