【精力減退・EDに】腸を温めて性力を高める「黒ゴマ酒」の作り方・飲み方

【精力減退・EDに】腸を温めて性力を高める「黒ゴマ酒」の作り方・飲み方

私は、黒ゴマが現代でも通用するのではないかと考え、耳鳴りや難聴、耳閉感などに悩む人に試してもらったところ、実に多くの人に効くことがわかりました。性力減退やEDといった性の老化現象も、同様に、腎が弱ることで起こります。こうした状態の改善にお勧めなのが、黒ゴマです。【解説】井上正文(群馬中国医療研究協会薬局代表・薬剤師)


エネルギーがみなぎり髪が生えてくる!

寒さが厳しい季節になりました。体が冷えているときは、もちろん腸も冷え切っています。

そこで、飲むだけで体のなかからポカポカになり、さまざまな効能が得られる「黒ゴマ酒」をご紹介します。

古来、黒ゴマは、健康によい食べ物とされてきました。
中国最古の薬物書にも、黒ゴマが不老長寿の薬として紹介されています。

そこで私は、黒ゴマが現代でも通用するのではないかと考え、耳鳴りや難聴、耳閉感などに悩む人に試してもらったところ、実に多くの人に効くことがわかりました。

また、黒ゴマを積極的に摂取すると、抜け毛や白髪がへり、黒髪が生えてくるという報告もありました。
黒ゴマを摂取すると、なぜ、このような数々の効果が得られるのでしょうか。

漢方では、内臓の働きを大きく五つのグループに分けています。
それぞれに、心、肝、脾、肺、腎という名前がつけられており、五臓と呼びます。

五臓は、それぞれ、西洋医学の内臓と同じ名前です。
しかし、漢方における五臓とは、解剖学的な意味よりも、人体の働きや機能を五つに分類したものと考えたほうが適切です。

この五臓のうちで、腎は、腎臓だけではなく、副腎、生殖器、泌尿器、脳神経の一部の機能を含み、ホルモンバランスや免疫機能など、生命の根幹をなす働きを司っています。

このため、腎は、生命エネルギーの貯蔵庫とも考えられており、腎が弱ると老化が進みます。
腎が弱った結果、さまざまな老化現象が起こってきます。

難聴や耳鳴り、抜け毛や薄毛、白髪といった症状は、いずれも腎が弱って起こる老化現象です。
また、性力減退やEDといった性の老化現象も、同様に、腎が弱ることで起こります。

こうした状態の改善にお勧めなのが、黒ゴマです。
黒ゴマをとると、生命エネルギーがみなぎり、血液がふえて体内をくまなく循環するようになります。

漢方では、髪のことを「血余」といいます。これは、「血が余ったら、髪になる」と考えられているためです。
黒ゴマで腎の機能が高まれば血が豊富になり、体内をよく巡ることで、血が余ります。

すると、髪が作られ、抜け毛などの症状が改善してくるのです。
また、耳鳴りや難聴の人は、舌の色が薄く、髪の毛が細く、腰がだるいといった症状を併発していることが多いものです。

これは、漢方的には、「肝の血が足りない」状態です。
こうした場合、黒ゴマが腎を強化すると、血液をためる「肝」と、血管や心臓の働きをつかさどる「心」の働きも活性化されます。

黒ゴマが腎と肝を補うことで、難聴や耳鳴りがよくなるのです。
また、黒ゴマが腎を強化すると、性力減退やEDの改善にも役立つことはいうまでもありません。

中国では、「不妊に悩んだら、男女とも黒ゴマを食べる」というのが常識になっているそうですが、ここにも漢方の知識が生かされているといってもいいでしょう。

ところで、ゴマであれば白ゴマでもかまわないのでは、と思われるかもしれません。
しかし、東洋医学では、体を温める陽(温・熱)の食べ物と、体を冷やす陰(涼・寒)の食べ物に分けて考えています。

色の黒い黒ゴマは陽に当たり、体を温めるのでお勧めです。

若い人の白髪や薄毛、性力減退にも効く!

ここまでお話ししてきたように、黒ゴマは血流をよくして体を温めるのに役立つわけですが、これに酒を組み合わせれば、鬼に金棒です。

酒は、血管を拡張させ血流をよくするので、体を内側から温めるのに役立ちます。
さらに、「酒は百薬の長」という言葉があります。

漢方の考え方でも酒は、「熱を生む」「気血を巡らす」「胃を温める」という効果があるとされているのです。

また、適量の酒は、五臓のうち脾の働きを高めます。
そうなれば、消化吸収がよくなってエネルギーを効率的に摂取できるので、結果的に腎の強化にも役立つのです。

なお、お酒が飲めないかたは、黒ゴマ酒を湯せんして、アルコール分を飛ばしてから飲んでください。
また、飲むと便がやわらかくなるという人は、飲む量を少しへらして様子を見てください。

最近では、若いうちから白髪や薄毛、性力減退に陥る人が少なくないといいます。
こうした状態を改善するには、体の冷えを解消する必要があります。

黒ゴマ酒で腸から体を温めれば、少しずつ体のバランスが整い、髪や性の悩みが改善してくるはずです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ED(勃起不全症候群)セルフチェック】受診の流れと治療薬 早期治療で80%が改善

【ED(勃起不全症候群)セルフチェック】受診の流れと治療薬 早期治療で80%が改善

ED(勃起不全症候群)は、まったく勃起しない状態だけを指すのではありません。勃起を保つ自信や、性交の満足度などがないと感じる場合も該当します。少しでも不安がある人は、表のセルフチェックを試してください。セルフチェックの結果が21点以下の場合は、EDの疑いがあります。【解説】小堀善友(獨協医科大学越谷病院泌尿器科講師)


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【不調対策レシピ】ストレス・不眠に効果「玉ねぎヨーグルト」チョイ足しアレンジ

【不調対策レシピ】ストレス・不眠に効果「玉ねぎヨーグルト」チョイ足しアレンジ

一般的な台所にある食材に、玉ねぎヨーグルトをチョイ足しするだけで……意外なおいしさが楽しめるうえ、気になる不調対策にもなります。普段の食卓で、ちょっとした箸休めにいかがでしょうか。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは  高血圧、耳鳴りに著効

【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは 高血圧、耳鳴りに著効

レモンは、数あるかんきつ類のなかでも、有効成分や機能性成分を豊富に含むフルーツです。果肉や果汁はもちろんのこと、厚みのある皮にも健康に役立つ成分がぎっしり含まれています。そうしたレモンの果肉と皮の成分をあますところなく取れるのが、「レモン酢」です。【解説】本橋登(薬学博士・インド国立大学博士論文審査官)


【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

頭痛やめまい、不安症といった症状とともに生じる不眠は、睡眠薬などの効果が不十分であることも多く、対処が難しいのが特徴です。このような不眠に対して、私が5年前から治療に導入して、効果を感じているのが「オルゴール療法」です。【解説】星野茂(ほしの脳神経クリニック院長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)