【夜間頻尿に】足の三つのツボに貼り 早ければその日から改善効果

【夜間頻尿に】足の三つのツボに貼り 早ければその日から改善効果

年を取ってから、夜中に何度もトイレに起きるようになった、という人も多いのではないでしょうか。このような夜間頻尿の原因として考えられるのは、加齢による腎臓や膀胱の働きの衰えのほか、男性の場合は前立腺肥大、女性では膀胱炎や冷え症などでしょう。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


夜間だけでなく日中もはり続ける

 年を取ってから、夜中に何度もトイレに起きるようになった、という人も多いのではないでしょうか。
 このような夜間頻尿の原因として考えられるのは、加齢による腎臓や膀胱の働きの衰えのほか、男性の場合は前立腺肥大、女性では膀胱炎や冷え症などでしょう。

 前立腺は、膀胱の出口にあって、尿道を包むように取り囲んでいるクリの実のような形をした器官です。年とともに、前立腺はしだいに大きくなり、尿道を圧迫し、尿の出を悪くします。その結果、1回で排尿しきれずに残ってしまい、すぐにまた尿意を催し、頻尿になってしまうのです。

 膀胱炎は、膀胱に炎症が起こる病気で、慢性化すると、病院の薬も効かなくなります。また、女性の場合は特に、冷えも無視できません。

 いずれの原因にしても、夜間頻尿の改善に、簡単で、しかも即効性があるのが、1円玉療法です。早い人なら、1円玉をはったその日から、排尿回数が減ってきます。

 夜間頻尿の改善に用いるツボは、崑崙(こんろん)、陰包(いんぽう)、三陰交(さんいんこう)です。

 足の外くるぶしの上端に指を当て、かかとのほうにずらしていくと、アキレス腱の手前にくぼみが見つかります。そのくぼみの間に真ん中を指で押して、ズーンという痛みが響いたら、そこが崑崙のツボです。

 陰包は、太ももの内側にあるツボです。
 ひざを曲げたとき太ももの内側にできる骨の出っ張りから、股関節に向かって指幅5本分(親指から小指までそろえた指の幅)ほど進んだ位置の、二つの筋肉の分かれ目にあります。押すと強い痛みがあるため、すぐに見つかるはずです。
 特に前立腺肥大の人は、陰包の辺りが硬くなっていたり、激しく痛んだりします。硬くなっている人は、1円玉をはる前に2〜3分ほど、手でよくもみほぐすとよいでしょう。

 三陰交は、内くるぶしのいちばん高いところから、指幅4本分(親指以外の4本の指をそろえた指幅)上がった骨の後ろのへりにあります。

 いずれも、両足のツボに1円玉をはります。
 1円玉療法の効果は、たいていの場合、3日ほどで表れてくるようです。排尿回数が明らかに減るまで、1円玉をはり続けてください。もし、昼間はるのが気になる場合は、夜寝ているときだけでもけっこうです。
 1円玉をはり続けると、はっておいた皮膚が黒っぽくなることがあります。これは、よく効いている証拠ですから、その部分だけはり続けると、さらに大きな効果が生まれます。

夜間頻尿に効く1円玉のはり方

かわむら しょうざん
弘漢療法院院長。昭和3年7月生まれ。北海道出身。50年以上に及ぶ東洋医学、特に電磁気、イオン、磁場による病理研究は西洋医学会からも高い評価を受けている。著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【体験談】ストレートネック(首猫背)が改善!「首腰枕」で抜け毛が減った

【体験談】ストレートネック(首猫背)が改善!「首腰枕」で抜け毛が減った

私はパティシエの仕事をしています。一日の仕事を終える頃には、首から背中、腰もパンパンに張り、足は棒のようになります。体のむくみもひどく、朝にはいてきた靴が夕方にはきつくなって、足がなかなか入りませんでした。20年近く続けていたのですが、仕事中に物忘れが増えたことに気付きました。【体験談】野田るみこ(経営者・46歳)


【宿便を出す食べ物】白湯にレモン果汁を加えた「毒出しデトックスドリンク」

【宿便を出す食べ物】白湯にレモン果汁を加えた「毒出しデトックスドリンク」

白湯の毒出し効果をパワーアップさせた飲み物が、レモン果汁を加えた「レモン白湯」です。レモンの酸味は、便秘の改善に効果があります。利尿作用もあり、むくみ解消にも有効です。レモンに含まれるクエン酸には、疲労物質である乳酸を減らす働きや、新陳代謝を高める働きがあります。【解説】蓮村誠(青山プライムクリニック院長)


【不眠症】ストレートネックの人はなりやすい?タオル枕で首の歪みをとると改善する

【不眠症】ストレートネックの人はなりやすい?タオル枕で首の歪みをとると改善する

当院には、多様な症状を訴える患者さんがみえますが、主訴が何であれ、多くの人が口にする悩みがあります。それは「寝付きが悪い」「眠りが浅い」「何度も目覚める」といった不眠の悩みです。そんなとき、私は、誰でも簡単にできる不眠解消法として、「首まくら」という方法をお勧めしています。【解説】佐々木繁光(佐々木整体治療院院長)


【セルフチェック付き】頻尿・尿もれのタイプと対処法 女性に多い「腹圧性尿失禁」男性は「前立腺肥大症」が原因?

【セルフチェック付き】頻尿・尿もれのタイプと対処法 女性に多い「腹圧性尿失禁」男性は「前立腺肥大症」が原因?

腹圧性尿失禁の最大の特徴は、体を動かしたときに尿がもれること。セキやくしゃみ、笑う、立ち上がる、重い物を持ち上げるなど、おなかに力が加わる(腹圧がかかる)と、尿がもれてしまうのです。寝ている状態やじっとして座っている状態では、尿もれは起きません。【解説】影山慎二(かげやま医院院長)


【酢納豆の健康効果】不眠解消には「玉ねぎ」、頻尿・尿もれ改善には「山芋」を入れるのがお勧め

【酢納豆の健康効果】不眠解消には「玉ねぎ」、頻尿・尿もれ改善には「山芋」を入れるのがお勧め

納豆などの発酵食品は、同じ発酵食品である酢を混ぜることで、うまみが増し、塩分を足さなくても満足感が得られます。また生のタマネギには、睡眠誘発作用があります。1日1回、酢納豆を食べることで、体力と活力が増して免疫力がアップし、病気になりにくい体をつくることができます。【解説】丁宗鐵(百 済診療所院長)


最新の投稿


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)