【うつ・不眠】は腸を温めて改善できる!「バルサミコ酢」が医師のお勧め食材

【うつ・不眠】は腸を温めて改善できる!「バルサミコ酢」が医師のお勧め食材

心や体に不調のある人は、おなかをさわると、例外なく冷えています。この冷えを取り、おなかの調子を整えると、体調だけでなく心の病気も改善していきます。おなか(腸)こそ、心身の健康の根源だからです。【解説】田中保郎(元西諫早病院東洋医学センター長)


アルツハイマーなど心や脳の病気が改善

私は、長年、おなかを診ることで、うつや不眠、アルツハイマーなど、さまざまな病気を治してきました。
心や体に不調のある人は、おなかをさわると、例外なく冷えています。

この冷えを取り、おなかの調子を整えると、体調だけでなく心の病気も改善していきます。
おなか(腸)こそ、心身の健康の根源だからです。私がそれに気づいたのは、趣味の盆栽がきっかけでした。

植物を育てている人ならわかるでしょうが、花や葉が枯れたとき、真っ先に疑うのは根腐れです。
根っこは、土から栄養や水を吸収するところ。そこが腐れば、花も葉も枯れてしまいます。

人間も同じです。栄養や水分を吸収する腸は、植物でいえば根っこです。その腸の働きが悪くなると、全身に病気が出てきます。
病気を治すには、症状が出ているところではなく、大本の腸を治療しなければならないのです。

進化の過程をたどると、腸の重要さがよくわかります。動物の体の中で最初にできた臓器は腸です。
最も原始的な生物は、口と腸と触覚しかありませんでした。

「おなかがすいた」と感じるのも、「栄養をとれ」と命じるのも、腸だったのです。
その指令を出しているのは、腸の粘膜に散在している基底顆粒細胞です。

この細胞が、食物などから入ってきた情報を周囲の細胞に伝えます。
そして、その情報をもとに、ホルモンを分泌します。

このホルモンは、脳にも重大な影響を与えます。

アルツハイマーはこのホルモンの分泌が機能しなくなった状態、すなわち、腸の基底顆粒細胞の劣化によって起こると考えられます。

実際、腸を温めたり、腸の機能を回復させたりすると、うつや不眠、アルツハイマーといった心や脳の病気も改善するのです。

うつの患者の8割は社会復帰している!

腸の働きは、腸内細菌によって守られています。
ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、腸内で乳酸や酢酸などの有機酸を作り、腸内を酸性にします。

そうして、病原菌の増殖をおさえたり、有害物質を分解したりします。こうした腸の働きは、ぬか床によく似ています。

ぬか床には乳酸菌や酵母菌が繁殖しており、これらの菌が野菜を発酵させて、おいしいぬか漬けを作ります。
しかし、手入れを怠ると菌のバランスがくずれ、ぬか床にカビを発生させます。

腸も同じで、管理が悪いと腸内細菌のバランスがくずれます。大腸菌などの悪玉菌がふえて有害物質が発生したり、大事な基底顆粒細胞に異変が生じたりします。
そこで腸も、ぬか床のように上手に扱って、いつもよい状態に保つ必要があります。

ぬか床は温度が低すぎると、乳酸菌や酵母菌が働きません。
腸も同じで、冷やすと善玉菌の活性が低下してしまいます。

ですから腸も、適度に温めることが、善玉菌を活性化させ、腸内環境の改善につながるのです。
そのためには、体を冷やす食品ばかりをとらないことです。

それは単に、冷たいものを飲食しないだけではありません。
東洋医学では、食品を、体を温めるもの、冷やすもの、どちらでもないものに分けています(一覧参照)。

もし、体を冷やす食品をとったら、温める食品で補ってください。
そこで、腸を温めるために、ふだんの料理に活用してほしいのが、熟成度の高い発酵食品の調味料です。

それは、酢やみそです。

特に、熟成度の高いバルサミコ酢をお勧めします。バルサミコ酢の原料は、濃縮ブドウ果汁です。
ブドウは、果物のなかでは数少ない、体を温める食品です。

バルサミコ酢は、それを長期間、樽で熟成して造ります。
アミノ酸やクエン酸、ポリフェノールなどが豊富で、有用な微生物も多数含まれます。

バルサミコ酢をとると、腸が温まって善玉菌が活性化するのに加え、クエン酸が悪玉菌の増加を抑制してくれるので、腸内環境がよくなります。
それによって、腸の動きが活発になり、便通を促進してくれます。

また、バルサミコ酢には、血糖値を下げる作用があることも報告されています。
私はバルサミコ酢を、しょうゆの代わりに刺身や豆腐にかけたり、サラダのドレッシングとして使ったりしています。

1日に小さじ1杯くらいは、とっているでしょう。また、みそにも腸を温める作用がありますから、みそ汁もほぼ毎日飲んでいます。
こうして腸を冷やさないようにすると、腸の機能がよくなり、基底顆粒細胞も元気になります。

それが心の状態を安定させて、うつや不眠などの改善に役立つのです。
こうした食事指導に加えて、私は漢方薬を使った治療を行いますが、うつの患者さんなら8割が、社会復帰できるほどよくなっています。

心の病気だけでなく、アトピー性皮膚炎や難治性の病気も、基本は腸を温め、健康にすることで快方に向かいます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。薬嫌いの私にとって、この方法はまるで天からの贈り物のように感じられました。【体験談】和田太郎(仮名・大阪府・84歳会社員)


【不眠改善】熟睡感をもたらし目覚めが良くなる!「1円玉療法」のやり方

【不眠改善】熟睡感をもたらし目覚めが良くなる!「1円玉療法」のやり方

「なかなか寝付けない」「夜中に何度も目が覚めて、ぐっすり眠れない」という不眠に加え、近年、「朝目覚めたとき、十分に眠ったという満足感がない」「体がだるく、頭もボーッとして、やる気が出ない」など、朝の目覚めの悪さを訴える人も増えているようです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

いびきをかいて寝て「よく寝たはずなのに日中眠い」「頭がぼーっとして集中できない」といった脳疲労の自覚がある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。やせている女性にも起こります。高血圧や心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの合併症を招くことがあります。【解説】白濱龍太郎(RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長) 


【男性更年期障害の改善】1日半個のタマネギで男性ホルモン「テストステロン」が増える!ED、うつを撃退

【男性更年期障害の改善】1日半個のタマネギで男性ホルモン「テストステロン」が増える!ED、うつを撃退

更年期障害は、女性にのみ生じるものと考えられてきましたが、近年、男性にも起こることがわかってきました。それが「男性更年期障害」です。男性ホルモン「テストステロン」が減ることで性機能の低下や精力減退だけではなく、さまざま不定愁訴が起こるのです。早い人は、40歳くらいから始まります。【解説】林督元(弘邦医院院長)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング