【美女医特製】真のアンチエイジング食「酢納豆」腸内環境が改善し肌トラブルなし

【美女医特製】真のアンチエイジング食「酢納豆」腸内環境が改善し肌トラブルなし

食生活の基本は、腸内環境を整えることです。腸内の善玉菌を増やす食材を積極的にとるように心がけています。その条件を満たし、食卓によく登場するのが、特製の「酢納豆」です。今後も、酢納豆など、栄養価が高く腸に優しい食材を活用し、体調を整えていきます。【解説】黒田愛美(クリントエグゼクリニック医師)


ひきわり納豆にアマニ油を加える

私が医師として持ち続けてきたテーマは、真の意味でのアンチエイジングです。
外見だけでなく、内臓や血液、腸内細菌に至るまで良好な状態であることが、病気や老化を予防すると考えています。

そのための手段・方法を画策する過程で出会ったのが、分子栄養学です。
分子栄養学とは、状況に応じて必要な栄養素をとり入れることで、病気を予防したり、健康を増進したりする考え方です。

分子栄養学を学ぶことで、私自身の食生活も大きく変わりました。
食生活の基本は、腸内環境を整えることです。良質な食品やサプリメントをとっても、腸が不健康で、吸収する力がなければ意味がありません。

また、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増殖すると、腸の動きが低下して便秘になったり、毒素が生成されて病気の原因になったりします。 

ですから、腸を傷つけるグルテン(小麦に含まれるたんぱく質)や、カゼイン(乳製品に含まれるたんぱく質)を控え、腸内の善玉菌を増やす食材を積極的にとるように心がけています。

その条件を満たし、食卓によく登場するのが、特製の「酢納豆」です。
酢としょうゆ、アマニ油を混ぜた特製ドレッシングを納豆にかけ、混ぜた物です。

ふだん、仕事上の会食が多いので、家での食事はできるだけ野菜中心にしています。
また、糖質の多い白米や、グルテンを含むパンや麺類は控えます。

そのうえで、満腹感と満足感を得られる食事として、酢納豆はとても重宝します。
ある日の夕食をご紹介しましょう。

しらたきと、せん切りキャベツを麺に見立て、お皿に盛りつけます。
その上に、キムチと酢納豆をのせ、よく混ぜていただきます。
ここにコチュジャンをプラスすることもあります。

かみごたえがあって、満腹感が得られるので、夕食にはピッタリです。
ほかにも、酢納豆を豆腐にかけたり、ノリやレタスで包んだり、いろいろな楽しみ方をしています。

ちなみに私は、ひきわり納豆を使っています。
粒納豆に比べ、血液をサラサラにするナットウキナーゼや、骨を強くするビタミンKが多く含まれているからです。

トライアスロンの記録が伸びて世界選手権に出場

酢納豆や野菜中心の夕食が、「ちょっと物足りないな」と感じることもあります。
そんなときのために、手軽につまめる物を、発酵食品を中心として、いくつか常備しています。

まずは、手作りのピクルスです。
業務用の大瓶の穀物酢を買ってきて、大量にピクルスを漬けています。

穀物酢に、マヌカハニーやココナッツシュガーなどで甘みをつけ、野菜を漬け込むだけです。
このときの甘みも、白砂糖は使いません。

和風のピクルスも作ります。
この場合は、穀物酢にしょうゆとみりんを合わせた液に、野菜を漬けます。

漬け込む野菜はお好みでいいのですが、デトックス効果のあるタマネギは毎日食べるので欠かせません。
そのほか、ニンジンやダイコン、キュウリなどは、一年中手に入るので、常に漬けています。

夏になると、新ショウガやミョウガ、ナス、オクラなどを漬け、季節感を味わいます。
野菜の酢漬けなら、夜遅くに少しつまんでも、罪悪感を覚えずに済みます。

ほかにも、「甘い物が食べたい」と思ったときのために、豆乳と乳酸菌で作ったヨーグルトや、甘酒を一口大に凍らせたシャーベットなどを常備しています。これらも発酵食品です。

私はもともと、腸内環境が良好ではありませんでしたが、こうした食生活のおかげで、今は非常によい状態です。
乾燥など、肌のトラブルもありません。

余談ながら、私の趣味はトライアスロンで、多忙な仕事の合間を縫って、早朝や夜間にトレーニングをしています。
でも、疲れが残ることはありません。記録も伸びて、9月には世界選手権に出場する予定です。

今後も、酢納豆など、栄養価が高く腸に優しい食材を活用し、体調を整えていきます。

黒田 愛美
クリントエグゼクリニック医師。美容皮膚科、アンチエイジング内科医。トライアスリート。獨協医科大学医学部卒業。大手美容外科、スキンクリニック院長を経て、現職。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【腸内環境を整える】「食べる甘酒」基本の作り方(炊飯器を使う・保温水筒を使う)

【腸内環境を整える】「食べる甘酒」基本の作り方(炊飯器を使う・保温水筒を使う)

「食べる甘酒(生甘酒)」は、米こうじから作る、優しい甘みが特長のノンアルコールの食べ物です。善玉菌が増えることで腸内環境が整い、さまざまな症状の改善が期待できます。超簡単な「食べる甘酒」の基本の作り方を公開します。【指導】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士) 


【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

腎臓は、体内のさまざまなバランスを調整する役割を持ち、不要な物質を排出する働きがあります。しかし、腎臓の機能が低下した慢性腎臓病では、尿として排泄すべき毒素(尿毒素)を十分に排出できません。慢性腎臓病の患者さんは、治療とともに腸内環境を整える食生活がとても重要です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング