【不眠の特効ツボ】その場で眠ってしまう人も!刺激には「ソフトボール」がお勧め

【不眠の特効ツボ】その場で眠ってしまう人も!刺激には「ソフトボール」がお勧め

失眠を刺激すると、最初は痛みを感じた人も、毎日行っているうちに、痛みが和らいでくるはずです。それとともに、不眠も改善するでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長)


精神疾患が原因でない不眠によく効く「失眠」

私たちの病院にも、不眠に悩む患者さんが、おおぜいいらっしゃいます。
不眠を治療する際に、私たち鍼灸治療の専門家が、よく用いるツボがあります。
それが、足裏のかかとのふくらみ部分の中央にある、「失眠」です。

眠りが失われたとき、つまり不眠のときに有効というのが、その名称の由来です。
失眠は、ツボのなかでも奇穴に分類されます。

奇穴について少し説明しておきましょう。
東洋医学では、生命エネルギーの一種である「気」の流れを整えることで、さまざまな病気・症状を解消します。

この気の通り道とされているのが、経絡です。
経絡に沿って存在するツボを、適切に刺激することで、気の流れがよくなり、病気は快方に向かいます。

正穴と呼ばれる361種類のツボは、世界保健機関(WHO)により、標準のツボとして認められています。
ところが、奇穴というのは、それに属さないツボです。

経絡の流れに関係なく、単独で存在し、特定の症状に対して、即効性があります。
いわば、特効ツボというわけです。

数多く存在する奇穴ですが、東洋医学の長い歴史において、現代まで伝えられ、使われてきたということが、その有効性の証といえるでしょう。
失眠も、そうした奇穴の一つなのです。

私たちが治療する際には、不眠に悩む患者さんの失眠に、鍼やお灸をします。
すると、不眠を訴えていたのに、気持ちがいいのか、その場で眠ってしまう人もいるのです。

精神疾患が主な原因でない不眠には、よく効きます。
効くという実感があるのでしょう、患者さんのほうから、「今日は、失眠にはお灸をしないのですか」とリクエストされることもしばしばです。

そこで、皆さんも、この失眠を上手に刺激して、不眠対策に活用してはいかがでしょうか。
私たちの病院でも、治療の間隔が空く患者さんには、来院できない間の家庭療法として、勧めています。

刺激の痛みが和らぐと不眠も改善していく

失眠への刺激を自分で行う場合、お灸は適しません。
かかとは皮膚が厚く熱さを感じにくいため、ヤケドを起こすおそれがあるのと、家庭用のお灸では効果に限界があるからです。

家庭で行うなら、イスに座った状態で、かかとの下にボールを置くのが、最も簡単で効果的な方法だと思います(やり方は、下の図解を参照)。
使うボールは、ソフトボール用の球が最適です。スポーツ用品店などで、一つ1000円程度で購入できます。

ソフトボールを勧めるのは、自分で試して比較検討した結果です。
テニスボールだとやわらかく、ツボに刺激が届かないという難点に加え、圧力で破裂するおそれがあります。
ゴルフボールだとサイズが小さいので、刺激が1点に強く伝わってしまいます。
同様に、いわゆるツボ押し用の指圧棒も、ピンポイントで押すため、ツボに刺激が届く前に表層で痛みが起こります。

そのため、お勧めできません。
ゆるい曲面で押すことで、刺激がツボの受容器(刺激に対して最初に応答する細胞)に適切に届き、効果が現れるのです。
その点からいえば、ソフトボールが手に入らない場合は、青竹踏みを利用して、かかとを中心に踏んでもいいでしょう。

イスに座ってボールにかかとをのせ、少し重さをかけると、特に不眠に悩む人は、痛みを感じる箇所があると思います。
そこが、刺激するポイントです。

というのも、ツボは治療に使えると同時に、診察にも活用できるからです。
体に病的な異常が出ている場合、基本的に、その症状に対応したツボの知覚が過敏になったり、痛みを生じたりします。
痛いところは悪いところ、というわけです。

力加減については、ギュウギュウ押すのは禁物。
あまり力を入れずに、軽く押す程度で十分です。
強く刺激して、かかとに痛みを感じると、自律神経のうちの副交感神経(体をリラックスモードに導く神経)が緊張し、かえって眠りにつきにくくなるからです。

刺激するタイミングは、昼間でもよいのですが、就寝の2〜3時間前に行うと効果的です。
また、夜、入浴前に行うのもお勧めです。
もし痛みが出ても、そのあとに入浴して血行がよくなれば、痛みが散るので、もみ返しを防ぐことができます。

失眠を刺激すると、最初は痛みを感じた人も、毎日行っているうちに、痛みが和らいでくるはずです。
それとともに、不眠も改善するでしょう。

失眠は、通常、押したときにしか痛みを感じません。
何もしていないのに、歩いているだけでかかとに痛みが出る人は、別の疾患が隠れている可能性があります。

そうした場合は、かかとへの刺激は控え、一度整形外科などを受診してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

頭痛やめまい、不安症といった症状とともに生じる不眠は、睡眠薬などの効果が不十分であることも多く、対処が難しいのが特徴です。このような不眠に対して、私が5年前から治療に導入して、効果を感じているのが「オルゴール療法」です。【解説】星野茂(ほしの脳神経クリニック院長)


【不眠改善】安眠できる朝食メニューは?バナナや納豆に含まれるトリプトファンの効果

【不眠改善】安眠できる朝食メニューは?バナナや納豆に含まれるトリプトファンの効果

実は、朝食の内容は眠りの質に大きくかかわるのです。「トーストとサラダとコーヒー」という朝食は、サラダを食べているので、一見、ヘルシーなメニューにも感じられるかもしれません。しかし、よい眠りを得るためには、ある栄養成分が圧倒的に不足しているのです。【解説】宮崎総一郎(中部大学生命健康科学研究所特任教授)


【不眠症】冷やした方が温まる?「おでこ冷やし」で熟睡 睡眠の質が向上する

【不眠症】冷やした方が温まる?「おでこ冷やし」で熟睡 睡眠の質が向上する

最近、体を温めることが、盛んに推奨されています。しかし、ただ体を温めるより、いったん体を冷やしたほうが、もっと体が温まることをご存じでしょうか。氷水に手を入れると、手は急激に冷えますが、その後一気に温かくなります。これは、冷えた手を温めようと、手にたくさんの血液が集まるからです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長)


【パニック障害・トラウマ】不安・不眠・過食に効果 大学准教授が考案「合谷タッピング」

【パニック障害・トラウマ】不安・不眠・過食に効果 大学准教授が考案「合谷タッピング」

私は普段、臨床心理士として、さまざまなトラウマ(心の傷)を抱えた人たちを回復させるお手伝いをしています。治療には、身体的にアプローチする心理療法を用いています。中でも、不安を消すのに非常に有効な手法が、私が考案した「合谷タッピング」です。【解説】藤本昌樹(東京未来大学子ども心理学部准教授・臨床心理士)


【不眠・冷え性が改善】熟睡したいならこの方法!「パンツを脱いで寝るだけ」

【不眠・冷え性が改善】熟睡したいならこの方法!「パンツを脱いで寝るだけ」

「パンツを脱いで寝るだけで、熟睡できる」私はそう断言します。なぜなら、不眠の大きな原因である「ストレス」から解放されるからです。ストレスと聞くと、精神的なものがイメージされますが、実際には、身体的ストレスも、不眠に大いに関与しています。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)